ice show 2013

3

Translation Of Yuzuru Hanyu’s Wikipedia (Japanese Version)

宮城県仙台市泉区出身。仙台市立七北田小学校、仙台市立七北田中学校、東北高等学校を経て、早稲田大学人間科学部人間情報科学科(eスクール)在学中。血液型はB型。名前は「弓の弦を結ぶように凛とした生き方をして欲しい」と父が命名した。好きなアーティストとしてポルノグラフィティ、Hi-Fi CAMP(羽生の地元である仙台出身)、BUMP OF CHICKEN、The Sketchbookなどを挙げている。音楽をどこででも聴けるようにイヤホンに凝っていて、収集をしている。プロ野球は、幼少期から広島東洋カープのファンで、憧れの選手は前田健太である。

尊敬する選手はエフゲニー・プルシェンコ、ジョニー・ウィアー、荒川静香。 荒川静香については、同じアイスリンク仙台で育ち、東北高、早稲田大でも先輩・後輩の間柄である。また、荒川が得意としたレイバックイナバウアーを自身の演技に取り入れている。 プルシェンコについては自著『蒼い炎』でも綴られており、7歳の時にテレビで見た2002年(平成14年)のソルトレイクシティ五輪での彼の演技を見て以来、マッシュルームカットの髪型も真似するほど心酔し、映像を何度も見ながら新しい技を覚え、ビールマンスピンを取り入れているのも、プルシェンコのビールマンスピンを見て憧れているからだという。一時期、体調の関係でビールマンスピンを封印していたものの、今は再び演技に取り入れているが、コーチには体の負担が大きいのでもうやらない方がいいと言われている。一方のプルシェンコは、2012年のインタビューで、日本のライバル・羽生について記者から質問された際、「非常に素晴らしいスケーターで、アーティストであり、ジャンプがいい。彼を見ていると昔の自分を思い出す。まだ17歳と若いが、私が見る限り、彼がナンバーワンだ。」と述べた。また他にも、2009年のアイスショーや2013年のインタビューでも羽生を高く評価する発言を残している。 ソチオリンピックのインタビューでは、「私は彼のヒーローだったかもしれないが、今は彼が私のヒーローになっている」と語り、羽生のフリー演技終了後には、自身のTwitter上で、「私のアイドルだ。よく頑張った。彼は天才だ」と羽生を絶賛した

-ウィキペディアより

From Izumi-ku, Sendai, Miyagi Prefecture. After attending Sendai Municipal Nanakita Elementary School, Sendai Municipal Nanakita Junior High School, Tohoku High School, he now attends to Waseda and studies Human Informatics and Cognitive Science (E school). His blood type is B. He was named by his father, and his name means a bowstring which is pulled tight, symbolizing confidence, strength and straightness, wanting him to live a simple life, but be dignified, powerful and graceful. His favorite artists are Porno Graffiti, Hi-Fi Camp (A band from his home city Sendai), BUMP OF CHICKEN, The Sketchbook, etc. He always has earphones around so he could listen to music anytime, and collects them. He is a fan of the baseball team Hiroshima Toyo Carp, and his favorite player is Kenta Maeda. 

The figure skaters he respect are Evgeni Plushenko, Johnny Weir, and Shizuka Arakawa. Shizuka Arakawa and him have raised up at the same rink, Tohoku High School, Waseda University, and have a relationship as Senpai - Kouhai (Senior - Junior). He also has put lay-back Ina Bauer in his program, which Arakawa was good at. He has written about Plushenko in his autobiography “Blue Flames”. After seeing him perform at the Salt Lake City Olympics in 2002 when he was 7, he was so amazed he imitated Plushenko’s mushroom cut hair. He’s seen his video many times and learned new tricks, and the reason why he started to do the Biellmann spin was because Plushenko had did it. For a time, he had to stop doing it for his health, but he now is doing it again, though his coach says that it would be a burden to his body and he shouldn’t do it anymore. In 2012, when Plushenko was asked about a rival in Japan, Yuzuru Hanyu, he answered “He’s a very good skater, and an artist, and has great jumps. He reminds me of when I was young. He’s still 17, but I think he’s number one.” At the interviews in 2009 at an ice show and a 2013 interview he has remarked well about him. At an interview at the Sochi Olympics, he has said “I could have been a hero of him, but he’s my hero now.”. After Yuzuru’s free program, he has tweeted “You’re my idol. You did well. He’s a genius” and praised Yuzuru.

-From Wikipedia