Teengenerate

youtube

Do yourself a favour… Listen to this and be happy that you have discovered great music. When you’re writing songs this good, you’d think they’d be huge. Alas, this is not the case. What a shame. Still, better late than never.

Contact the band at:

firestartertheband@gmail.com

Order from:

http://diskunion.net/portal/ct/detail/PNK1108-386

Let's Get Hurt
  • Let's Get Hurt
  • Teengenerate
  • Smash Hits!
Play

Teengenerate
"Let’s Get Hurt"
Smash Hits!, 1995

I spent a lot of time in my car in the mid-90s. Being a pizza delivery driver is a lifestyle choice, I suppose. Needless to say, I had plenty of time to listen to music and it was during these years that I took so many chances when buying tapes and cds. The label an album was released on held more sway at the time, and I bought Smash Hits! solely because it was released on Estrus. I hadn’t ever heard a note of a Teengenerate recording, but I had a pretty general idea what awaited me.

Well, a general idea and a final realization are two entirely different things. Teengenerate was punky, sure. Garagey? Yep. Lo-fi? Extremely. At their core was a colossal energy. Just listening to them get through one song, and then another, and then even another, was exhilarating! And exhausting!

As easy as it would be to say they just set a tape recorder in the middle of a room and went through fifteen songs, it actually sounds better than that. Each instrument in the band is clear, and was captured correctly. It’s just that once it came time to mix, the engineer found the proper level and then DOUBLED it. Teengenerate sounds amazingly loud at low volumes, and at high volumes will peel the skin off your face.

And that brings us to the particular song “Let’s Get Hurt”. A lot of Teengenerate’s repertoire is built on the same fundamentals: hot riff, speedy tempo and a full moon howl. There’s a mode they would settle into and rarely break out of. Occasionally, though, one song would have just a little something extra. In “Let’s Get Hurt,” Teengenerate threw in a bit of British Invasion r&b, Van Morrison style. Of course you’d be forgiven for missing it, what with the going deaf from the volume. It’s there, though. You strip the distortion and the aggression away, and you’re left with a marvelous song that could’ve been at home on Them Again.

Teengenerate only survived for four years. That must have been all they could endure, because the grind of being that fucking rad must do a band in.

—Paul

「あるバンドを聴いて、自分の人生は変わった。あるバンドの影響で、今はこの舞台で、日本語で、話してる。人生はまだ変わる。それが、THIS IS FUCKIN’ TEENGENERATE」

映画のオープニング・シーン、TEENGENERATE再結成ライブ。前説として登場したロックバンドCOZYのヴォーカル、スティーブ(中学生の時にTEENGENERATEに衝撃を受けて、日本語を学ぶために日本へ留学している!)は、静かにしかし熱く興奮し、つたない日本語ではあるが、逆にそれがエモーショナルな響きとなり、会場全体を異様な熱気に高めていった。

1993年。パンクシーンに現れたTEENGENERATE。活動期間はわずか3年。そのあまりにも短い活動期間にも関わらず、彼らは世界10カ国からレコードをリリースするなど、様々な場所や人たちに爪痕や遺伝子を残した。かつてホラー、パンク映画の聖地としてカルト的人気を確立し、惜しまれつつも2012年に閉館した映画館シアターN渋谷。その支配人だった近藤順也さんもまたTEENGENERATEに大きく心を奪われてしまったひとりだ。その愛情が実を結び彼らのドキュメンタリー映画を監督、完成させた。

「みなさんそうだと思うのですが、音楽や映画で自分の人生を変える作品やアーティストがいて、自分にとってはTEENGENERATEがそのなかのひとつのバンドだったんです。ずっと好きなバンドでした。先駆者的で、今でこそメジャーレーベルが売り出し方として海外ツアーやらせたりすることはいっぱいあるけれど、彼らは自分たちで全部道を切り拓いていった。だけど自分がすごく影響を受けたバンドなのに、日本の人はほとんど知らない。要はそこですよ。海外で認知度が高い、ということが納得いってない部分があったんです」

「あの頃、日本のパンクの専門誌はDOLLしかなかった。携帯もないし、当然インターネットもないし、フライヤーかレコ屋じゃないと情報が手に入らない。だから当時はDOLLの隅から隅まで、それこそメンボ(メンバー募集)のところまで穴があくまで読んでましたよ。そんなとき、93年にSUPERSNAZZがSUB POPと契約したというニュースがカラーで紹介されたんです。それまで少年ナイフぐらいしか知らなかったので、日本でもこんなに海外でやってるバンドいるんだと、聴いてみたらめちゃカッコ良かったんですよ。こういうバンド男でやってるのいないの?ということで、調べたらTEENGENERATEに出会ったんですよ。今まで聴いたことのない音色で、きったない音だけど、すごいエネルギーがあった」

「マッドハニーとかパール・ジャムとかニルヴァーナとかぜんぶ買って聴いてみたものの、どれもこれもいやでした。とにかくすぐに歌い出さない。それがいやで、曲の長さが4分とか間奏がやたら長いとか。その当時、パンクをやり続けてくれたのってラモーンズしかいなかった。ハードコアもかたちを変えて音がどんどん変化している時代でクロスオーバーとかミクスチャーも出てきて、レッチリが出てきてマッチョな要素が出てきたりしたときに、シンプルなロックンロールをやって、早いロックンロールがパンクなんだ、ということをTEENGENERATEが再認識させてくれたんだと思うんです」

「結局シアターN渋谷もデジタル化の波に乗れないというところで閉館したんですけれど、確かにシネコンのほうがいいし、安いし、という部分があると思うんですけれど、シアターN渋谷のことを支えてくれたファンの方々がいて、2012年に閉館したのに、いまだに好きだったんです、と言ってくれる人がいるんです。TEENGENERATEも同じで、何も記録しなかったら、古いロックバンドがいました、というだけで忘れ去られてしまいます。それはいやだな」

youtube

Teengenerate - She’s So Fine

Get Action! (1994)