character: koji nakamura

メロディが好きなもので

ずっとメロディが好きで、音楽には歌えるメロディがないと困ると思っていた。だからバンドでキーボードなんかを弾いていても、コードを押さえてファーっとしているだけみたいな役割ができなかった。たまに人の曲のファーっとしたものをやることがあっても、ファーだけではどうしても覚えられなくてカンペを書いたものだ。

ふんふんとメロディを歌えなければ、曲が流れているあいだ何をして良いのかわからない。たぶんそんな感じだと思う。聞くのも苦手だった。誰か歌って、と思っていた。メロディをください。マイメロディちゃんの匂いつきティッシュとか、大事にしていた。

最近、翻訳の仕事をする時にKoji NakamuraAkira Owadaをよく聞く。英語の文章を読んだり書いたりしている時に英語が聞こえると集中できないから、歌ものはお預けである。

Koji Nakamura/Nyantraには、わたしに聞こるメロディがある。それもわたしが得意な感じの。得意とは何だろう。時に、わたしが勝手にハモり始めたり、勝手にキーボードで付け足すメロディをつけたりすることができる環境というか。そんな設定ではないと思うけれど、わたしはしばしば参加型リスナーであるので止められない。ハモったりメロディをつけたりするのに頭は使わないから、とても自然な参加である。最近うちで流行っている「ギャングスタラップに参加してオバマケアという言葉を埋め込む」というアクティビティよりも自然である。

Akira Owadaは基本的にうるさいので、家の中がうるさいときにヘッドフォンの中で負けじと流す。ヘッドフォンをしている時点で負けはない。わたしは基本的に生活している時間に音楽は必要なくて、仕事中も外から聞こえるパトカーのサイレンや人の笑い声なんかを聞いていれば捗る。ずっと一人の家の中で働いてきたから、仕事中に気が散るなどということがなかった。でも今うちには親友がいて、それもなかなか音楽が好きらしい。巨大な音でButthole Surfersなんかを聞き始めると、笑えるほど集中できない。ロシア5人組の3人目ぐらいが流れてきていい感じだなと思っていると、デスメタルみたいなのが始まって「せめてもうちょっと落ち着いた感じのをお願いします」というと別のデスメタルみたいなのに切り替えて「聞いての通りこれはバラードなので」と説明されたりする。まったくバラードには聞こえないし、まったく集中できない。


わたしがミキちゃんと会う度に、中村くんはミキちゃんにCDを持たせてくれる。いつも新しい音源を渡してくれるなんて、今どきこんなに嬉しいことはない。そしてCDである。今仕上げようとしている自分のアルバムを出すときにはCDにしたいと思うのは、たぶん中村くんの影響だと思う。

Eden (iLL cover)
Space Boyfriend
Eden (iLL cover)

Ben’s Day 11 - “Eden” by iLL

Today’s a fairly straight cover of a song by my biggest inspiration of all time.  Koji Nakamura began his musical career as the lead vocalist and guitarist for the band “Supercar”, and then went on to have his own solo act as “iLL” and later, “LAMA” with a fucking murder of amazing musicians.  He’s responsible for my favorite shit.  So here’s this thing.  Keepin’ my head all in it-in it.

It’s a cover of his song “Eden” from the record “Minimal Maximum” (mixed in with a little quotes from his other song, “Kiss” from the record “Force” at the end)

youtube

Video: Laputa by Koji Nakamura

IAPLC 2013 entry

One of the best aquascapes in this year´s iaplc contest. Enjoy the video!

IFO-RA272 Nirvash spec-M2
Koji Nakamura
IFO-RA272 Nirvash spec-M2

IFO-RA272 Nirvahs spec-M2 - Eureka Seven AO OST 1

One of the things that must be praised from Eureka Seven AO is it’s soundtrack,it was fun, upbeat and it really merged with the moment, it also made a good homage to the previous series.

Even though the series was a big time travel paralel timeline clusterfuck, it was good, really good, and a true Eureka Seven succesor, although i would liked more if they defined wich unierse it belongs to, the movie or the series?

befera said: i would shit my pants if Storywriter played a bunch of times like it did in the original series. they had it as background music at least once in a lot of episodes. that would be very very awesome.

Well, Koji Nakamura is going to do another song for AO. So if you liked Storywriter from the first series and Space Rock from the end of the movie, his new song in AO should be a fun ride. C: