labor pooling

Please fire me. I worked as a lifeguard at a water park and a mom came up to me and asked me to tell her weeping, hysterical child that there are no jellyfish in the wave pool.

And a man had his infant child 4 feet deep in the wave pool, I whistled at him and told him all guests under 48 inches must have a life jacket on. He yells back, “I’m in the Coast Guard, I am her life jacket!”

anonymous asked:

Do you have any advise on how to come up with a culture's style, in terms of architecture and clothing? I can only think in what real life cultures wear and I don't want to simply copy and paste, but invent.

Mirintala: Start with looking at what’s there and changing aspects of it. Your setting will lead to a lot of the appropriate style. If you’re building underwater in a high pressure area, that will affect how your buildings look and what your characters would wear differently from a desert area.

Constablewrites:  Real life cultures can still help you, but you want to dig past the superficial aesthetic. Yes, “because it looks cool” is a factor in style, but things also become part of the culture for a reason. It’s about the materials they have available, the traits their society prizes and the traits it shames, the function a piece is supposed to serve, their religious beliefs, the particular ways they need to keep nature from killing them, all that sort of thing.

For example, Washington DC contains a lot of Greco-Roman architecture because the founders were trying to emulate that sort of society. The original buildings they were copying were built that way because hey, look at all this marble and granite we have. Same look, different origin, different insight into the people who made it.

Bina: One thing to help get started is to figure out a culture’s “schtick,” for lack of a better word. The culture will have nuances and sub-styles within itself, but to an outsider, what stands out? For a clothes example, the Victorian era’s massive skirts, Japan’s flowing sleeves on their colorful robes, feudal Korea’s aristocratic hats (note that these are all upper-class instances, as they tend to have the money to afford those high-fashion styles despite their impracticality. But they sure are flashy!). 

For architecture, a gothic churches pointy and knobby spires and intricate stained class windows. Greco-roman columns. What stands out to the outsider when they see your culture? Pick something and run with it. (Also note that the memorable things about a culture’s architecture and fashion tend to have very strong silhouettes. You could recognize a Victorian dress or gothic church by its silhouette alone. That’s part of what makes them so memorable!) 

Once you have a centerpiece for the fashion and/or architecture it’ll help you build up around that while you find things that compliment them. An inside-out approach, you could say.

And of course, get a sense of the diversity real life has in terms of fashion and architecture. You can mix and match obscure things for ages and come up with something unique. Pinterest is good for this! Check out this link where most of the world’s nationalities/cultures have their own board (the first 7 boards are more generic but after that it’s specific to nation/culture. Some boards have more content than others): https://www.pinterest.com/misericordemika/

MareeB:  Both architecture and clothing is hugely dependent on climate and culture. Before the last 100 years or so, buildings needed to be functional for staying cool or warm. Take a look at cultures around the world that share similar climates with the part of your world that you’re working on. And don’t just look aesthetically, dig deeper to get an understanding of why buildings and fashion worked the way they did.

Another factor to take into account is the technology the culture has access too. Machine made knit fabrics that we have today allow for all sorts of fashions that were simply not possible before machine knitting was invented. The same goes for other modern inventions like elastic and zippers.

Constablewrites:  Anything with textiles was HUGELY labor intensive before industrialization. Like when you see one of those massive intricate tapestries, you’re looking at literal years of work from many people. (I remember the first time I tried to cross-stitch I thought I could knock out the piece in an afternoon. It took me three months.) So if you’ve got tons of intricate embroidery and beading everywhere, you’re looking at some combination of obscene wealth, a labor pool that can be tasked with needlework, or technology that will facilitate the work.

MareeB:  The same goes for buildings. Most of the impressive architecture of our time is dependent on engineered materials. Starting with steel. Ancient peoples were amazingly skilled and had great technologies, but they were constrained by their time period, so take that into account. Of course if your civilization is futuristic, or divergent then you have a lot more open to you.

the mechanism of production, or: why fast fashion sucks, structurally

I had a conversation with a couple of friends about clothing, and how it’s made, earlier this week, and it wandered into territory I thought y'all might find interesting. So here’s what I had to say, more or less.

Basically: there is a reason the clothes you buy at H&M are so shitty, and it’s not exactly that they’re doing it on purpose. Well, it sort of is. But mostly, it’s because they can’t not be shitty. It’s because the entire production chain, start to finish, has become structured in such a way that it is actually quite difficult to produce quality clothing.

When you buy a piece of clothing at a modern retail store, you are probably buying clothing made with dubiously ethical labor, of fabric sourced to cost as little as possible, made of pieces cut on machines designed to cut as many pieces of fabric as quickly, simply, and efficiently as possible. At every step in the chain, every step that can be cut has been cut. The process of clothing manufacturing is, at this point, breathtakingly streamlined, and it results for the most part in a very specific type of clothing.

If you have any familiarity with vintage clothing, you are probably aware that they are usually of significantly higher quality than most modern clothing. When I say “vintage” I mean, in particular, clothes made before about 1965– before the offshoring of our garment industry began. Most clothes worn in the United States before that time were made domestically, by union labor– that is, skilled workers being paid a living wage. This is relevant.

Also relevant is the fact that clothes used to cost more, as a proportion of a person’s income. The average woman in 1950 had one-quarter a modern woman’s wardrobe, and paid a higher percentage of her income for that wardrobe than a modern woman does. That vintage wardrobe, though smaller, was made to a higher standard– sturdier fabrics, better tailoring, sewn from more complex patterns, adorned with more details and better finishing. That wardrobe routinely featured things like deep-pocketed skirts, matching belts, bound buttonholes, pintucks, piping. These are not things we often see in modern fast fashion.

What happened? Well, it starts with labor. When we lost the domestic garment industry, we lost that pool of skilled labor, and switched to a lower-skilled, lower-paid labor pool. We switched to an emphasis on making as many simple garments as possible, as quickly as possible, rather than fewer, more complex pieces. We chose $5 t-shirts over $250 day dresses.

Which is not to imply that I’m judging people who wear fast fashion. It’s a completely rational economic decision to buy the clothes you can afford, and there are other factors at play here, too.

For instance, the price of fabric was once much lower, and home sewing a much more accessible hobby. Due in part to environmental factors and our changing climate, the price of cotton has risen in recent years– why do you think those whisper-thin cotton knits have been the prevailing trend? Why do you think everyone who can get away with it has switched to synthetics?

This is the point I’m trying to make: at every step in the production chain, from the manufacture of fabric to the design and assembly of the clothes themselves, someone has decided to do the least expensive thing.

Shift dresses require less complex cutting than structured ones– and what, coincidentally, has been the most common shape you see in stores? Miniskirts require less fabric than long skirts– and minis are, coincidentally, in vogue. Sheer fabrics require less raw material to manufacture; machine-assisted beading and studding takes less-skilled labor and less time than other forms of embellishment that call for skill and handwork. Garment workers being paid pennies a piece earn more when they don’t have to add pockets or extra finishing, or sew buttons on too securely.

The cutting machines that stamp out pieces to be assembled into clothing? They’re loaded with as thick a stack of fabric as possible, because the more fabric you cut at once, the more clothes you can make in a day. The thicker the fabric, the fewer pieces you can cut at once; the more pieces you cut, the greater the margin for error, so better make those pieces simple. Clothes that fit close to the body need to be cut and sewn more precisely, unless they’re made of stretchy fabric. Boy, leggings sure are popular these days.

We’re seeing the end result of a garment industry that has cut itself to the bone in pursuit of profit. The clothing currently in stores reflects an industry that has streamlined every process it’s capable of. This has actually influenced trends and driven fashion in a direction that calls for cheap-to-manufacture clothing. It’s a process that is fundamentally unsustainable, because there’s only so much you can cut before you’re left with rags. And it’s built on the backs of a labor pool that has begun to protest its treatment, to demand fair wages and attempt to unionize.

If that happens– and I sincerely hope it does– we may begin to see the price of clothing rise again. With it, if we’re lucky, we may see a rise in quality. When the people who make your clothing are paid a living wage, when they have the ability to develop their skills and be fairly compensated for them, there is a ripple effect through the whole production chain.

We might end up with smaller wardrobes. But perhaps the pieces in them will be worth owning.

So I was looking for work on Craigslist the other day and I stumbled upon this ‘paid survey’ offer from a group called CrowdSource. This actually led me to Amazon’s “Mechanical Turk” project. While currently in beta, it carries itself as the “artificial artificial intelligence” due to the nature of its design.

It’s essentially a crowdsourced labor pool into which anyone can post almost any type of work they need done (provided it’s computer-based) and anyone seeking work can accept any job (provided they meet listed qualifications, if any). The work can be anything: a quick two-question survey, install an app, verify a webpage, Search Engine Optimization, audio transcription, essay proofreading, even legal document review. Each job is called a HIT – Human Intelligence Task. A HIT represents a single, self-contained task that someone can work on, submit, and collect a reward for completing. It can be very repetitive or down-right mindnumbing (ever tried to grind levels in a video game?), but they’re tasks that can’t be fully computer automated…yet. Some tasks can take a few seconds, others can take an hour or more. There’s hundreds of thousands to pick from, though.

Anyway I just thought it was really neat because I had never even heard about this before, let alone from Amazon dot com, but I wanted to share it with my readers because I believe its a prime example of what crowdsourcing can accomplish. I imagine some of you are unemployed or self-employed and would appreciate a little bit of extra money on the side, even a few bucks here or there can add up.

Youtubeコメからのコピペ

日本に2発の原爆投下を行ったアメリカはキリスト教の国。
イエスキリストは、原爆投下にGOサインを出したのでしょうか?
聖母マリアは、日本へ原爆を落とすことにOKしたのでしょうか?
日本全土への無差別爆撃は? ・・・そして、
日本の家屋が木造建築であることを知ったアメリカは、何の目的?で 「焼夷弾」を作って、
日本全土を爆撃したのでしょうか?
日本は戦争について糾弾されますが、アメリカのホロコーストはなぜ糾弾されないのでしょう?
中国の天安門事件や隣国への侵略、他民族へのジェノサイドは?
何処の国も見て見ない振りですね。 欺瞞あふれる戦後の世界秩序とは誰の為にあるの?
当時、欧米の植民地化政策によるアジア侵略に刃向う日本人は害悪なのだ、と。
この彼らの覇権(傲慢なる自己中)は、21世紀の今も何ら変わっていません。
石油メジャーは米国政府をも動かし中東に介入します、いわゆる石油利権です。
彼らは恣意的に他国で紛争を起こさせ、自分達に都合の良い体制を創ろうとするのです。
<今も続く 力の論理>
劣っている国が殺されている時は、それは罪とは みなされるはずがないと。
何故なら、さらに進歩している国が、より良い世界を構築する為の方法だからだ、と。
この、嘘だろうとも思える発想は、「グローバル資本家」が扇動する大国の中で、今も冷酷に
生きているのです。
とてもではないですが、日本人の価値観や倫理観では考え付かないことですので、尚更です。
彼ら(グローバル資本家)の利益打算の触手は、日本も例外ではないのです。
ですが、これはマスコミでは決して表に表わさない現実の彼らの本心です。
原爆投下の総括と、GHQ占領政策は、戦後の日本人にとって密接な関係をもたらします。
━━<戦後の日本人に絶対に知らされない歴史!>━━
ここから先は、学校の先生やマスコミが絶対に話さない、捏造で呪縛されて来た「日本の戦後
史」を話します。
日本国民の最大の悲劇であり危機とは、「嘘の歴史」を学び信じさせられて来たことです。
戦争は誰だって嫌です、悲しい出来事です。 だからこそ 「正しい歴史」を知るべきです。
マスコミ・教育界・アメリカ・中国・韓国が、私達日本人に絶対に知って欲しくないこと、それが
ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム (War Guilt Information Program)です。
平成の今でも続けられている、このGHQ洗脳政策が、この説明の中核にあたる部分です。
(後述)
━━<歴史を学ぶ上での盲点>━━
戦後の常識を持って、あの当時の常識(趨勢)とを同列視して判断するのは間違いです。
70年前の世界常識 と 今の世界常識 は大きく違っているからです。
つまり、現代の物差し!を使って過去の歴史を計るな!ということです。
この盲点を戦後、教育者やマスコミはGHQ占領政策に従って巧みに利用し 日本国民が誤解
するように仕向けて来たのです。
当時は、世界中で白人国家が、植民地政策で富を搾取する為に覇権を進めていた時代です。
当然、その波はアジアにも、そして当時の日本にも、押し寄せて来たのです。
<戦時体制と軍国主義>
そんな当時の世界情勢の中で日本は、自国の防衛と覇権のために戦時態勢!をしていったのです。
肝心なのは、自衛戦争と侵略戦争を、或は、戦時態勢と軍国主義とを、ごちゃ混ぜにしては
いけないことです。
恣意的に ごちゃ混ぜにさせ、戦後の日本国民が ある特定の方向へと誤解する様に扇動して
来たのが、戦後の教育界と、NHK・朝日新聞を筆頭にしたマスコミ業界でした。
なぜ戦後の、しかも日本の教育界やマスコミ業界が、そんなヒドイことをするのか?・・・
それが、ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム (War Guilt Information Program)です。
どうして日本の組織なのに積極的に日本人をミスリードして貶めようとするのか?です。
順を追って説明します。
━━<日本の戦争>━━
日本は本当に侵略戦争をしたのか? ・・・連合国のABCD包囲網とは何か?
<欧米のアジア進出と大東亜共栄圏>
20世紀は、欧米の列強国が植民地を求めアジアに進出(侵略)していった時代です。
欧米の植民地になりたくない日本は、必死で軍備を増強していったのです。
そして日露戦争で勝った日本は世界の一等国になると同時に、今度は、白人至上主義の欧米に
とって、目障りな存在となっていったのです。
もし日本が戦わず 欧米の力に屈し、白人の植民地となっていれば今の日本は存在しません。
もともと日本は侵略する欧米と対等に話し合い、アジアの独立と尊厳をかけて和解したかったのです。
<連合国によるABCD包囲網!>
欧米各国の侵略(植民地政策)に逆らい、アジア圏を守ろうとする日本人を 快く思わない
白人達は、日本を屈服させようと互いに連携し資源を持たない日本に貿易封鎖を始めました。
日本が資源の供給を絶たれた場合、当時の1千2百万の人々が失業することが目に見えて
いますから、それは日本国の壊滅を意味するわけです。
もし、あなたの家の周りを完全に封鎖されたら、あなたの生活はどうなるでしょう?
一人なら戦いを避け餓死の道を選ぶこともあるかも知れませんが、しかしあなたが大勢の
家族を養っていたら、それでも家族全員に戦争反対だからと 餓死を強要するのですか?
アメリカの思惑は、自ら宣戦布告をせず、まず日本側から戦争の口火を切らせることにあり
ました。 当時の大統領ルーズベルトは戦争をしない という名目で大統領になりましたから。
ルーズベルトは白人至上主義者WASPで、執拗なアジア侵略の野心を秘めていました。
当時のルーズベルト大統領は、既に 国家非常事態・臨戦態勢を宣言し、日本との戦争に
やる気満々だったのです。
ハルノートは、日本に先制攻撃をさせたい!という彼らの恣意的な挑発でした。
日本に先制攻撃をさせれば、アメリカ市民も怒り、国民共々に堂々と参戦できるからです。
日本は、屈服し欧米の植民地になるか、或は、打って出るかを迫られた訳です。
植民地になるということは、そこに住む人々が人間としての扱いを受けることなく
「人間の機能を持った便利な使い捨ての道具」とされることです。
植民地の人々に未来や人権などありません、永遠に搾取され使い捨てられることになります。
とうぜん経済大国としての今の日本、今の私達の生活など存在しなかったでしょう。
GHQ最高司令官ダグラス・マッカーサーは、1951年5月3日、アメリカ上院軍事外交合同
委員会の公聴会にて、ヒッケンルーパー上院議員による第二次世界大戦における対日戦略
の質問に答え、こう証言しました。
「You must understand that Japan had an enormous population of nearly 80
million people, crowded into 4 islands.
日本が抱える八千万人に近い膨大な人口は、四つの島に詰め込まれていたということ
をご理解いただく必要があります。
It was about half a farm population. The other half was engaged in industry.
そのおよそ半分は農業人口であり、残りの半分は工業に従事していました。
Potentially the labor pool in Japan, both in quantity and quality, is as good as
anything that I have ever known.
潜在的に、日本における予備労働力は、量的にも質的にも、私が知る限りどこにも
劣らぬ優れたものです。」
There is practically nothing indigenous to Japan except the silkworm.
日本には、蚕を除いては、国産の資源はほとんど何もありません。
They lack cotton, they lack wool, they lack petroleum products, they lack tin,
they lack rubber, they lack a great many other things, all of which was in the
Asiatic basin.
彼らには、綿が無く、羊毛が無く、石油製品が無く、スズが無く、ゴムが無く、その他
にも多くの資源が欠乏しています。それらすべてのものは、アジア海域に存在して
いたのです。
They feared that if those supplies were cut off, there would be 10 to 12 million
people unoccupied in Japan.
これらの供給が断たれた場合には、日本では、一千万人から一千二百万人の失業者
が生まれるという恐怖感がありました。
Their purpose, therefore, in going to war was largely dictated by security.
したがって、彼らが戦争を始めた目的は、主として安全保障上の必要に迫られての
ことだったのです。・・・・・・と。
<戦後日本の歴史教育は洗脳政策だった>
もしあなたが、赤い思想の日教組の先生や、大学のコミンテルン教授が教える歴史を信じ
たいのなら私は強要しません。
嘘の歴史を持ち続け日本人が永久に委縮することを良しとする、日本を自立させたくない
強力な国内の勢力があります。 ・・・それが国内の敗戦利得者と呼ばれる人々です。
<敗戦利得者>
日本が敗戦することで、日本が敗戦国であり続けることで、巨大な利益や立場・利権を得てきた
人々や組織のことです。 彼らはもはや、日本=悪でないと生き延びられないのです。
━━<戦後に仕組まれた虚構のロジック>━━
国家という集団的アイデンティティを日本人から奪い去れば日本は内部から弱体化できます。
それを遂行する為には、日本軍=侵略=残虐非道、という 捏造の歴史!を国民の間に定着
させることが必要不可欠でした。 ・・・戦後これは大成功しました。
「日本人弱体化政策」
ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム (War Guilt Information Program)とは、
大東亜戦争(太平洋戦争)で アメリカは日本人が 我が身を捨ててまで祖国を守る愛国心に
脅威や畏怖の念を抱きました。
アメリカは日本人をこのままにしていたら、またもや彼らが興隆してアメリカに刃向うかも
しれないと危惧したのです。 ・・・それを潰す為には 日本人の精神を徹底的に弱体化させ、
日本を自立させないために、自らの国を守る愛国心を嫌悪させる様に仕向けたのです。
・・・これに利用されたのが「嘘の歴史観」であり、その嘘を吹聴して来た張本人がマスコミ
そして日教組や大学のコミンテルン教授達だったのです。
日本を占領したGHQは早々、このWar Guilt Information Program.に着手しました。
占領軍GHQ民間情報教育局(CIB)の本部が NHK内に設けられ、ニューディーラー(米国民主
党系左翼)が、それまでのNHK幹部を追放して、代わりに共産党員を積極採用しました。
日本軍=侵略=残虐非道 と言う「嘘の歴史」を吹聴し、日本人に贖罪意識(罪悪感)を埋め
込み、精神的に弱体化させ、自立させない様に国民を扇動し続けることでした。
そのために必要なのは、マスコミ業界と教育組織だと考えたのです。
そしてGHQは彼らに、地位や利権を与える代わりに、嘘の歴史を吹聴する様に命じたのです。
<日教組の創設>
ケーディス大佐や占領軍GHQ民間情報教育局(CIB)の役目として、GHQによる共産党員を
主軸に編成した「日教組の創設の事実」など知っていましたか?
教育界も同様、日教組はGHQによって全国組織として誕生し配備されました、赤い思想の人々
によって。 そしてこれも同じく、教員に地位や利権を与える代わりに、嘘の歴史を吹聴する様に
命じたのです。 最高学府である日本全国の大学には、コミンテルン教授を配置しました。
※注)・・・コミンテルンとは、各国の革命運動(共産主義)を支援する人々のことです。
日本が独立した後も、
このGHQ占領体制 (国家規模の洗脳教育)は維持されました。
日本弱体化という点で、GHQの占領政策と 赤い思想の人々の思惑が一致したからです。
━━<大成功>━━
教育界とマスコミ業界、つまり国民の情報源、これにGHQが着眼したのは大成功しました。
教育界では 小学校から大学まで、マスコミでは新聞や書籍の全てで実行されました。
そしてGHQではなく日本人が日本人を洗脳する訳です、まさか国家規模の洗脳政策が日本人
の手で実施されているとは知らず、庶民は無防備に信頼してきました。
本来は国民に信頼されるべき、NHKや朝日新聞は GHQが定めたプレスコードに沿って洗脳政
策を国民に実施して来た筆頭格です。
GHQは、彼らに地位や利権を与え、その代わり捏造の歴史を吹聴する様に命じたのです。
・・・彼らは、この真実を、ひたすら隠します。
恐らく今でも、学校やマスコミを無防備に信頼し、「日本軍=侵略=残虐非道」という歴史観
を植え付けられ、それが長年に固定観念となり、自分の国に価値観を持てず、国を愛すことは、
また侵略戦争をしかねない危険思想であり罪だ、と思ったまま暮らしてきた人は多いはずです。
戦争の真実、連合国やアメリカの思惑を、何も知らない純粋な子供達や一般庶民はGHQ占領
軍による洗脳政策が、国家規模で行われたことを何も知らされず、平成の今も捏造の歴史に
翻弄され、「日本軍=侵略=残虐非道」を信じている人は多いはずです。
━━<今の日本国憲法>━━
当時のGHQ占領軍は、明治憲法を、改正するのではなく解体したかったのです。
日本国民の根本精神を、完膚なきまでに打ち砕きたかったのです。
再び日本人がアメリカに刃向わない様に、国民から国家観を無くし弱体化させるべきだと。
GHQは日本人の手で創られたかの様に偽装する為に、共産主義者を登用したのです。
憲法研究会で憲法草案を提案した鈴木安蔵は共産主義者です。
また、当時の憲法研究会の最長老だった高野岩三郎は、日本共和国憲法私案要綱を発表し、
天皇制(共産主義者の造語)廃止を主張。 日本社会党の顧問でもあり共産主義者です。
また昭和21年のNHKの第5代会長です。
そして、「憲法草案要綱」はコートニー・ホイットニー准将ら、GHQによる憲法案の作成に
大きな影響をあたえ、結果として、このGHQ草案を元に作られた現行日本国憲法は「要綱」
と、少なからぬ点で共通する部分を有するものとなっているのです。
ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム (War Guilt Information Program)
つまり、GHQの思惑の中で、日本弱体化の占領政策に準じる様に、実は共産主義者の
日本人にあえて創案させ、戦後の日本に与えたのです。
━━<悪循環>━━
戦後の日本は、自分で自分の国が守れないアメリカの属国のままで過ごしてきました。
ですから、日本政府も「日本軍=侵略=残虐非道」という捏造を 否定できないのです。
そんな社会の中で、頭の良い子供ほどシッカリと捏造の歴史観をインプットされ社会に
出てゆく訳です。・・・ある者は法曹界へ、ある者は教育界へ、ある者は官僚へ、そして
ある者は国会議員として、ありもしない贖罪を背負い自虐史観の中で、無意識に日本を
委縮させ、日本が自立し逞しく生きることは脅威だ!とまで感じ、拒んでいるのです。
捏造の歴史を信じ、ありもしない亡霊に怯え委縮してきた日本人。
GHQが、教育界とマスコミ業界に着眼した占領政策は大成功しました。
━━<占領体制を永遠に維持したい人々>━━
彼らを敗戦利得者と呼びます。「日本軍=侵略=残虐非道」で利権や地位を得て来た人々。
NHK・朝日新聞を筆頭にした巨大マスコミ、そしてGHQ占領軍により日本全国に配備された
赤い思想の日教組、コミンテルン教授、或は、全国の赤い思想の労働組合から選抜された
国会議員たち。或は、憲法や歴史を専門とした教授らの学会組織のことです。
これら全てには、「労働組合」という隠れ蓑を持って赤い思想の闘争を全国展開します。
なぜ彼らが素直に自分達の間違い(嘘)を改めようとしないのか?
もし改めれば、今ある自分達が戦後築いて来た地位や利権を全て失うことになるからです。
もう一つの理由は、彼らの多くが日本弱体化を願う「赤い思想」を持っているからです。
今や、日弁連という組織まで極左集団と化してしまいました。
これらも、そもそもはGHQが全国の大学にコミンテルン教授を配備したのが起因しています。
憲法学者や歴史学者が、これまで自分が述べて来たのが嘘の歴史だったとなれば名誉失墜、
死活問題ですから絶対に今までの主張「日本軍=侵略=残虐非道」を譲ることはありません。
こうして、日本人が日本を呪縛して来たのが戦後の占領体制です。
━━<戦後69年間の精神的な罠>━━
みなさんは 「ゆでガエル」 のお話をご存知でしょうか。
ビジネスに携わる多くの方は既に ご存知かもしれません。簡単に説明すると、
カエルを熱湯に入れようとすると当然 ビックリしてすぐに飛び出します。
しかし、これが水の中にカエルを入れてその状態から沸かしていくと、カエルは温度の
変化に気づかず、やがて気がついた時には そのお湯から抜け出す体力はもう失せていて、
やがては茹であがって死んでしまう、というのです。
この現象にひっかけて、ぬるま湯の中に浸っていると、いつの間にか気付かない内に
致命的な状態に陥ってしまう、という比喩的な話です。
つまり、戦後69年間の日本人が そうではないだろうか?ということです。
戦後の日本は、アメリカの顔色を伺いながら、事なかれ主義で「真実の歴史」を公開する
ことを避けて怠って来ました。・・・そのツケが今来ているのです。
嘘の歴史による日本人の委縮。・・・根拠のない史実をいつの間にか信じさせられたこと。
69年間、吹聴されて来た嘘の歴史観により、国民が自ら自分の首を真綿で占める様に進行
して来たのが戦後レジーム(GHQ占領体制)なのです。
━━<教育とマスコミによって>━━
戦後の69年間、日本人は嘘の歴史をコモンセンスにされ「 ゆでガエル」にされてきました。
テレビ・映画 報道の場合。
現代では、どの様にでもビデオを編集して、意のままに作り変えることが技術的に可能です。
番組の編成権はテレビ局にあります。 報道の自由も保障されています。
もし情報が、公平・公正・真実でない場合、彼らはある意味で、大変危険な存在なのです。
日本が占領されて以来、独立しても尚、日本のマスコミ(メディア業界)は共産主義者の
巣窟になったままです。
であるが故に、これまで様々な事実が 恣意的に歪曲されて伝えられてきました。
ここに潜む根底の問題は、近現代史の真実を有耶無耶にしたまま、平然と嘘の歴史!を
学校教育で教えてきましたから、お人好しの日本人は自虐史観と共に多くの日本人が
謂れなき贖罪を背負い「自分が悪かったからだ」と、という虚構のロジックを信じ込んで
しまったことに起因します。
いつまでも、ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム (War Guilt Information Program)
に呪縛され続ける戦後の日本人。
「日本軍=侵略=残虐非道」、この占領体制が 今も継続されているのを知らない日本国民。
日教組・高教組、大学のコミンテルン教授、それにもまして日本政府の不作為や、日教組に
牛耳られて来た文科省の罪(嘘の歴史教科書の罪)は極めて重いのです。
ですから、良識ある大人になっても、あの占領軍憲法ですら何ら違和感を持てないのです。
ですから、嘘の歴史を平気で持ち続け自ら贖罪を背負い委縮し続けて平気なのです。
ゆでガエルだから、自ら熱湯の中で茹で上がっていることに気付けないのです。
それを助長しているのがマスコミに登場する曲学阿世の輩なのです。
━━<報道の自由とマスコミの手口>━━
<イメージ戦略は彼らの常套手段>
国民に疑心暗鬼を持たせる様な情報だけを わざと与えたり、誤解を招く様な言い回しの
報道をして、自分達の思惑通り国民に誤った判断(ミスリード)させて来ました。
或は、自分達と同じ思想を持つ外部の人間をスタジオに呼んで、自分達の代わりに彼らに
目障りな人々をバッシングさせます。 例えば元全共闘の芸人、御用学者や極左元議員、
赤い思想の有識者などを毎回登場させるわけです。 こうすれば彼らが気に食わない特定の
政党や個人を、局自らが放送法に抵触することなく自由に酷評できるわけです。
アンケートでは自分達の都合の良い話をする人だけをピックアップし放送するわけです。
日本国民を騙し、ある特定の方向へと世論誘導する為に あらゆることをやっています。
これが、彼らの言うところの「報道の自由」です。
更に、マスコミ各社には、中国・韓国の工作員が入り込んでいますから大問題なのです。
現代の人々は今や、「メディアリテラシー」を持つことが必須の課題となっています。
有権者である国民が目覚めなければ 選ばれる政治家も目覚めないままです。
その、国民が目覚め、日本が豊かに繁栄することを 阻止して来たのが、赤い思想の労組に
中枢を牛耳られたマスコミなのです。
国民が 真実の歴史を知らないまま、或は、日本政府がアメリカの圧力で歴史の真実を追求でき
ないことで、日本のメディア(マスコミ)は、彼らの独壇場となり、反日的な論調が成り立ってきました。
まさに日本を弱体化させるGHQ占領体制が、今も執拗に続いているのです。
━━<戦後の日本は、ずっとアメリカの属国だった>━━
もし日本が「真実の正しい歴史」を公表すれば、アメリカ政府がこれを許さないことは分かって
いますから、これまで殆ど属国に近い戦後を歩んで来た日本は 日米関係に波風を立てない
為に、嘘の歴史に見て見ない振りをしてきたのです。
韓国人や中国人が、嘘の歴史を堂々と言って日本を罵倒し恐喝できるのは この為です。
真実の正しい歴史を日本が暴くことは、あの極東国際軍事裁判の虚構までを暴き否定して
しまう結果に直結しますから、それをアメリカが黙っている訳がありません。
それは、GHQ占領軍が占領統治下でやった犯罪ともいえる戦時国際法に違反した報復裁判
だったからです。 その為にも 嘘の歴史は必要不可欠だったのです。
裁判とは名ばかりの報復裁判の真相が暴露されれば、今度はアメリカ軍の行った原子爆弾の
投下や日本全国への大規模な無差別爆撃というホロコーストまで明るみに出ることになります。
これ(真実の歴史)を日本が検証し開示することをアメリカが許すわけもありません。
こうして属国の様にして来た日本は 69年間 見て見ない振りをしてきたのです。
━━<自分の国を守れない独立主権国家とは?>━━
残念ながら今の日本は自分で自分の国すら守れないアメリカに守ってもらう属国の立場です。
では、もっと「現実的な話」をしましょう。
日本はアメリカ製の戦闘機やイージス艦やミサイル防衛システムを買って使っています。
これらの中には全てブラックボックスが仕込んであるのです。
もし日本がアメリカの御機嫌を損ねれば、即座に使い物にならなくなるのです。
お分かりですか? これを中国共産党は知っています日本はスパイ天国ですから。
日本政府はアメリカの意志に逆らえず何も言えないのです。・・・日本は属国なのです。
日本が防衛力を強化すれば侵略戦争を起こす国なのだそうです、捏造の歴史によれば。
━━<日本は敗戦国であり続けるべきか?>━━
GHQ占領政策による「日本軍=侵略=残虐非道」は、日本人の持っていた愛国心を
打ち砕き、自立した国家を弱体化させる占領政策でした。
この弱体化政策を、日本が独立して後も受け継いできたのが「赤い思想の人々」です。
GHQ占領軍による 日本弱体化政策は、赤い思想の人々にとっても好都合だったのです。
こうして彼らは労働組合を媒体として、戦後の 教育界やマスコミ、各種企業に侵入したのです。
また、「日本軍=侵略=残虐非道」という嘘の歴史で戦後、地位や名誉や恩恵に与って
来た人々や組織が沢山あります。 彼らにとってGHQ占領体制は保身のために維持
したいのです。・・・これらを総称して、戦後レジーム(GHQ占領体制)と呼びます。
何も知らない日本国民は、戦後ずっと彼らの虚言に引きずられてきました。
しかしその辿り着く先は、日本の崩壊(無国籍な打算社会)への確立でしかありません。
日本国民は、真実の歴史を知り、自らの誇りと名誉を取り戻すべきなのです。
━━<東京裁判と戦後レジーム>━━
戦争による勝者が、敗者を糾弾し断罪するために事後法(法の不遡及)まで犯し裁いた
裁判が、極東軍事裁判(東京裁判)でした。当然のことですが戦時国際法にも違反して
いた、戦勝国の為だけの裁判だったのです。
<勉強できる者ほど汚染される>
これを、戦後教育では、正しい裁判だったと認め学校教育で普及させ、そこで優秀な成績を
収めた生徒達が、外務省や文科省の官僚や重要なポストに就き、或は、日弁連などの
法曹界に就き、或は、歴史学会や憲法学会の教授として君臨してゆく訳です。
日本の戦後レジームの影は、根が深いです。
東京裁判を69年間 肯定し続けた日本はアメリカの属国として戦後復興を成し遂げて
きました。
この69年間、日本人に浸み込んだ属国根性を覆すには、戦後69年間の日本の歩みを
根底から見つめ直さなくてはならなくなるでしょう。
そうしなければ、戦後日本は何時まで経っても自立できず属国として最後には自らの国を
失うことになるのです。・・・無自覚な中、ゆでガエルの国民となって。
━━<日本国民の自覚だけが日本を救える!>━━
捏造の歴史を信頼し、事なかれ主義外交を続けて来た結果、日本は良くなりましたか?
これまで散々、国益や日本人の名誉を失って来た 事なかれ主義を、まだ続けたいですか?
戦後の日本がアメリカの属国であることを知らない人があまりにも多い様です。
戦後の日本は形式上の独立国に過ぎません。
そして、アメリカにとっての日本は、自分達の駒のひとつ!に過ぎないのです。
アメリカの顔色を伺いながら生きなければいけない日本であることに納得できない国民が多い
わけです。
日本を取り戻す!と言っても、今の日本はまだ占領下にあると言っても過言ではありません。
今の情けない日本の真実の姿に国民が気付かなければ、本当に心底から日本が立ち上がり
自立することは不可能だと感じます。
この厳しい現実を、全く理解できていない日本人が圧倒的です。
北朝鮮のチュチェ思想を礼賛し労働者革命闘争を求める日教組や高教組の先生、或は、
コミンテルンに薫陶を受けた各大学のコミンテルンの末裔の教授たちの話を絶対に信じ
たいのでしたら それでも私は一向に構いません、あなたの自由です。
━━<無知は必ず悪しき人々に扇動される!>━━
教育界やマスコミが情報封殺すれば戦後69年経っても日本国民が、真実を知ることは
できまでん。
もちろん「日本軍=侵略=残虐非道」を正当化して来た 歴史学者や憲法学者たちが
「あれは嘘でした」として論文を破棄し、自分の地位や名誉を捨てる訳がありません。
彼らは、自分の生活や人生を守るために、これまでの嘘の歴史を絶対に固持します。
その内に戦後の日本人は、自虐し続け委縮し続けることが当然となってきたのです。
正に、ゆでガエル そのものです。
国民が目覚めなければ政治家も目覚めません。
本来の歴史とは、真実こそが全てだったはず。
建設は永遠 破壊は一瞬、という言葉をご存知ですか?
個人の幸せも 国家全体の幸せも、築き続けて行くことで それが保障されるのです。
私達が間違った情報を信じ、それに左右されれば、たちまち未来を失います。
━━<親も知らないグロテスクな反日教育がこっそりと>━━
「日の丸の赤は血の色、白い部分は骨の色!」と教える 日教組の先生を、あなたはまだ
信じますか? 中国人や韓国人の言う日本の歴史を、あなたは信じたいのですか?
彼らの目的が何であるのかに気付くことです。
今の日本の国が、今を生きる日本人が、未来を託すべき子供達が、とても危うい、
内憂外患の中で進行していることを、私達がまずシッカリと認識するべきです。
━━<民主主義の欠陥>━━
民主主義には大きな欠陥があります。
「国民が常に真実を知り、自分達の国の為にシッカリとした政治意識や意見を持つ(だろう)」
ことを前提としたシステムだからです。
この前提条件を狂わせてきたのが、戦後の教育界とマスコミなのです。
民主主義とは、主権在民のことです。
その主権とは、国家の意思を国民が決定する権利のことです。
これが戦後では 糸の切れた凧の様に 風任せのまま浮遊してきました。
国民の中に、日本という基軸を失って(捨てさせられて)来たからです。
誤った歴史観!を抱けば、それにより誤った考えを抱き、誤った判断を下してしまいます。
<化石>
「日本軍=侵略=残虐非道」だから、日本人は過去の歴史を深く反省し、常に萎縮し、隣国から何を要求されても
快く譲歩しなさい。 真実の歴史など どうでも良い、それこそが友好であり平和の礎になるのだと。
これは、今や時代に取り残された 「化石」の思考です。 しかも日本人を 捏造で呪縛して来た 醜い化石!です。
・・・これが69年間続いて来た日本の戦後体制であり、戦後レジームであり、GHQ占領体制なのです。
その体制を日本が独立した後も受け継ぎ、自発的に扇動して来た組織が、NHKや朝日新聞を筆頭にした
日本のマスコミ業界であり、またGHQにより創設された日教組・高教組、そして、GHQにより全国の大学に配備
されたコミンテルン教授達を筆頭にした戦後の教育界なのです。
<ポイント>
戦後レジーム(GHQ占領体制)から脱するキーポイントは、まず 「正しい歴史観」への認識から始まります。
真実の歴史を明らかにし、本来の日本人の名誉や誇りを取り戻すのに、最も大切なのは、
「真実を知る主権者である国民の力」です!
今も占領体制を受け継ぐ 大手マスコミや教育界から、あなたが受け身の形で真実の情報を得る事は無理です。
残念ながら今はまだ、自分で能動的に知る!以外にはありません。 無知でいることは巡り巡って自分に被害を与えます。
インターネットでさえも在日や工作員が入り混じり発信する玉石混交の世界ですから注意は必要です。
今の日本はまだ日本を取り戻す過渡期です、逆にその過渡期であるが故に、今、真実の歴史を知った人は先駆者です。
<日本人が日本を取り戻す>
一人一人の日本を愛する国民の意思!が広がり社会に根付いてこそ、日本は日本を取り戻せるのです。
捏造の歴史を信じ、日本を愛せず 逆に日本を貶めたり罵倒して悦に入る様な、何処の馬の骨ともわからない無国籍人と
なってはいけません。 日本国民の自由や人権、生命や財産、そして家族を守ってくれるのは我々の日本国しかないのです。
国民(有権者)が亡国であれば、国会議員や地方議員は必ず売国奴になります。
外国の顔色を伺いながら自分の国の行方を決める様な国としてではなく、これまで築いて来た誇りある日本の国、
道義にあふれる日本を取り戻し、世界をリードし称賛される独立国家の国民となって胸を張り生きてゆくべきです。

Advice on Getting into Animation by Dan Krall

I had some trouble with my webmail account and lost a recent message from someone who emailed me asking for advice on working in the animation industry. Whoever it was, I’m sorry I didn’t reply, I try to always reply to people who email me to try to repay some of the help and kindness I got when I was starting out. As I get that question a lot, for that person, and anyone else who has the same question, I thought I’d type up the same answer I always give.


Advice on getting into the Animation Industry:

When I was young and starting out someone once told me, “You’re not going to believe me, it sounds too easy to be true, but I swear to God this will work. Do good work and be nice to people. That’s it.”

I didn’t believe them, I still remember the constant feeling of frustration and hopelessness as I couch surfed and worked minimum wage jobs and stayed up all night every night drawing trying to make a portfolio that would get me a job. I remember not understanding why no one would hire me and feeling like the cards were stacked against me, and that i deserved a job but for some strange inexplicable reason was not getting one. Then eventually after years of going through that cycle I finally got a job.
In hind sight 20 some odd years later I have to agree with them and have to pass on the same advice. It is that easy. Well… “easy” might not be exactly the right word, it is a little deceptive, the “do good work part” is easier said than done.

It didn’t take but for a year or so of having worked for me to look back at my own work and see that it was no mystery why i did not get hired before I did. The answer was I was not doing part A of the formula which is “do good work”.  I thought I was, but I wasn’t. I’ve found that most of the time, myself included, when you’re young and starting out you can’t see your own work the way it is, you’re too easy on yourself and you haven’t started looking at your work with the critical eye that is necessary at the professional level. You’ve had a lifetime of being the best in your family, or the best in your class or even the best in your college, but then you get into the gigantic pool that is the whole wide world and you’re now in the same labor pool as people who are famous and who you studied in college plus thousands of people you’ve never heard of who are better than you will ever be. It’s a big world with shitloads of breathtakingly talented people in it, and they’re all available for the same jobs that you'e applying for. That’s how they make a living too. So the first thing you need to do is put your work next to the very best working in the industry and see how it stacks up. You don’t need to be better than those people, you never will be, unless you’re one of them but you would’t be reading this if you were. I wasn’t. If you’re one of those people you’re like a drawing Mozart and you figured shit out when you were a teenager and are now well beyond where I’ll ever be. I’m writing this for more normal people. You just need to be in the same ball park, like there can’t be any shitty hands in your drawings or weird broken construction, your drawings have to work and function and not look like student work, if you haven’t achieved that level of craft you will never get hired in the animation industry, there are just too many people who have the knack for it or have put in the work required or whatever, but that is the bare minimum requirement. I’ve found that, again myself included, people are always looking for shortcuts to get around the bare minimum requirement. “If i had an expensive portfolio to put my drawings in” or  "a better looking business card", or “if I connect with enough people on LinkedIn” i’ll get hired. Whatever it is, anything to avoid the 10,000 hours of drawing it takes to do the work required. There is no shortcut. So that’s what you need to do to get hired in the animation industry, do good work.

One side note to “doing good work” is, if at all possible be unique and interesting. Even if you achieve the level of drawing you need to do the work, it can sometimes be easy to get lost in the absolute ocean of amazingly talented, devoted people who have also achieved it. In that case it can really help to be unique, I think the reason I’ve stayed employed all these years and keep getting hired is that I bring to project something that no one else can, my own sense of humor and my take on the world. I think sometimes the animation world can become a little self referential and incestuous, where people only draw from things that are already in the realm of animation. Old Disney movies, Anime ripoffs, etc. It pretty much always seems to me that animation projects are desperately in need of outside influences to make them interesting, so travel around, read weird books, embrace whatever strange things you find interesting and try to use them to inspire your animation work. When I started out, not knowing this probably added years on my path to doing good work. I spent a long time in the beginning drawing what i thought other people wanted to see and what i thought would get me hired, sexy girls, motorcycles, cute characters, none of which i gave a shit about but it was just stuff i had seen people draw and what i thought was expected of someone working in animation. I spent years doing this and all of it was bad, it wasn’t until i started drawing things i felt passionate about (filthy gnomes, medieval beasts, funny things i saw in the world) that I started really doing what i considered to be ok work.

To stay hired you just need to be nice to people, that doesn’t really require any explanation. Just treat people the way you want to be treated. The one situation I’ve seen nice people become un-nice is when they’re in charge for the first time, they get their first show or their first movie or whatever and they think that “i’ve finally made it, this is my big chance” and they take everything way too seriously and start riding the people around them because they think those people are fucking up there chance. Or they’re just not used to the pressure of multitasking a thousand things at once and they get flustered and take it out on the people around them. If you find yourself in that situation watch out for those pitfalls. There is no “big chance” if you’re going to become rich and famous in this industry, as some people do, it will happen whether you are nice or mean, it will happen based on your ideas and your take on the world and your devotion, not on your ability to crack the whip. And it won’t happen at once based on your first show or movie or whatever, it will happen slowly over the course of your career, so just settle down and be nice to people. everyone around you wants to do their work well and make their bosses happy and they’re more able to do that if they’re treated nicely and appreciated. I think of animation like a jazz band where you go around the circle and every gets a moment to solo. Sometimes you are the boss and it’s your turn to solo, and other times it’s someones else’s turn and your job is to back them up.

So that’s it “Do good work and be nice to people.”

One more piece of advice I might add to that would be that after you’re work is where it needs to be, join the community. Start a blog, or Instagram or Pinterest or whatever the kids are doing these days, put art in the group shows, go to the openings, meet people. It’s a small community of people who do this and if your work is good it will be recognized and you will find yourself working faster than you can believe possible, and if you don’t your work probably isn’t there yet, keep at it and don’t get discouraged, just try to be honest with yourself about your work and figure out why it’s not there yet, what’s holding you back and jump in and fix it. It’s hard, hard work, but it’s worth it.

wired.com
The Laborers Who Keep Dick Pics and Beheadings Out of Your Facebook Feed | WIRED

Inside the soul-crushing world of content moderation, where low-wage laborers soak up the worst of humanity, and keep it off your Facebook feed.

Various too-long-for-Twitter thoughts on that amazing content moderation piece.

1. Knowing that this pool of labor exists, we now know that what is policed on these networks is a matter of values rather than capability. Dick picks and gore are right out, but death and rape threats against women? Go about your business.

2. Which is not to minimize the labor/exploitation issues, of course. I honestly thought a lot of this was handled algorithmically, so it was very interesting to learn about how it actually works. It’s yet more of the outsourcing of nasty human externalities by the “clean” tech industries.

3. This is some spooky next-level shit in terms of networks, globalization, colonialism, cultural imperialism, etc. We’re now consciously and systematically abstracting our collective depravity, suffering, and cruelty into the network and outsourcing the emotional labor of dealing with it to the people of the Global South. Whoa. It’s pretty much the same as the physical global economy, but way more bizarre and postmodern.  

4. Surely there is something akin to this already in the pomo literature? A networked human depravity / suffering economy? It feels like the atmospherics of this at least are in DFW, DeLillo, and Pynchon, but I can’t think of specifics besides “The Suffering Channel.” And of course it’s there in embryo in Kafka, like most of the more macabre parts of the post/modern condition.  

5. Dostoevsky would have been absolutely obsessed with this. This is a mass machine for reproducing and confronting the Problem of Evil. It’s like the horse scene from Crime and Punishment multiplied millions of times over. I wonder what he would have made of it all?

6. If I’m picking out time capsule pieces to capture What Life was Like in 2014, this goes near the top of the list. That doesn’t speak very well of life in 2014, but well, here we are.

People who argue that equality means “equality of opportunity” and not “equality of results” are using some of the most diluted logic. These are the same people who argue AGAINST equality of opportunity by opposing universal education, healthcare, resource access, etc., never mind their opposition to a socialist economy that would actually guarantee equality of opportunity. We don’t have equality of opportunity by any stretch; a person born in a ghetto or impoverished rural area does not have the same opportunity to achieve comfort and self-actualization that a person born in a Connecticut suburb or gated community does. Reactionary reasoning is bullshit ideology designed to reinforce the status quo by any means necessary. Dude, socialists aren’t even in favor of precise equality of result; we’re in favor of democratic ownership over the means of production and typically in favor of a system where greater labor contributions to the pool generate greater rewards, with a livable floor for all regardless. Capitalism is the one that rewards ownership rather than labor, and under this system you could never achieve equality of opportunity, never mind anywhere in the ballpark of equality of results. 

If you think that’s what equality means, I implore you to do more investigating and to ditch this delusional notion that our system could ever achieve anything akin to genuine freedom and equality for all.

marx’s view of the labor market under capitalism primarily reflects his belief in the labor theory of value. therefore, the wage paid to workers is equivalent to the cost necessary to produce those workers. an unskilled laborer is paid enough to provide the most basic human needs (housing, food, clothing, etc) and no more, but also no less. this doesn’t mean that basic laborers are well-fed, but merely fed well enough to sustain themselves laboring, otherwise there would be no way for the unskilled labor pool to sustain itself and continue to provide labor. in essence, labor is no different from machinery, which capitalists also pay to produce (cost of parts, labor to put together, labor to maintain).

there are temporary variations around the fundamental price of labor which reflect either excessive or lacking supply or demand for labor, but ultimately an equilibrium is established where labor is paid what it costs to produce labor. occasionally there are also times when the cost to produce labor changes but wages are static, as in the case of famines (increasing food prices), but ultimately the market for wages and for inputs to the creation and sustenance of labor (food prices, here) reach an equilibrium. this also explains, according to marx, why skilled laborers are paid more than unskilled laborers. a doctor is well paid because her higher wages reflect the cost to produce the doctor (schooling, training, opportunity costs of not working as unskilled labor during this time).

this is all essentially dancing around the point i want to make, which is that i was thinking about the protests around raising the minimum wage for fast food, retail, and other workers. the fact is that these workers are not paid enough to sustain themselves, and thus are often enrolled in various forms of government assistance, like food stamps or medicare. they are currently paid less than what marx assumed they would need to be paid under capitalism. this is marx here, not the world’s biggest fan of capitalism’s treatment of workers, the man who argued “Workers of the world, unite! You have nothing to lose but your chains!”

In essence, these workers have even less to lose than their chains.

The problem with capitalism and the system of wage slavery is that it’s brainwashed people so fully, so totally, that very few when presented with an alternative system can even comprehend what that economical model would be. So blinded are they by the expectation of systemic abuse at the hands of those the bourgeoisie that any attempts to provide counter-example are met with blank stares and the inevitable question “But who will flip burgers, who will push brooms or collect trash?”

The answer is fairly simple, but it forces people to stop seeing that work as inherently degrading, as inherently abusive, as inherently of little worth or even necessarily needing to exist in the first place.

The thing about labor is that, at the end of the day, it will equalize with demand when not being manipulated negatively by employers. In a system with a universal basic income, there will surely still exist janitors and fast food employees and garbage collectors but they will be treated better by employers who know that their employees can afford to lose that job and still be able to survive. There will be better payment in those jobs to serve as incentives for people to work there, better benefits and less attempts at screwing over employees in little ways (like 39 hour a week schedules).

That isn’t to say, however, that all markets and labor pools will react the same way. Some will shutter up out of the inflexibility or incompetence of the employers, some will be become automated and serviced by a smaller pool of better-paid technicians (which right now I’m extremely opposed to but in an economic system where a universal basic income for everyone is guaranteed then I fully support it).

At the end of the day, there is an alternative. It’s a shame so many people refuse to see it.