aran-knitting

5

I decided to make myself a cable pullover and I was enjoying the pattern so much that I decided to make it into a dress. Also the width I was working in was a bit too wide for a sweater and a bit too narrow for a dress’s flaring skirt. So I turned that problem into a design feature by adding side godets with tapering cables, and tapering the width with decreases for waist shaping.

I still have to add an asymmetrical collar in seed stitch, and knit facings onto all the edges. But I’m in the home stretch, I think: front, back, and one sleeve finished.

It looks like it’ll use up three full pounds of Caron One Pound acrylic worsted. That stuff says “NO DYE LOT” on the label, but it’s not perfect. The yarns don’t match exactly in all lights. I’m also worried about it pilling. Although it has a nice, firm worsted feel in the hand as I’m knitting, I don’t think I’ll use this yarn again.

After days of agonizing and fruitless swatching, the beginning of a new pullover is finally on my needles!! The yarn is luxuriously soft Plymouth Superwash Merino in a sea foam colour. Mom’s orchid merino (also pictured) is waiting to be knit up just like this! A pattern is in the works!! 💕 ~ Katya

Hi there. My first entry here…

This ist my present knitting project: St. Brigid by Alice Starmore - started in January 2015.

I love this pattern but nevertheless my progress is slow because there are so many other things that distract me. 

I just finished the front after the back has been lying in my basket for some time. Now - before even casting on the first sleeve - I have second sleeve syndrome. Bad. ;-)

I remember, maybe three or four years ago I saw cable knitted socks on Pinterest and was amazed. I never thought I could actually knit something even close to it. But look at me now. My first pair of aran knitted socks!

I found this lovely hand-knit aran cardigan at Goodwill, and then immediately put it to use. I really want to knit one myself in Dunne cables, but because I’m dedicated, I want to spin the wool first so it’ll still have some lanolin. We’ll see how that goes.

Also, while wearing this with my Irish hat, I got stopped by a lady to talk about the history of aran sweaters.

A hat for a sweater

A hat for a sweater

External image

The #fringeandfriendsknitalong Na Craga is moving along. I feel like I have about 15 more rows of knitting before I set the body aside and start work on the sleeves. Hopefully by the weekend I’ll have started on sleeves.

I broke and knit myself a coordinating hat over the long weekend, after seeing so many Shetland Wool week Shwooks looking very cozy in their natural habitat on social media.…

View On WordPress

Made with WordPress
Irish Knitwear and Heritage seminar at Embassy of Ireland Residence

The Legend of the Aran Sweater Irish Knitwear and Heritage

アランセーターの伝説 現在のアイリッシュ・ニットウェアとその伝統

 9月20日、駐日アイルランド大使館のご厚意により「アランセーターの伝説 現在のアイリッシュ・ニットウェアとその伝統」に関するセミナーを、アイルランド大使公邸にて開催させていただいた。

アイルランド駐日大使ジョン・二アリー氏の心温まるオープニングスピーチに始まり、イニシマン・ニッティング・カンパニーの代表であるターラック・ド・ブラカン氏をゲストスピーカーに迎えた、アランセーターの伝統とアイルランドの文化についてのセミナーは非常に興味深いものだった。                             

また、私の著作「ハリスツイードとアランセーター」(万来舎)から、今回は初めて編集者の沼尻賢治氏、写真家阿部雄介氏にの3人によるアラン諸島とアランセーターの伝説に関わるスライドショーを行った。この本の背景はあとがきの朗読で説明させていただいている。

 以下、あとがきより。

この本は本書の編集者である沼尻賢治氏の「ものづくり」への愛情、特に「ハリスツイード」と「アランセーター」に対する愛情から生まれた。

沼尻氏は企画が生まれた背景をこう説明してくれた。 

「その土地が生み出し、育み、その場所でしか生み出すことができないものがあります。

男の服飾というのは、そういう背景も含めて、楽しみとしたのです。

今日、一番安い場所でしか物作りは行われません。

インドネシアで編まれたアラン風セーター。

そんな『似て非なるもの』で満足している精神の貧しさというものこそ、

危惧するべきことではないでしょうか」

我々にとって欠かすことのできない文化である服飾と「ものづくり」において、「ハリスツイード」と「アランセーター」が持つ伝説の真実は何か、そしてその伝説はなぜ現代人の心に響くのか。 

この答えを探して、沼尻氏とカメラマンの阿部雄介氏との3人による「ものづくりの伝説が生きる島」への取材旅行が始まった。

実際に現地へ取材に行き、その土地に立ち、インタビューを通して語られる人々の声を聞き、語りかけてくれる人々の表情を見つめる。それから、言葉を超えた部分の何か、気候や風土、その土地がたどってきた歴史を伝えてくれる島の光の色、空気の匂いを感じて、少しずつ、その疑問が解けていったように思う。

今回の特別ゲスト、ターラック・ド・ブラカン氏のプレゼンテーションでは、1970年代、インフラの整備も整わないイニシマン島に移住を決意し、島の唯一の資源であった「アランセーターの文化」を、島の雇用を促進するニット産業にまで発展させた経緯が語られた。

人口わずか200人の小さな島から作り出される製品が、日本の有名百貨店やセレクトショップで販売され、ニューヨークの百貨店BARNEYS NEW YORKのショーウィンドウを飾るまでになったのは快挙といえるのではないだろうか。それはファッションが持つ力、島の百年を超えるニッティングの文化をデザインモチーフとしたことで、この島でしか作り出すことの出来ない製品となっているからに違いない。

さらにド・ブラカン氏は、アランセーターの装飾的な編み込み模様と共に、1910年の島の漁師着用の穴の開いたセーターを例に挙げ、ワークウェアとしての漁師のセーターに魅かれると語っていた。それはデザインこそ異なるが、海の男のセーター、かつてのアランセーターの伝説そのものといえないだろうか。アランのニッティングに生きている伝統が、このセーターの中にも生きているのだと感じた。

今回、このような貴重な機会を与えてくださった駐日アイルランド大使館、ご協賛いただいたベリー・ブラザーズ&ラッド社、ジェイムソン・アイリッシュ・ウィスキー社、ミリ・メートル社、そしてお忙しい中ご来場いただいた皆様に、心よりの感謝を申し上げます。

「ハリスツイードとアランセーター」のご購入はこちらから

 

             

                                

Done the second repeat of the central panel and 14" total. Only another 3" or so and I start decreasing for the armholes.

I’m still not entirely convinced with all of the various panels, and I’m not sure for the next one I make for myself if I’ll include these ones, but overall I’m quite pleased with it so far.

#fringeandfriendsknitalong
External image

External image

External image

External image

External image
I’m a fan of Karen Templer’s Fringe Association blog and shop–she curates and sells a beautiful selection of knitting related items and accessories with a modern, maker focused bent–and am joining her Fringe and Friends Amanda (& other fisherman sweaters and accessories…) KAL.

I’m not knitting the Amanda sweater. Instead, I selected a pattern from deep in my knitting queue that I’ve wanted for…

View On WordPress

Made with WordPress