jparc

2009年11月26日
スーパーカミオカンデ実験代表者 鈴木洋一郎


行政刷新会議、事業仕分け作業ワーキンググループが、「スーパーカミオカンデによるニュートリノ研究」を
含む経費を予算縮減と評定

11月25日に、行政刷新会議事業仕分け作業が「国立大学運営費交付金(2)特別教育研究経費」に対して
行われ、評定が出されました。
「廃止6名、縮減6名、要求どおり2名」との結果を受け、仕分け作業グループの見解として「予算の縮減」ということ
が示されました。

この「特別教育研究経費」の中には、我々が、神岡の地下において推進している「スーパーカミオカンデ」や、
国立天文台の「すばる望遠鏡」、高エネルギー加速器研究機構の「JPARC」「B―factory」など、日本を代表する
基礎科学研究が含まれています。

しかし、研究の意義などは一切議論がなされぬまま、予算全体を一括して縮減しなさい、ということになりました。

スーパーカミオカンデは、ニュートリノ振動の発見により、世界で初めてニュートリノに質量があることを示し、
新たな素粒子標準理論構築への突破口を与えています。
予算の縮減により、観測が短期間でも止まるようなことになれば、10年から20年に一度しかない超新星からの
ニュートリノの検出を逃してしまう可能性もあります。


以下悲痛な叫び
http://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/whatsnew/new-20091127.html


蓮舫と民主党は世界に対して土下座して謝罪するべき