host2

instagram
facebook.com
ホスト紹介・求人情報|ほすほす
全国のホスト情報、ホスト求人情報を見るなら『ほすほす』☆有名モデル・人気ホスト・イベント・動画・お得な割引情報等のホスト情報が満載♪

For those of you that asked, here’s the link to the official Host2 Facebook page! It’s in Japanese.

SSHでのscpコマンドの使い方 SSH経由でscpコマンドを実行するには、ログインしてscpを実行する方法と、SSHの鍵にパスワードをかけないで自動的にログインしてscpを実行する方法があります。前者は作業者が手動で行う時、またはセキュリティー上そうしなければならない時に行います。後者はscpでファイルを転送するホストがLAN内にあるとかセキュリティー上パスワードを設定しなくてもいい場合にcronなどで自動的にバックアップを行う時などに便利です。いろいろ使いどころはあるのでいずれにしろ両方覚えておいた方がいいです。 前者はscpのコピー元からコピー先のホストにSSHでログインできる必要があります。公開鍵の設定などを事前に済ませておかなくてはなりません。SSHの接続の準備をしておきます。後者は同様に鍵の設定をしますが、鍵生成の際にパスワードを空にして鍵を作りします。それらを設定してからcronに所定のコマンドを登録します。

基本的な使い方

専ら普通に使うのでしたら、以下の形式で大丈夫です。
$scp -P [port番号] [転送元のファイル] [転送先サーバーのユーザー名]@[転送先のIPアドレスまたはドメイン]:[転送先のディレクトリ]
$scp -P xxxx test_file.txt user@192.168.xx.xxx:/home/user/
test_file.txt 100% 2217 2.2KB/s 00:00
これで手元にあるカレントディレクトリにあるtest_file.txtをリモート先のマシン(sshサーバー)のユーザーuserの/home/user/ディレクトリにファイルを転送できます。ログイン不要だし結構楽ちんでいいです。ファイル名もそのままになります。しかし実際の作業はsshでログインして複数の端末を立ち上げてあれこれするというのが本当のところです。またcronなどでの自動転送などに便利です。 オプション-Pを省略するとポート22を自動的に選択します。 SSHの各オプションは以下のように入れます。-iで秘密鍵を指定する時はこんな感じです。 scp -p 222 -i /local_user/.ssh/id_rsa /tmp/backup.tar.gz remote_user@example.com:/tmp

応用編

使い方が山ほどあるのですべてを書くのは割愛。大事なところだけ抜粋してます。殆どがオプションの使い方です。
scp [-1246BCpqrv] [-c cipher] [-F ssh_config] [-i identity_file] [-l limit] [-o ssh_option] [-P port] [-S program] v [[user@]host1:]file1 ... [[user@]host2:]file2

結局scpで最もよく使うオプションは-pです。パーミッションとタイムスタンプの維持をすることができます。scpはいろんなオプションが絡まるからなかなか変な構文になってまして、実際に使うときはこんな感じになります。各オプションに引数があるのでこんなヘンテコな感じになるわけです。 scp -p -P 22 -i /local_user/.ssh/id_rsa /tmp/backup.tar.gz remote_user@example.com:/tmp ディレクトリごと転送する場合は、-rをつけてこんな感じです。 scp -pr -P 22 -i /local_user/.ssh/id_rsa /tmp/* remote_user@example.com:/tmp と言ってもやっぱりもうrsyncでいいんじゃないかと最終的に思います。時々rsync使えないサーバーありますよね。 http://www.omnioo.com/record/