chris mabee

2008 Canadian Nationals Kurt&Chris&Jeff BusRide

Kurt;
さあ邪悪なバス移動の時間がやってきました。SPのリンクへ向かうバス、シーンとした車内。各選手は、左右の乗客へ話しかけるべきだろうか、幸運を祈るべきだろうか、微妙な空気。そこへ対戦相手が乗り込んでくる!
「やべ!あいつかよ。やだなぁ隣に座るなよ。・・・やぁ、グッドラック!」
こんな雰囲気?実際見行って見てきましょう!

Kurt:
(メイビーの隣に座り)俺がいないものと思って。

Mabee:
うん。

Kurt:
・・・さて、これから試合のリンクへ向かうわけだ・・・

Mabee:
・・・。

Kurt:
どんなことを考えてる?!

Mabee:
リラックスしようとしてる。緊張を解いて身体を落ち着かせて・・・

Kurt:
今聴いてるのはヒーリング系?それとも元気な音楽?

Mabee:
これは精神をリラックスさせ、身体を活性化させてくれる音楽。とっても深いよ。

Kurt:
一年の成果が、まさにこの移動時間にかかっているかもしれないわけだけど、
今日を乗り切るため、演技の心構えをするためにどうしてる?

Mabee:
自分はできるんだ、と言い聞かせてる。信じるだけじゃなく確信する。疑う気持ちが忍び込まないように、できるだけポジティブな、軽い気持ちを保つようにしてる。

Kurt:
後ろの席に友達がいるけど・・・
(ジェフに)「俺の傍に座るな!テンション下がるぜ」って思うようなやつは誰かいる?

Buttle:
・・・(困り笑い)

Kurt:
君のコーチ?

Buttle:
いや、いないよ。仮にそういう人がいても、ヘッドフォンをつけて気にしなければいいし。ただ、もし仲の悪い対戦相手がいたら、(前の席のメイビーを見ながら)その選手の後ろに座るといいかもしれない。睨んだりできるから(笑)

Kurt:
二人とも貴重な時間をありがとう! さあ試合だ。