aoyama toshihiro

4

描き終えました。
25日の試合を見た直後の朝8時からずっと描いて、二日かけてトータル13時間でした。似てないしバランスも悪いし途中で挫けそうでしたが、今回はそんなことよりもとにかく描きたかったので気にせず頑張ってみました。

恥ずかしながら、サッカーを一から観戦して応援するのは人生でこれが初めてでした。勿体無い人生を過ごして来たんだなと思います。世界中が熱くなる理由が分かりました。わたしも熱くなりました。青いユニフォーム持っていないので、学生時代佐川急便でバイトしてたときの青ポロシャツを着て応援しました。肩にね、ちゃんと白いライン入ってるんですあれ。

まぁそんなことはどうでもいいのですが、サッカー、とにかく感動しました。岡崎が決めた時も麻也やハセさんが止めた時も何もかもがわたしには輝いて見えました。負けたのは勿論悔しかったですし、選手達のことを思ったら悲しかったです。でもわたしはそれよりも感動していました。だからこの絵を描きました。
こんな晴れた気持ちになれたのは久しぶりでした。本当に4年間お疲れ様でしたと思っています。

まだ暫くは描く熱があるので、しばしお付き合い願えればと思います。
いつか余力があればスタメンも監督も全員描きます。
日本ありがとう!お疲れ様!!

10

Constant reminder that Tim Sheehy of Japanator thinks these scenes are poorly animated and “quality”.
People like him what have that reaction where they call anythin’ that’s a smear, an under-detailed distance shot, or havin’ anythin’ remotely off model as “LOL QUALITY”, make it fuckin’ impossible to have an ACTUAL discussion of the technical merits of an animated work.