etv!

飲む点滴じゃない
───────────────────────────────────────────────────────────

友人からの荷物に怪しい液体が入っていて、恐る恐る味見をすると甘酒の
ような味がした。聞けば「甘酒の原液」だと言う。飲み物としてのみならず
色々なシーンで活用できる便利なもののようだが、友人は巷で使われている
「甘酒=飲む点滴」というキャッチフレーズは好ましいと思っていないようだった。
共通しているのはブドウ糖というところだけで点滴と置き換えるには
不正確すぎるのがその理由のようだった。

そんな昨晩、ETV特集「小野田元少尉の帰還 極秘文書が語る日比外交」という
番組を放送していて、深夜にもかかわらず最後まで視聴してしまった。
もしかしたら横井庄一も同時に語られる恐れがあり見逃す事はできなかったのだ。

現地に残された日本兵が戦後に発見された例として、小野田寛郎、横井庄一は
並べて取り上げられる事が多いが、この二人は現地でのふるまい方が圧倒的に
異なっている。

横井庄一はグアム島住民は巻き込まれただけだから危害を加えないようにと
部下に命じて隊を解散している。一方の小野田寛郎は2000年代に入っても
現地の人に根強く憎まれるほど村を襲撃し続けていた。詳しくは

小野田寛郎の手記を代筆していた作家・津田信による「幻想の英雄―小野田
少尉との三ヵ月」という本に詳しいのだが、テレビでそのあたりの事が
語られる事はなかった。いつでも小野田寛郎は英雄として脚色され
放送され続けてきたように思う。

今回のETV特集でも、政治的な戦略として小野田寛郎を英雄として扱ったと
はっきり語られていた。作られた英雄。これからはそんな切り口で小野田寛郎は
語られていくのかもしれない。心の中でそう締めくくってテレビを消した。

そうして久しぶりに「作られていない方の英雄」横井庄一の本を寝床で手に取る。
久しぶりに目を通すが、やはり横井庄一の本はどのページもめちゃくちゃ面白い。
ド深夜だというのにページをたぐる手が止まらなかった。

その中で目にとまった箇所があった。潜伏していた28年間での飲料水についての
部分だった。慎重派だった横井庄一は生水を飲む事はせず必ず白湯かヤシの水を
飲んだという。
「あれは戦時中ブドウ糖の代わりに注射液の代わりにしたくらいだから菌の
心配がない事を知っていた」とある。

・・・・ここで冒頭の甘酒云々に戻るのだが、飲む点滴とは甘酒ではなく
ヤシだったのだ。これくらいの近似値なら友人も納得の「飲む点滴」具合だ。
何かこの日1日で話が大きくつながった感があり不思議な気持ちで眠りについた。

そして今朝、友人の甘酒を薄めて飲む。甘みの他にも体に染み渡るような旨さがあり
思わず点滴と言ってしまう気持ちもわからなくない。しかし飲む点滴がヤシの水になった今、甘酒を物語るいいキャッチ
フレーズはないものか、と考えを巡らせる。だが寝不足の頭に良い案が浮かぶ
ことはなかった。

youtube

[Eng Sub] 110427 ETV Cultwo Show TVXQ [continueTVXQ]

anonymous asked:

its really unfair I write fanfic and it gets basically no attention at all and I see yours and it has hundreds of comments???howis your fic so popular

I feel this a lot tbh because before EtV none of my fics got much recognition

I think it’s a mixture of our weekly and predictable update schedule which has been continuing on since literally May last year, which draws people in basically on a weekly basis as they discover the fic through different ways - and also the fact that Ronnie (@sockseevil) has had quite a few very popular fics so we might still be riding on the coattails of that one. We also have had illustrations (and pretty amazing ones at that!) since the very start which will lure people in additionally.

Also, about two thirds of the comments on Ao3 are either from us, replying to comments, or from the same 2-3 people commenting on almost every new chapter.

I mean, there’s also always a bunch of luck involved and I’m sorry your fics haven’t gotten much attention.

I dunno man but I for one am hecka grateful for our loyal fanbase. <3

- Onyx

i found out my boss is gay today and he seemed very excited to tell me because he never talks about it and he told me because we were having a conversation about pride and homophobia and etv etc and he “didnt want to sound like a straight guy overstepping his bounds”

he was like “you know i have a boyfriend…. i never talk about it….” and i was like ;____; he is my family now