ffwd

2011.10.16 Sun. 君津方面ライド

先週末の休みを利用して、日曜日に千葉方面へ行ってきました。ええ、お察しの通り先日購入したホイールでがっつり走りたくて、そわそわして走りに出た次第です。

国道14号を千葉方面へ、そこから先接続の国道16号を一路南へ・・・。何度か走っているルートなんですが、長い、長かったです。基本的に直線平坦が延々と続くイメージで、正直、ひとりで走るには退屈(過ぎる)なルートです。僕の走った日曜日は特に日差しが強く、かつ延々向かい風という、何ともストレスフルな往路となりました。

今までの32mmセミディープから60mmのディープへ交換して初めての走行だったのですが、まあ横風が怖いこと!瞬間的に吹きつけられる横風では、ハンドルが強く取られます。というかハンドルだけじゃなく、体ごと横に引っ張られるイメージでした。強風の日はかなり神経を使います。(必然的に疲れますw)風の無い日にまた走ってみたいところです。

延々と吹き続ける向かい風で何度か心が折れまして、お察しの通り途中からちんたらライドになりました。往路でイッパイになってしまった僕の足は言うことを聞かず、往路半ばで復路が心配になるというありさま。 自分的には往路の向かい風で既にゲームオーバー的な折れ方をしていたので、写真を撮って・・・なんて余裕は無し。つまらんレポートですみません。

折り返し地点である君津周辺のカレーライス店で美味しいカレーを食べて、たっぷり休憩を取ってから折り返し。これが良くって帰りはそれなりに順調なペースで快走!まあ当然なんですが、ずっと追い風だったからなんですよね。

ちなみにホイールは FAST FORWARD のカーボンとアルミのコンポジットでクリンチャーの にしました。ハブは FAST FORWARD のノーマル。アルミリムがベースなので重量はかさみますが、普段使いができるってのが一番のポイントでしょうか。ハブも僕レベルでは悪い印象は無かったです。ただラチェット音は大きめ、チリチリだいぶ鳴ります。チリチリ鳴らしたい人には良いかも。SIMANOのハブからの乗り換えだと、煩いのでイライラするかも。

ディープリムの感想ですが、それなりに風の強い日には神経を使いそうですが、それなりに何とかなるものです。レースとかではもっとシビアでしょうけれど、趣味のレベルのライドであれば、下りでテクニカルとかじゃなければ、そんなに神経質にならなくても意外と乗れる気がしました。なんとなくの感じでは、35km/h あたりからの安定感は、今までのホイールとは別物っていう実感はありました。安定しているというか、35km/hあたりでひと段落できるというか、いったんそのあたりで巡航速度を維持できる感覚がありました。とは言え、往路も復路もホイールをあまり正しく味わう感じでは無かったので、詳しい感想はまた次回へ持ち越し、ということで許してください。 うーん、早く風の影響が無いところで試したいですね。

なんだかんだで往復186kmの道のりでした。

youtube

Sound Pellegrino est un label indépendant de house music et un ancien sous-label d'Institubes. Il a été fondé en 2009 par la Sound Pellegrino Thermal Team composée d'Orgasmic & de Teki Latex.

Le label a sortie des EPs du célèbre Para One, du Duo High Powered Boys (Bobmo & Surkin), de Gucci Vump, de Momma’s Boy et bien d'autres…

Ci-dessus, la dernière sortie en date du label : Joakim & Bambounou - Fructose EP

youtube

Joakim & Bambounou - FFWD

While Teki Latex’ productions are a little strange in my opinion (but still good) his label Sound Pellegrino releases very nice and different electronic music. This newest collaboration between Joakim & Bambounou is an example for that. I don’t know much about them but one thing is for sure - this track is an absolute club banger!