centrl

おどおどビクビクの経営

こんにちは。
ダイヤモンドメディアの武井浩三です。

私、以前、大坂塾という私塾の経営塾で、
2年間、勉強させて頂いた経験がございます。

大坂塾を主催する大坂靖彦塾長は、
父親から継いだ年商8000万円の個人商店を、
一代で年商500億円の超優良+有名企業にまで成長させた、
いわゆる超一流の経営者だったわけですが、

その大坂塾長から、耳にタコが出来るほど聞かされた言葉があります。

「おどおどビクビクの経営」

もう一度言っておこうかな。

「おどおどビクビクの経営」

松下幸之助翁も、こう申しております。

「優秀な経営者ほど気が小さい」

つまり、悪い時に気を張って頑張るのは当たり前のことだが、
良い時にこそ、次の一手、エグジットの方法、ビジネスモデルの賞味期限、
を考えておけということ、らしい。

「ビジネスモデルには賞味期限がある」

これも、大坂靖彦氏の名言です。

競合他社のいないビジネスなんて、存在しないと思います。
優位性、競争力、差別化、ポジショニング、先見性。

色々考えることありすぎて、私自身、よく分からないですが、
とりあえず、既存ビジネスが成長してくれたおかげで、
新サービスのローンチにまでこぎ着けたわけで、
良い時にこそ次の一手を考える習慣を身に付けたいなぁと、切に思っております。

ちなみに新サービスはこちらですよ。
無料の不動産賃貸流通クラウドサービス
Centrl(セントラル) - http://centrl.cc

centrl replied to your post: people don’t have the willpower and true ability you have to stick to your goals, and you’re doing it for yourself, not for them, so don’t listen to what those people say, it’s cliche but true, they’re jealous of your abilities and your power, and that makes them look weak, and of course they’ll cover this up with pathetic words and lies and they’ll try bring you down, but you and i both know you’re stronger than them, and i know you can show them that.

brionski is da best

 shes beautiful

新サービスをリリースしました。

こんにちは。
ダイヤモンドメディア、武井浩三です。

facebookでも告知をさせて頂いたのですが、
本日、ダイヤモンドメディア株式会社にて、
新サービスをリリースいたしました。

無料で利用できるBtoB不動産賃貸流通サービス
Centrl(セントラル) - http://centrl.cc

構想、プロトタイプの開発、内部テスト運用、協力企業によるテスト運用、などなど。
繰り返すこと、実に2年半。

ようやく本リリースにまでこぎ着けました。

今回のリリースに当たっては、
ハウスコム様、アパマンショップネットワーク様、UR都市開発機構様、
さらには、リクルート様、ネクスト様、アットホーム様など、
多くの協力企業のお力添えがあったからこそ、だと、
つくづく感謝をしております。

もちろん、始まったばかりのサービスですし、
むしろこれからが本番なのですけれども、
大手の協力企業様には、今後の発展と貢献をもって、
恩返ししてまいりたいと思います。

中小の不動産会社様の方々のための、
不動産情報プラットフォームサービスです。

ほとんどの方々には、全くもって関係のないサービスです。
とてもマニアックです。

ただ、不動産業界は、もっともっとITによって便利に、楽になってよいと思っています。

このサービスが、不動産業界全体の健全な発展に寄与できるよう、
改めて気を引き締めて、精進してまいります。

どうぞ、Centrlとダイヤモンドメディアを、よろしくお願い致します。

buddy the zombie apocalypse elf

new york was growign DARKER by the minute…… the sun had set and looked like cherry and orange and lemon popsicles melting together. all the goo mixing into one big puddle of juices. that was the sky.

BUDDY was alone walking through centrl park. people wer dead everywhere. and dogs too. everything was dead. the trees. the iphones. the christmas spirit. all ded.

he walked thruu the park. cold. tired. he needed to find a place to stay. sudddenly, just like Raven Simone from ‘Thats so Raven’, he remembered. the bridge. he and micheal had the snowball fight under. so he went there.

so he got there. the snow covered grass was cold. but it was a place to sleep. so buddy fell to the ground and went to sleep.

he woke up because of a soft groaning voice.

❝ wake upppppp…… ❞ a ZOMBIE said. he was standing RIGHT over buddy!!!

❝ AH! ❞ buddy yelled screaming so loud it echoed.  ❝ YOUR DEAD YOU CANT TALK!!! ❞

❝ and your a man not a elf so we hav to run before the ZOMBIE KHALEESI comes and takes u prisoner….. i am the prince of the zombies…..  ❞

bduddy blinked his eyelashes…. the zombe prince’s porcelein dried skin hid undnr torn clothes with blood on them…. his milky, iris-less eyes wer locked on buddy’s….. the elf should have been scared… but he wasn’t………… he felt………………………….. safe.

to b continued