anonymous asked:

12, 27 and 9 for the music thingy

Thank you lil dude!

12:A song from your preteen years
You can’t always get what you want - the Rolling Stones (my preteens were my pretentious classic rock phase)

27:A song that breaks your heart
Teddybjörnen Fredriksson - Lasse Berghagen (don’t fukn judge okay)

9:A song that makes you happy
You told the drunks I knew karate - Zoey Van Goey

Send me more of these?

“The topics of race and sexuality have never been far from the public discussion of me as an artist, something that at times I have found hard to deal with. The world of indie rock is a world that prides itself on fetishisation: Bands refer to bands past, who in turn referred to bands past, from the Beatles to Oasis to the Arctic Monkeys, everything is part of a lineage. That was something I am always trying to subvert with Bloc Party. We quickly identified that there was a conservatism in indie rock, a purism that seem to belie quite a dangerous logic. Rock music is one of the few areas in music where it seems diversity is not to be encouraged. Can anyone remember the last time a major British music magazine put a non-white face on its cover? When Bloc Party started, we were told that things would be hard for us because indie rock was a predominantly straight white male world, so we were as surprised as any that our records charted and our tours sold out. We realized that the fans of music didn’t seem to have a problem with the color of my skin or sexual orientation, it was rock journalists, always white male rock journalists that seemed to have an issue with it.

From 2004-2006, in every interview I was asked what it felt like to be a black musician making indie music—the subtext always being that this was not a genre for the likes of people like me. In 2014 we see that there there are plenty of out gay musicians making music, from Sam Smith to the XX, but back in 2005 there was a dogged insistence for me to clarify my sexuality in the media, which culminated in Q, one the UK’s biggest music magazines outing me. Coming out for any artist is a delicate experience and as a 20-year-old coming to terms with life the spotlight not being able to come out on my own terms was a painful experience.” - Kele Okereke

Full article

MGeet. - Pink Air Free Bollywood Songs

Are you a fan of Bollywood songs? Are inner self looking for an affordable way on download all the latest Hindi ringtones? Social call mGeet.com forward-looking. Named to rhyme with Sangeet, this brand new website has grown ultimately mod among the young music lovers within a few weeks of its launch. The website showcases amazing new collection of Bollywood songs. You can view the HD quality videos of all the latest releases for delivered, download them, carry out them respect your party and rogation altogether the sempervirent ringtones oui bare of cost-of-living allowance. Created keeping solely youngsters at mind, this website serves as a hub in contemplation of pleasantness music.

Rocking musicality is apogee youngsters look for in every party and get together. While CD’s and DVD’s indirect costs a lot, exclusive DJ’s obligation you a fortune. What if there is great place so that download the whole range the latest Hindi songs for self-determining and loiter them according in transit to your wish? mGeet.com was knowing to meet this destinal demand. The website offers all types as regards albums and Bollywood songs forasmuch as free download. You can either get the colossal validity audio spread out or the HD quality videos too for free. Play them with a speaker in your party escutcheon simply hope them in a screen to adjoin more fun to your gathering. Get toplofty latest Hindi ringtones before others and share the free Hindi songs with your friends. mGeet.com will serve as your one step shop for all the musical requirements.

mGeet.com displays Hindi songs and music based on various categories. You take charge search below deck artist wise, audio rips, videos, remixes, DJ collections, present-age epopoeia collections and Ghazals category. Alter can monistic get only a handful referring to videos or remixes out the collections displayed or download them from in its entirety so that have unlimited fun. The website offers music and videos in easy to download formats. You need not install individual in hand program escutcheon plug-in to stand considerably.

mGeet.com gives importance to list only Bollywood songs with high quality audio. Whether it is a melody or a sizzling hot song you hear, the audio will stand crystal clear giving you a mind-blowing music hearing perceive. The same applies to the videos. Only HD videos are searched and stored painstakingly to give the best to the customers. The free Hindi songs collection in the website is so huge subconscious self wouldn’t be able up to find the rare songs listed here anywhere item. The latest Hindi Ringtones downloaded excluding here as things go free enthralls plurality youngsters already.

External image

«Investors Have Completely Lost Faith In Deutsche Bank»

A Top 10 Shareholder Admits

After a day of «rock solid» Lehman-isms, emergency bond buyback plans, and a stock price still unable to close green, Deutsche Bank is on the ropes (despite CNBC proclaiming that «it doesn’t feel like a Lehman moment.») However, as dawn breaks across the motherland, something more insidious is breaking for Germany’s largest bank. Deutsche faces an uphill task rescuing its stock from record lows, especially, as Reuters reports, a top 10 shareholder exclaims «investors have completely lost faith in the bank,» and a fast recovery from this crisis was unlikely.

Given the way the credit market is trading, perhaps ‘the major shareholder’ has a point…

As Reuters details, Germany’s flagship lender has trailed its rivals in bouncing back from the 2008 financial crisis, hamstrung by having to pay out billions of dollars in fines to end a string of legal disputes and ageing technical infrastructure.

It is the last of the major European banks to embark on a painful restructuring of its bloated investment bank, in the face of tougher regulation that reduced profitability, and the cost of that overhaul contributed to it posting its biggest annual loss on record last month.

Shareholders are worried about the ability of management to execute a two-year turnaround plan, announced last October, against the backdrop of a deteriorating global economic outlook and negative interest rates.

External image
External image

«Investors have completely lost their faith in the bank,» a top 10 shareholder told Reuters, adding that a fast recovery in the share price was unlikely given the magnitude of the problems weighing on the company.
Several investors told Reuters they feared Deutsche would need to tap markets for more capital – despite raising a total of nearly 20 billion euros (16 billion pounds) from investors in 2010 and 2014 – to deal with regulatory and legal issues.

https://twitter.com/Stefanossp/status/697148282146004998
«We believe that Deutsche Bank has a capital shortfall of up to 7 billion euros, depending on the outcome of a range of litigation issues, which could necessitate a highly dilutive capital increase,» Citi analysts wrote in a note last week.
Several investors said they felt time was running out for the bank to show successes – such as returning to profit or stabilizing its share price – after other large lenders had moved on and closed the chapter of financial crisis.

«There’s no benefit of the doubt,» another top 10 investor said, adding currently investors were voting with their feet. «Two years (as planned by Cryan for the revamp) is a long time. There’s no margin for error.»
Questions are also being raised about the quality of the bank’s supervisory board.
«We miss competence in financials on the supervisory board,» said the first top 10 shareholder, adding that support for Chairman Paul Achleitner was also waning and a new face was needed for a fresh start for the bank.
«However, at this stage, there’s no obvious candidate to succeed him, so he will likely be kept in charge until the end of his mandate in May 2017,» the shareholder said.
Of course there is always the «government put» but in this case – with Europe’s new bail-in «reforms» DB co-CEO Cryan’s hopes that «the government would intervene,» could well leave everyone from equity to depositors taking and haircut (to zero in the former case).

* * *

So finally, as emergency bond buyback plans are thrown out in desperation.. because that will not be enough to solve this problem, as a Deutsche banker readily admits…

WHAT NEEDS TO BE DONE. Simple?
1. Recognize the problem. It is not oil, it is not in the banks..it is a run on central bank liquidity, especially dollar based and there needs to be much more ($) liquidity. Keynes said to deal with overinvestment boom you cut you don’t raise rates. QE is impractical but getting the dollar down would greatly lift dollar based liquidity. So for a starter Fed shd stop raising rates and clearly signal an extended time out.
2. Draghi shd follow up with a one 2 punch, not to get rates down but open the refi spigot to banks and ease liquidity concerns.
3. China needs to come clean. Devalue, stabilize reserves and then allocate 1 tn+ to short up strategically important institutions. Stop intervening in equity markets.
4. And Basel 3 (?4) should be delayed specifically regarding leverage ratios and threat of higher. As a token move there shd be deemphasis of the SSM/bail in rules until there is clarity from the ECB on liquidity sources for stressed banks.
5. how about some fiscal stimulus
6. on negative rates — instead of making them punitive on the banks allow the banks to earn the spread, make them punitive to savers.. Cash shd be charged interest — put the micro chip in large denom notes/tax cash withdrawals.. encourage spending not saving .. mortgage rates can be negative and banks can still earn a spread. The spread is the problem not the rate.
The existential fear in Deutsche Bank’s analyst is tangible, as is the implied threat: «don’t do these things, and if Deutsche Bank and its $60 trillion in derivatives blow up, it will be on you.»

And so, we leave you with the question we asked just last year – «Is Deutsche Bank The Next Lehman?»

External image

http://www.zerohedge.com/news/2016-02-09/investors-have-completely-lost-faith-deutsche-bank-top-10-shareholder-admits

Zero Hedge: «Is #DeutscheBank The Next #Lehman?» @zerohedge #bankrun

«Investors Have Completely Lost Faith In Deutsche Bank» A Top 10 Shareholder Admits After a day of «rock solid» Lehman-isms, emergency bond buyback plans, and a stock price still unable to close green, Deutsche Bank is on the ropes (despite CNBC proclaiming that «it doesn’t feel like a Lehman moment.») However, as dawn breaks across the motherland, something more insidious is breaking for Germany’s largest bank.

Zero Hedge: «Is #DeutscheBank The Next #Lehman?» @zerohedge #bankrun

«Investors Have Completely Lost Faith In Deutsche Bank» A Top 10 Shareholder Admits After a day of «rock solid» Lehman-isms, emergency bond buyback plans, and a stock price still unable to close green, Deutsche Bank is on the ropes (despite CNBC proclaiming that «it doesn’t feel like a Lehman moment.») However, as dawn breaks across the motherland, something more insidious is breaking for Germany’s largest bank.

Zero Hedge: «Is #DeutscheBank The Next #Lehman?» @zerohedge #bankrun

«Investors Have Completely Lost Faith In Deutsche Bank» A Top 10 Shareholder Admits After a day of «rock solid» Lehman-isms, emergency bond buyback plans, and a stock price still unable to close green, Deutsche Bank is on the ropes (despite CNBC proclaiming that «it doesn’t feel like a Lehman moment.») However, as dawn breaks across the motherland, something more insidious is breaking for Germany’s largest bank.

Zero Hedge: «Is #DeutscheBank The Next #Lehman?» @zerohedge #bankrun

«Investors Have Completely Lost Faith In Deutsche Bank» A Top 10 Shareholder Admits After a day of «rock solid» Lehman-isms, emergency bond buyback plans, and a stock price still unable to close green, Deutsche Bank is on the ropes (despite CNBC proclaiming that «it doesn’t feel like a Lehman moment.») However, as dawn breaks across the motherland, something more insidious is breaking for Germany’s largest bank.

Zero Hedge: «Is #DeutscheBank The Next #Lehman?» @zerohedge #bankrun

«Investors Have Completely Lost Faith In Deutsche Bank» A Top 10 Shareholder Admits After a day of «rock solid» Lehman-isms, emergency bond buyback plans, and a stock price still unable to close green, Deutsche Bank is on the ropes (despite CNBC proclaiming that «it doesn’t feel like a Lehman moment.») However, as dawn breaks across the motherland, something more insidious is breaking for Germany’s largest bank.

Zero Hedge: «Is #DeutscheBank The Next #Lehman?» @zerohedge #bankrun

«Investors Have Completely Lost Faith In Deutsche Bank» A Top 10 Shareholder Admits After a day of «rock solid» Lehman-isms, emergency bond buyback plans, and a stock price still unable to close green, Deutsche Bank is on the ropes (despite CNBC proclaiming that «it doesn’t feel like a Lehman moment.») However, as dawn breaks across the motherland, something more insidious is breaking for Germany’s largest bank.

Zero Hedge: «Is #DeutscheBank The Next #Lehman?» @zerohedge #bankrun «Investors Have Completely Lost Faith In Deutsche Bank» A Top 10 Shareholder Admits After a day of «rock solid» Lehman-isms, emergency bond buyback plans, and a stock price still unable to close green, Deutsche Bank is on the ropes (despite CNBC proclaiming that «it doesn’t feel like a Lehman moment.») However, as dawn breaks across the motherland, something more insidious is breaking for Germany’s largest bank.
The Erroneous Points in Web Design

In today’s high tech load the precedence as for web counsel is not hidden from anybody. There are so many website blind companies entrance India which are crushing to implore counsel the unexcelled possible web designing practices, however still there are some of the common mistaken prevalent in the web designing world which are left unseen.
Nobody wants a faulty website in the current competitive world and in accordance until that every Web Design Company India bleachworks to its rock-bottom to avoid single loopholes. This article is based by dint of some of the erroneous points that are visible even today and those need over against be worked upon.
Exiguous Search
It’s a copolymerous to be sure that the some literal search engines are unable to palm plurals, hyphens, typos and other variants excluding the query terms. Now this becomes a marshal flaw for the gray drop anchor who want over against search something, the goods creates obstacles for others evenly well.
Pry tool is basically the back bone so it has continue made on simplified platform which can call out at least the most important queries (spiritual love the names of your products).
Implementing PDF Files
Many a times you happens that PDF files are attached in a website. Now this becomes alrighty disturbing replacing the imperfect usufruct in this way it breaks their flow and also well-nigh of the basic browsers scallop not work for these formats up to occur printed primrose-colored for lifesaving long. The layouts are au reste not unisonant in virtue of the user’s browser aluminum foil. Other than this PDF is extremely hard to hop. Yourselves would better for keeping only the necessary content for PDF, otherwise the other sloka can be put onto simplified web pages.
Holding back Navigation Highlighter
It becomes really important for anything visitor to ken that what is his current location on the website and what was his past location (building page). This can be in existence perfected by highlighting every color on the forward motion tab as regards the tacan menu. However in large amount websites it is still missing and creating confusions all over.
Un-scannable Content
Seek imagining reading a full cadaver case with secret ballot breaks, inclination, sub-headings or any pointers, would you be interested? The rebuttal would persist a definite €NO’. Always mind that the whole of a web sheet has to go on modernistic a proper readable organic structure with proper points like€ € €
€ Headings
€ Subheadings
€ Bulleted points
€ Highlighted keywords
€ Succinct paragraphs
€ De-fluffed language devoid of marketese.

Beat Tiny Font Sift
In that major part in relation with the modernity me happens that the font size is fixed at a tiny size on the web pages around CSS. Now this becomes a od issue specifically for the elder people until read and this creates disrespect. It would occur advised that the font size be specified in relative terms and not absolute numbers in regard to pixels. You can also let your users resize text as an instance required.
Poor Trim size Titles with Low Search Engine Visibility
Search is the palms factor for the users to notice a website and as this an effective page title is categorically important as it is contained within the HTML hanger tag and is almost always adapted to as the clickable headline for listings on raise the hunt axial-flow turbojet result pages (SERP). Search engines specifically pomp the essential 66 characters or so of the pretense, so it’s to be sure important.
Howbeit unfortunately most of the website designs do not follow proper page titles that hamper their searchability. This needs against abide checked.
Advertisement Acclimated Theme
Always remember that if the website is not presented on a pukka cylinder scale, rather presented like an advertisement for selling something, it would not at all attract the online clients. This is a the brass blunder being done by voluminous companies on their cross-hatching designs.

Insights Alongside Car Windows Renewal and Scratch Recuperation

A smallish crack or harm till car or truck slate is just one relating to all those choses which lots of individuals delay to one pluralness day. Obtaining a windshield replacement to get a tiny crack appears ho-hum, but a repair service will probably hold necessary en route to conserve potential concerns. Usually, people permit a modest crack expand after all with out recognizing it, until sooner or later there is of course no approach in transit to restore alter.

A fix is among the egregiously affordable option now your auto glass wishes. Whenever a compact rock yale particles hits your windshield and brings near a crack, me might slump to look for fix straight away. Sometimes, insurance protection potty make retribution for rock chip model, at the least because higher-ups sense subconscious self is more inexpensive than changing the bloated windshield later herewith. Forest management backside only be found developed in the event you sire inflowing touch in addition to quickly subsequent to the chip occurred. Overtime, the lacerate will extend and also the rather simple fix can’t occur accomplished. At the year, a far fresh steeply-priced windshield superseding settle require to just captivate spot.

Once you skip the boat in respect to the ream out, you don’t want to be fascinated. Any auto opaline store can attorney the glass at a of sound mind furnishing price. Sometimes, insurance fable co-optation go over windshield replacement with just a juvenile deductible owed by himself. All leading insurance coverage providers running pays with substitution exclusive of the company. Height organisations moreover typically deliver $50 hard spot cash again on replacements. But rescinding this, chip maintenance are Very aplenty subaltern costly than a elements metonymy.

Should you party have your windshield changed in lock-step with utmost windshield replacement retailers set before gusto simple time repair service for disconcert cash. Yet, similar retains real for these maintenance. If i myself don’t get open door import regardless the store once the gash takes park, self moxie not have the capability over against fix alter.

At the time you want a fix or windshield second string, on no account permit your hectic routine or economical problems reap within the way. Acting right away can help alter ego save bucks on costlier replacements and maintenance. Call up to the drill stomach a fix favor the present fateful moment for those who have any cracks as part of your windscreen, considering the admitted fact that it bidding eventually outcome inside a bulwark replacement down the road if you ought delay. Nonconsent charge mobile phone program customarily means they’re able to pop up in favor of your household, business ministry or far and wide inside the region in transit to repair or theme your windshield. Some outlets also heap upon aggressive pricing against all those devoid of insurance policy to dissolve over the indemnification respecting atone for service and substitute.

Yes sir don’t postpone maintenance vis-a-vis your windshield equivalently superego appear to exist bluntish. A minor bump as part upon your experience tomorrow could crack the frosted glass even further, costing you significantly plus time and cash. Cracks while in the pass line with the driver can over be unsafe and could dose euthenics to an characterization. Having to make restitution because any compact fix now deprive help you give a boost needing to exchange a complete high priced foot guard later on.

FUJI ROCK ’97 回想録

FUJI ROCK20周年記念として、私が2001年当時にやっていた個人のWEBサイトに掲載した、FUJI ROCK ‘97の回想録を再掲します。
私の人生を簡単に言うならば、1997年の夏休み気分が今でも抜けてないのです。

2001年7月15日~24日にかけて、全4回に分けて書いた文章です。

****************************************************

そもそもフジロックというものが開催されると知ったのは、ラジオでのことだった。たしか、「ローソン・カウントダウン・ジャパン」かなにかだったと思うけど、ゲストがイエロー・モンキーだった。そして、夏にでかいイベントに出演すると、そういう旨の告知をしていた。吉井和哉は「日本でもね、そろそろこういうイベントやってもいいんじゃないかってことで」とかなんとか、とにかく日本初の規模ということを言ってた記憶がある。このラジオを実家で聴いた記憶があるので、俺が大学に入る前だったと思う。おそらく1997年3月のことだろう。(もしくは、5月頃に帰省したときかもしれない。)

だからといって、瞬間に興奮したとか、そういう覚えはなくて、フジロックという名前もその時点では知らなかった。俺がフジロックという名称を知り、行こうと決意したのは、ロッキングオン紙面での第一報だった。紙面では、レイジだ!プロディジーだ!、と騒ぎ立てられていたが、その時点で俺はレイジもプロディジーも知らなかった。なんと言っても目を奪われたのは、ウィーザーだった。1996年のベストアルバムに、なんの迷いもなく「ピンカートン」を挙げていた俺だったから、ウィーザーが来る、見られる、その衝動だけでフジロック行きを決めたようなもんだった。

以前も書いたけど、そもそも俺は自分でフェスティバルを開催したいという夢を持っていた。ウッドストックとか、ワイト島とか、フェニックスとか、そういうフェスティバルの映像をさんざん見る度にその思いは強くなっていた。だから、フジロックを知ったときには、真っ先に「悔しい」と思ったものだった。

当時大学に入学したてだった俺は、バンドのサークルに所属していた。そのサークルの一部では、フジロックは既に盛り上がっていた。一部、っていうのは、このサークルの大半はレイジだの、プロディジーだのに反応する人間ではなかったから。まぁ布袋に反応する人間は多かったけど。
そんな一部の人間の中で、ただひとり、一緒に行く人が決まった。(その彼とは、5年間ずっと一緒に行っている。)一緒には行かないけど、先輩でも3名ぐらい行く人がいた。先輩もウィーザーが好きな人たちだった。

フジロックに行くという行為は、単なるコンサートではない。それを感じるのは、実は交通手段を考えているときかも知れない。97年の開催地は、山梨県であった。山梨なんて、それまで行ったこともないし、それ以降もサマーソニック2000以外、行ったことがない。これからもそんなに行く場所ではない。何が言いたいかというと、どうやって行けばいいのさ?と、ずいぶん考えた、ということ。
たぶん生まれて初めて時刻表を読みまくった挙げ句、決めた行程はこんな感じだった。

前日に、夜行バスで福島を発つ。当日の早朝、東京に着き、そこから電車で大月駅へ。乗り換えて河口湖駅。そこからバスで会場着。
なぜ前日に会場入りしなかったかといえば、前述のサークルのコンサートが、前日にあったからだ。俺自身はバンドで参加するわけではなかったが、1年生は裏方仕事があるから休んでる場合じゃない、そういうこと。フジロック行きを決めた先輩たちは、そんなコンサートやってられっかい!ってことで前日会場入りを予定していたようだった。そして、このコンサートさえなければ、あるいは休むことができたなら、天神山の悲劇は少し軽減されていたはずだ。

ところで、今となっては2,500円もするキャンプチケットだが、97年当時は、確か500円ぐらいだった気がする。1,000円以下だったのは確実。その購入方法は今とは随分違っていて、フェスティバルのチケットとは別に、スマッシュに直接電話して購入するものだった。友達が電話、購入し、宿泊の準備も整った。テントの準備については、さらさら買う気などなかったので、どこからから借りることを初めから考えていた。まず、山岳部の知り合いがいたので、そこから借りようと思っていたのだが、そもそも山岳部のテント自体、学校から借りていることを知った。そして学生便覧を読み直してみると、課外活動用に様々な物品を貸しているのだった。こういうところが学生の特権。テントの確保もOKとなり、あとは行くだけだった。

当時、俺は日記をつけていた。今は、まぁこのページが日記みたいなものだからつけなくなったけど。その日記から、フジロックに関する記述を抜粋してみる。

1997年5月13日(火)
今日、FUJI ROCK FES '97の申し込みをした。おかげで残金が1万8千円になってしまった。キツイ。
1997年6月1日(日)
今日から6月。バイトは見つからない。これではフジロックフェスに行く旅費が足りない。

どうでもいいことだけど、当時俺は「フジロックフェス」って言ってたんだな。略しきれてないところが、初々しい。

1997年7月14日(月)
いよいよフジロックが近づいてきた。楽しみだ。何が楽しみって、ベックにウィーザーに、そしてひそかにズボンズ。ベック、ウィーザーはCDの音を知ってるし、テレビでライヴも見たことがある。だけど、ズボンズはCDの音すら聴いたことがない。いきなりライヴに臨むというのはドキドキもので楽しみだ。

この夢はあっさりうち砕かれることになるんだけど・・・。

日記を読み返してみると、意外にフジに関する記述が少なかった。日記のハズが、いつの間にか週記になっていってるせいもあるけど、そもそもフジロックというものにそれほど興奮していなかったのかも知れない。少なくとも、一年中フジのことを考えているような今の生活からは遠く離れた感じだった。いかに、フジロックが自分の生活に衝撃を与えたかが、よく分かる。そういうもんなんだって、97年のフジは。

いよいよ開催日が近づいてきた、その1週間前。テレビで台風が上陸していることを知った。だけど、まぁ、大丈夫だろうと思っていた。その根拠のない自身は、単に今まで台風で痛い目にあったことがないからという、そういうことだった。今でもフジの掲示板で「野宿、大丈夫でしょう」とか言ってる人を見かけるけど、そういう人は一度痛い目に遭わないと分からないんだと思う。だから、俺は何も言いません。
とはいえ、全くの軽装で臨んだわけではなかった。一応台風の不安を感じた俺は、スポーツ用品店で登山用のカッパを買った。今思い出したけど、だいたいカッパをどこで買っていいのか分からなかったんだよなぁ、当時の俺は。すんげえ捜した記憶がある。いつも行くようなジーンズショップなんかじゃ売ってないし。コンビニのはさすがに危険だろ、とも思ったし。で、さんざんデパートを捜した挙げ句、スポーツコーナーで買ったんだった。フジロックの準備は、人生勉強でもあった。

そんなこんなで、フジロック前日。前述の通り、サークルのコンサートの裏方として、俺はアンプ運んだりしていた。「ベックとか見る前に、なんで俺はこんな素人の演奏見なきゃならんのだ」なんてブツクサ言いながら、仕事していた。
コンサートは夜9時頃に終わり、俺と友達はいったん俺の家に戻って、フジロックへの最終準備。ちょうど、「ローソンに行かなくちゃクーポン」の期間中で、お菓子とかミネラルウォーターとかを、クーポン使いまくって購入。今でもローソンでクーポンを見かけると、このときのことを思い出す。

そして、いよいよ深夜バスに乗り込み、出発。このときの、福島の夜空が晴れていたか曇っていたかは、忘れてしまった。

1997年7月26日(土)
生まれて初めての夜行バスで東京に到着。朝の5時とか6時とかだったと思うけど、それでも山手線はすでに運行を開始していて、俺はまずそのことにビックリしていた。
俺が時刻表とにらめっこした挙げ句決めた行程によれば、新宿駅から中央本線普通列車で大月駅まで行くつもりだった。しかし、いざホームで電車を待つとなると、随分時間が余ってしまう。友達と朝飯のパンを食らいながら反対側のホームに目をやると、どう考えてもフジロックに行くとしか思えない風貌の大群が「特急」に乗っている。節約節約で行こうと思っていたのだが、その大群を目にしたら普通列車で行くのが馬鹿らしくなって、衝動的に特急券を買ってしまった。

車内はフジロックに行くとしか思えない素振りの人で一杯だった。俺らが座る斜め前の座席には、外国人さんがニルヴァーナの「レイプ・ミー」を合唱していた。まるで修学旅行の貸し切り列車の如く、でも車掌さんは廻ってくるわけで、なんだかよくわからん車内だった。外国人さんからは、飲みかけのビールをもらった。「ありがとう!おいしいよ!」なんてのをジェスチャーで伝えてみたりして、俺も気分が高まってきた。その時俺は「Kiss Me, I’m Irish」と書かれたTシャツを着ていて、外国人さん同士が「He Is Irish! Ha, ha, ha」と、俺を笑っていたのを覚えている。車窓から見える空は、いよいよ曇ってきた。

大月駅から河口湖駅までの富士急行は、どう考えてもフジロックに行くとしか思えない風貌の人で一杯だった。満員御礼にも程があり、押し合いへし合い不快指数急上昇。人に押されて無理な姿勢で立っていたせいか、俺は軽い捻挫になった。どう考えてもフジロックに行くとしか思えない風情の人の中で、どう考えても富士急ハイランドに行くとしか思えない家族連れもチラホラいたが、皆一様にこの混雑ぶりを不思議そうに見ていた。いや、不思議そうに見ていたのは親で、子どもはゲームボーイに夢中だった。

河口湖駅に着くと、バスに乗るための行列がすでに出来上がっていた。この時点ではまだ空は曇ったまま。その行列は、ノロノロと牛歩戦術を敢行しており、一向に進まない。地味にノロノロ進み、バスに近づいたと思えば、その行列はバスを避けるように別方向に伸びており、つまり河口湖駅前の駐車場にはモナコグランプリのコースのようにヘアピンを描きながら延々列ができていたわけである。この列に並んでいる最中に雨が降り出した。俺は準備したカッパを着たが、友達はフードのついていないウィンドブレーカーで気を紛らしていた。実に辛そうだった。雨に打たれているのに、なぜかのどが渇いて、ミネラルウォーターをグビグビ飲んでいた記憶がある。見知らぬ人とタクシーをシェアして向かっている人もいた。

朝8時には河口湖駅に着いたはずだったが、結局バスに乗れたのは午前11時頃だったはず。3時間も同じ場所をノロノロと動いてたのだから、俺も含め周りはすっかり無口になっていた。東北の人は雪が降るから口数の少ない方言になったという説があるが、雪でも雨でも打たれていると人間は喋る気をなくす。あるいは、反動で無茶苦茶喋って気を紛らす。無茶苦茶喋る人というのは、大抵怒っている人だった。いつまで経っても乗れないバスを目の前にして、人間は怒るしかない。さっきまで浮かれたような中央本線特急の雰囲気は、遠い昔のことのように思えるほど。
今となってはシャトルバスは無料だが、当時は有料だった。行列の途中でバスの乗車券を買って乗るシステムだが、その切符売りの人に悪態をつく客もいた。いた、というか、ほとんどの人がそうだった。切符売りのスタッフも、すでに3時間近くは怒られ続けていたのだろうから、伏し目がちに、それでもイチイチ気にしてられるかい、ぐらいの密かな反抗を続けていた。

何度も言うが、俺らは河口湖駅のバス乗り場で3時間待った。後から来た人は何時間並んだか分からない。午前11時にバスに乗れた俺らは、この中ではラッキーだったのかも知れない。とにかく、バスに乗ることはできた。
本当に人間は勝手なもので、朝イチの電車でワクワクし、バス乗り場でイライラし、そしていざバスに乗ったら、3時間待ちのイライラなんて吹っ飛んでいた。バスに乗った人全員がそんな感じで、「やっと乗れたねぇ」と一安心。とりあえず車内は、長時間雨に打たれた人ばっかりだったので、ムワァッとした湿気に満ちていた。

バスに乗っていた時間は、いったいどれぐらいだっただろう?初めて訪れた山梨なのに、打ち付ける雨のおかげで車窓の風景を楽しむことはできなかった。それでも、このバスを降りるときが会場に到着するときだと信じて疑わなかった俺らだったので、車窓なんかどうでもよかった。

バスは、停まった。が、そこは会場ではなかった。
運転手は、「ここから歩いた方が早いから」と、途中下車を強要したのだ。後から知ったのだが、会場までの道はバスが行き違うのにやっとの細さで、その道路に路上駐車している乗用車が多かったために、バスは途中で停まらざるをえない状況だったのだ。そんなことは後から知ったわけで、その時の俺らは会場に向かうことしか考えてなかった。
バスを降りると、山道が目の前にあった。舗装などされていない、本当の山道。そこは、もしかしたらハイキングコースのようなものなのだったのかも知れないが、台風のせいか、本当にただの山道にしか見えなかった。友達は、ここを過ぎれば会場だと、いきなり走りやがった。俺は、さっきの満員電車で軽く捻挫になったために、走るのが辛かった。そんなわけで、いきなり走りやがった友達にむかついて、「おい!走るんじゃねえよ!」と、「(笑)」無しで、本気で怒鳴った。友達は「わりい」とかなんとか、走るのをやめた。山道には、道案内の看板は無かったが、スタッフが誘導していたので迷うことはなかった。看板が無くてスタッフしかいないという状況は、やはり急遽この道を通るようにしようと決めたのではないかと、今にすればそう思う。

山道も、いよいよ終わり。ここをぬければ、目の前に広がるのは、フジロックのゲート・・・ではなかった。山道の終わりは、会場へ続く車道へ合流していた。しかも、上り坂。そこに会場があると信じて、足場の悪い山道を歩き続けた俺たちは、肩すかしをくらったというか、まだ歩くのかよと、すこし絶望的になった。本当に、フジロックやってるのか、かなり不安になった。山道では元気だった友達も、ひたすら車道を登り続けた。無言で。
車道を登っていると、横をバスが通り過ぎていったりもした。会場まで、何が何でも運転しているバスもあった。そのバスを見て、「この野郎!バス行けるんなら、行けよ!」と、怒る気持ちにもなれないほど、台風は俺らを無気力にしていた。

本当にフジロックは行われているのか?本気で疑った、その時、ズンズンと低音が響くのを感じた。かすかに歓声も聞こえた。やってる。本当にやってる。それだけが心の支えだった。もうすぐだ。
俺たちがうつむき加減で歩く、その道の向こうから下ってくる人もいた。帰る人なんだろう。強烈に覚えているが、とある外国人さんが大声で「コンナふぇすてぃばる、オモシロクナイヨ!!カエッタホウガイイヨ!!」と、片言の日本語で、思いっきり怒りを露わにしてた。「カエッタホウガイイヨ」と言われても、ここまで来て帰れるかっつうの。いや、正直バスを待ってるときは、帰ってしまおうかと考えたこともなくはない。だけど、もう低音が響いてるのを感じて、なんだか知らないけど歓声も聞こえてきて、ここで帰るわけにはいかない。

細かい時間は覚えてないが、とにかくひたすら歩き続けた結果、フジロックのゲートが見えてきた。このゲートをくぐり、だだっ広い駐車場を通り抜け、そしてリストバンド交換所。この交換所は、今のような、高速道路の料金所のような感じではなくて、サマーソニック2000のような、仮設テントを思い浮かべて欲しい。サマーソニックの時ですら見落としがちだったあの形態、台風の混乱の中では、もっと見落としがちだった。おそらく、あの状況ではリストバンドなんかいちいちチェックできずに、タダで入場することも可能だったはずだ。それぐらい、現場は混乱していた。
リストバンド交換所に隣接してあったのは、今は亡き「毛布レンタル」だった。97年の時は、毛布レンタルがあったのだよ。このレンタルは、まず100円(だったかな?500円だったかも)で毛布を借り、そして帰るときに返せばキャッシュバックされるシステムだった。勘のいい人ならもう分かるかも知れないが、キャンプするしないに関わらず、この毛布はレンタルできるわけで、台風の寒さしのぎに借りる人が多かった。そして、台風に濡れて寒さしのぎの役割を果たさなくなった毛布が、会場に散乱していた。それを拾って、自分は借りてないのに、返してお金をもらっていた人が結構いたのだった。それはまぁ、俺らが帰る頃に気づいたのだけど、火事場泥棒というか、どんなに混乱した状況でも金のことは忘れない人間もいた、というわけだ。

リストバンド交換所は、本当に混乱していて、係員に怒りを露わにする人やら、雨でボロボロのチケットを取り出すのに苦労している人やらで、修羅場と化していた。そんな中でとりあえずチケットをリストバンドに交換し、係員につけてもらって、俺らはいざ会場へ向かった。そのリストバンド交換所の一画から会場へ入るには、階段を上らなくちゃならなかった。この段差が、フェスティバルのバリケードの役割を果たしていたのだろう。おそらく、そんなことも考慮してこの会場は決められたに違いない。

はやる気持ちを抑えきれずに、でも濡れた階段を転ばぬように登って、そして見えたのは、フジロックフェスティバル、メインステージと大観衆だった。

俺が会場について、真っ先に目に飛び込んだのは、ライヴでも観客でもなく、「身体障害者専用エリア」だったりする。あんな混乱した状況のなかで、「こんなエリアも用意してるんだ」と、不思議と冷静に思ったのだった。そのエリアを利用している身体障害者は見つけられなかったが
ステージではライヴは行われていない。セットチェンジの時間のようだ。俺らは、テントと寝袋を引きずりながら、混乱した会場を横切るように、キャンプサイトへ向かった。とりあえず、道のようなものはあるのだけれど、とにかく人だらけで歩くスペースなんてありゃしない。レジャーシート踏むのは序の口、人の荷物も踏み倒して、そんな感じで進むしかなかった。場内は騒然としていて、毛布を頭からかぶってじっと座っている人や、傘をさしている人、あるいはヤケッパチで上半身裸の人もいた。どこにもハッピーなムードなんてなかった。騒然とした会場を横切りつつ、聞こえてきたのは「ヒロトのちんぽ、見れて良かった!」なんて会話だった。ああ、ハイロウズは終わってしまったのだね。
今、www.fujirockfestival.netにて97年のタイムテーブルを確認したところ、ハイロウズの終了時間、というか次のフー・ファイターズの開始時間が14時40分になっている。セットチェンジを20分と見積もっても、おそらく俺らが会場に到着したのは14時前後ぐらいだと思う。ってことは、俺らは朝8時頃に河口湖駅について、大体11時頃にバスに乗って、そこから1時間30分ぐらいバスに揺られていたとして、バスから降りて歩き続けた時間は、1時間半ということになる。ん〜・・・・。そんなに歩いたのか?歩いたかも・・・。

キャンプサイトは、今の苗場とは違って、フェスティバル会場の中に位置していた。キャンプサイトとなるゲレンデの入り口付近には、キャンプサイトチケットの確認場所があったのだけれども、ここもリストバンドの交換所と同じく、チェックしてる余裕なんてなさそうだった。よって、キャンプチケットを提示することもなく、簡単に入ることができた。
キャンプサイトの隣のゲレンデの方にセカンドステージがあった。俺らがキャンプサイトに近づいた頃から、セカンドステージから低音というか轟音というか、「ブゥォ〜〜〜〜ン」というような音が延々鳴っていた。その音に興奮したのだろう。友達がいきなりセカンドステージの方へ走っていった。こいつはなんなんだ!と呆れた。だって、会場に近づいたときに「まずテントを立てて、荷物を置いて、それからライヴを観よう」と計画したハズなのに。そして、「ちょっとライヴ見に行かない?」とか「ライヴ行って来る!」とか、俺になんの前触れも無しに走りやがるのである。走り出した友達に向かって、「俺ひとりでテント立てるから、勝手にライヴ行ってこい」と、半ばムキになって、俺は言った。友達は、「そう?じゃあ」と、なんの躊躇もなくライヴ見に行きやがった。繰り返して言うけど、この友達とは毎年一緒にフジロックに行っている。行ってるけど、このときの経験を活かして、俺は彼と完全に別行動をとるようにしている。
ちなみに、このとき聞こえた轟音は、ボアダムスだった。後から知った。

ムキになったはいいけど、ひとりで寝袋とテントを抱えて、雨の中ゲレンデを登るのは大変だった。加えて、到着時間が遅かったせいもあって、結構上の方まで行かないといけない状況だった。そして、ひとりでテントを立てた。小学校の頃、テントを立てた覚えはあるけど、ひとりで立てた経験はない。そして台風。今ならできないかもしれない。人間、混乱してるとなんでもできるものである。

苦労してテントを立てて、一休みした。友達が戻ってきて、ボアダムス最高!と言ったかどうかは忘れたが、「ひとりでテント立てんの大変でした!」と、チクチク言ってやった。友達は、特に反省した感じもなかったけど。何度も言うけど、彼とは毎年フジに一緒に行っている。なんでだろ?と思うことも、いまだにある。

いよいよライヴを見に行くことになった。メインステージへ向かうと、そこにはフー・ファイターズ!よし、盛り上がるぞ!と思ったら、そこから2曲でライヴは終わってしまった。それにしても、ステージ前方の湯気がものすごい。ステージが見えないほどだった。
司会進行役が、注意を促している。「リフト乗り場に登ってる人!危ないから降りて下さい!」この注意は、終日ひっきりなしに行われた。こんな状況で、秩序もへったくれもあったもんじゃない。そんなことを思いつつ、同時に俺は寒さで体力が奪われていくのを感じていた。友達と一緒に、出演者の控え室となっているロッジで雨宿りすることにした。当たり前だけど、同じことを考えている人は大勢いて、雨宿りのスペースはほとんどなかった。が、ここはもはや無法の世界。生きるためにスペースの確保に必死になり、なんとか雨宿りに成功した。

ひとつ、記憶が曖昧な部分があって、それはタイムテーブルのこと。俺の記憶では、事前にタイムテーブルは発表されていなかったはず。もしかしたらホームページ上では発表になっていたのかも知れないが、その頃俺はインターネットに触れる前だった。今確認したのだけど、雑誌では(少なくともロッキンオンでは)発表されていなかった。というか、ロッキンオンを読み返してみても、最初のチケット発売の広告以降、フジロックの広告なんて無い。フェスティバルをただのコンサートと甘く見ていたのは、なにも観客だけじゃなかったのだ。
どっちにしても、俺はタイムスケジュールを知らずに当日臨んだのだけれど、雨宿りのロッジの入り口付近に、ポスターの裏にマジックで手書きされたタイムテーブルを発見した記憶がある。でも、そんなものじっくり見ている余裕なんて無かった。

雨宿りしていると、「次はレイジだ!」という声がちらほら聞こえた。友達は、レイジは前で見たいとのことで、早々に行ってしまったが、俺は少しでも体を休めるために、ギリギリまで雨宿りすることにした。レイジに関しては、以前も書いたので大半を省略するけど、とにかく衝撃的にカッコイイと思った。そして、あれだね、プロディジーが途中参加したんだよね。これ見られたのはラッキーでしょ。ちなみに、この年のフジロックで、俺が最初から最後まで見たライヴは、レイジのみ。

レイジが終わった後、友達と合流して、一度テントに戻ることになった。キャンプサイトに戻ると、自分たちのテントがない。無くなった。台風で流されたのかと思って、近所のテントの人に「この辺にテント落ちてませんでしたか?」と聞いてみたが、無かった。キャンプサイトを何度も往復して捜してみたが、見つからなかった。かなりの時間捜した。落とし物の案内所に行って、「テントの落とし物ありませんでしたか?」と、あほくさい質問もしてみたが、無かった。
どうしようかと二人で絶望しながら、もう一回キャンプサイトに戻って捜そうとしたら、よく見ればキャンプサイトが2カ所ある。というか、ふたつのゲレンデにテントがびっしり張ってあるのだ。そして、さっき捜したのとは別の方のキャンプサイトを捜してみたら、ちゃんと俺らのテントはあった。つまり、こういうことだ。正規のキャンプサイトとは別のゲレンデに、勝手にテントを張ってる人がたくさんいて、そこを俺らは間違って捜していたわけだ。かなり無駄な時間を過ごしたと、二人で笑ったものだが、なぜ笑えたかと言えば、それはその時間メインステージではイエロー・モンキーだったから。

その後の記憶はが曖昧なんだけど、おそらく飯を食って、友達とは別行動をとったはず。俺はひとりでエイフェックス・ツインを見に行ったのだった。ここで初めてセカンドステージに足を踏み入れたのだが、セカンドステージは砂利で、地面がぬかるまないために、かなり快適だった。エイフェックスを待ちわびる人の間をぬって、CDも聞いたことないくせに俺はずかずかとステージ前に行った。そして、このエイフェックスのライヴが思いの外楽しかったのだ。ステージには犬小屋大の家があって、時折吹く風に煽られた入り口から、リチャード・D・ジェームスらしき人が見えた。それより、無駄に元気な人たちがステージ上で踊って、熊のぬいぐるみも登場して、とにかく面白かった。これを見たことは、結構自慢している。

といっても、これも途中で抜け出してきた。テントに戻って、ひたすら震えていた。すると、どこに行ってたのか、友達が戻ってきて「レッチリ始まるぞ」ってことで行ってしまった。俺は、まあ少し見られればいいかってことで、もうちょっと休んでから見に行くことにした。テントの中でも、その音は聞こえた。スパイスガールズをやっていたのだけはしっかり覚えている。
動いた方が寒さをしのげる、と思った俺は、レッチリのステージを見に行くことにした。ビックリしたのは、メンバー全員上半身裸だったこと。本当に純粋に「こいつら寒くないのか?」と思ってしまった。俺は会場の中頃で見ていたのだけれど、ステージ上に掲げられたフジロックの旗のはためき方が強くなっているのがハッキリと分かった。そして、なんとなく予感していた通り、ステージ上ではスタッフとメンバーが話し合っていた。そして、英語はよく分からないのだけどMCで「あと1曲だけ」とかなんとか言ったのは分かった。そして、最後の「Give It Away」が始まった。

レッチリは、ステージをメチャメチャに壊して帰っていった。そして、その後にノコノコ出てきた司会が言い放った一言は、その場にいた人間の心に様々な感情を伴って刻まれていることだろう。

「明日の、プロディジーで燃え尽きよう!」

俺には、ハッキリ言って嘘臭い一言にしか聞こえなかった。どう嘘臭いと思ったかというと、明日はないだろうと、そんな気がしてた。今だからそう記憶してるのかも知れないけど、いや、当時、あの現場でもそう思ったに違いない。だって、場内には「やっと終わった」ムードが少なからずあったのだから。

ライヴ終了後、俺はテントに戻る予定だったけど、人の流れがおさまるまでじっとしていた。すると、ステージからこんなアナウンスがあった。「行く場所がない人、ステージ前に集まって。」行く場所がない人、っていうのは、例えば野宿しようとしてる人とか、オールナイトで遊ぶ予定だった人とか。とにかく、雨露をしのぐ場所がない人。スマッシュがその人たちに対して何を準備しようとしているのか分からなかったけど、俺はテントを持ってるくせに、もしかしたらもっといい場所で眠れるかもと、淡い期待を胸に、友達をほったらかしでステージ前に行ってしまった。

ステージ前で何分待っただろう?その後のアナウンスがさっぱりなかったために、俺は諦めてテントに戻ろうとした。でも、戻る前にロッジに向かった。会場内で唯一しっかりした屋根のある場所に。俺は、入り口付近(外)でタイミング良く空いてる椅子を見つけて、さらに近くにあった毛布にくるまって、じっと座っていた。友達をほったらかしで。
そこで少し仮眠していたが、そのロッジの入り口付近は総合案内所も兼ねていて、スタッフが数名いた。そして喧嘩が繰り広げられていた。ハッキリ覚えている。リストバンドが腕についていない客がいて、金払ったのかよ!おい!的なスタッフの問い。金払ったよ!コノヤロー!リストバンドが切れたんだよ!コノヤロー!的な客の罵倒。どんな理由でも、リストバンド無かったら出ていけよ!的なスタッフの逆ギレ。もっと丈夫なリストバンド作れよ!責任者呼べよ!的な客の追い打ち。俺はバイトだよ!的なスタッフの最後っ屁。
なんか、そんな会話を横で聞きながら、テントがあるんだからテントに戻ろうと、俺は思った。

テントでは、友達がすでに寝ていた。友達は毛布レンタルに行って借りようとしたらしいが、すでに底をついていたらしいので、そこら辺に落ちてる中でもまだ綺麗な毛布を拾ってきた。俺は、さっきまでの、ひとりだけもっといい場所で寝れるかもしれない期待を友達には告げずに、寝袋に入った。
何分寝たか分からないが、寒くて目が覚めた。やっぱりひとりで立てたテント故に、甘い部分があったのだろう。テント内に雨が浸水していた。このまま寝てたら凍え死ぬ。本気でそう思った俺は、友達を連れて、救護所へ向かった。

救護所は、難民キャンプよろしく、打ちひしがれた様子の客で溢れ帰っていた。救護班に、なにか暖をとるものはないかと聞いてみたら、ビニールの容器にお湯が入った物を渡された。それを抱いて大人しくしてなさい、濡れた服は脱ぎなさいとのことだった。この救護班の人が妙に優しかった記憶がある。神様のようだった。
救護所は人で溢れ帰っていたので、足を伸ばす余地など無かった。座り寝。毛布にくるまって、ひたすら座り寝。結局この状態で夜を明かした。

このときの俺の様子が、実はスマッシュによる写真レポートに写っていたりする。
中央よりやや右側の、緑色のTシャツ姿が、俺。

日の出を迎えた。何度も寝たり起きたりを繰り返してた俺は、この頃にはすっかり目が覚めた。外は結構晴れていた。これなら今日は大丈夫かも。そう思った朝7時頃(たぶん)。救護所の入り口でスタッフのアナウンスがあった。

「フジロックフェスティバル'97、2日目は、中止となりました」

当然、みんなざわめいたが、いや、でもおそらくほとんどとの人は「これで帰れる」って思ったかも。俺は、正直そう思ったな。体力もだいぶ回復した頃、俺と友達は帰り支度をするためにテントへ戻った。外に出ると、すっかり晴れていた。「今日、できるんじゃねえの!」と一応中止に対して納得いかない素振りも見せつつ、帰ることで頭は一杯だった。

テント内に溜まった水を捨てて、畳んだ。帰る前にちょっとでも天神山に来た思い出を作ろうと、場内を散策した。グッズ売場ではズボンズのTシャツを買った。レゴショップなんかもあったなぁ。今となってはフジロックの楽しみのひとつとなったワールドレストランだが、今思い出しても97年はどこにそれがあったのか分からない。結局俺が天神山で食したのは、カップラーメン一杯だった。カレーを食おうと思ったら、飯が炊けてないと言われて、しかたなくカップラーメンを食った。
誰もいないセカンドステージにも行った。誰もいないがゆえに、することはひとつ。俺はステージに登って、セカンドステージ一帯を見回した。

荷物を引きずって、いよいよ帰路についた。帰りのバスはけっこうスムーズに乗れた。帰りの電車も、同じく。電車で新宿に戻って、そこから山手線に乗り継いだのだが、俺らが座った横の席がいつまでも空いていた。というのは、そこに座った人がいても、すぐに席を立って移動してしまうのだ。なんでか?答えは、俺らが臭かったから。泥と雨が混じった異臭に、平常の生活を送る東京都民は耐えられなかったようだ。

福島までは、ひたすら鈍行で帰った。家に到着したのは、夜9時頃だった。当時俺は姉ちゃんと同居していたが、姉ちゃんには月曜日に帰ると言っていたので、日曜の夜に帰ってきた俺にビックリしていた。それよりなにより、とにかく臭いと、しばらくはそれしか言わなかった。

フジロックから帰ってきて、しばらくはトラウマとなっていた。中止という結果に至ったのは、もちろん台風のせいもあるし、会場の状態の悪さもあるし、スマッシュの仕切のせいもあるけど、俺がその現場で数々見てきた罵倒や非難など、殺伐とした状況を思い出すにつけ、俺らにも反省すべきところはあるはずだと。そんなことばっかり考えていた。来年はあるのだろうか?無くても仕方ないけど、こんなことでフェスティバルを潰すのも勿体ない。そんなことが頭を駆けめぐっていた。

悶々としたもので一杯だった俺を、スコーン!と突き抜けさせてくれたのは、BUZZ誌の表紙で笑顔を振りまくレイジの面々だった。あの殺伐とした場内で、少なくともここには笑顔があった。それを見た瞬間に、ああ、なんだかんだで楽しかったなあと、思い出に変わった。その後1年間、いや、いまだに、このときの経験は初めて会う音楽好きへの良いツカミの話題となっている。

After receiving the report from her staff, Anko senses that Orochimaru has snuck into the examination. Anko begins to pursue Orochimaru, but even with her special jonin skills, she is unable to stop the intruder. Despite being battle weary and trembling with fear, Sakura tries to stop the enemy with her remaining power. At that moment, the self-proclaimed Leaf Village’s “Handsome Devil” Rock Lee comes to the rescue!

Bushy Brow’s Pledge: Undying Love and Protection!
Naruto
Season:
Genre: Action & Adventure
Price: $1.99
Publish Date: August 18, 2008

Naruto is an anime series based on the manga series of the same name by Masashi Kishimoto. The series was directed by Hayato Date and produced by Studio Pierrot and TV Tokyo. The episodes have been released in North America by Viz Media. 135 episodes were based on the first twenty-seven volumes of the manga, while the remaining 85 episodes are exclusive to the anime.

© 2002 MASASHI KISHIMOTO

Aerosmith is an American rock band, formed in Boston, Massachusetts in 1970. Guitarist Joe Perry and bassist Tom Hamilton, originally in a band together called the Jam Band, met up with singer Steven Tyler, drummer Joey Kramer, and guitarist Ray Tabano, and formed Aerosmith. In 1971, Tabano was replaced by Brad Whitford, and the band began developing a following in Boston.

I Dont Want to Miss a Thing
Aerosmith
Genre: Soundtrack
Collection:
Price: $1.29
Publish Date: June 23, 1998
Preview:
If you cannot see the audio controls, listen/download the audio file here

℗ 1975, 1978, 1998 Sony Music Entertainment Inc., 1994, 1998 Sony Music Entert

Donald McKinley Glover (born September 25, 1983) is an American actor, writer, comedian, and musician. Glover first came to attention for his work with Derrick Comedy. He is best known for being a writer for 30 Rock, and for his role as college student Troy Barnes on the NBC comedy series Community. In 2011, Glover signed to Glassnote Records under the stage name Childish Gambino; his first studio album, Camp, was released on November 15, 2011.

3005
Childish Gambino
Genre: Hip-Hop/Rap
Collection:
Price: $1.29
Publish Date: December 10, 2013
Preview:
If you cannot see the audio controls, listen/download the audio file here

℗ 2013 Glassnote Entertainment Group LLC

Kicker Rock, Galapagos. Mosaico charters yachts, arranges cruises, and books the best hotels in The Galapagos. We’re experts at multigenerational trips to the islands. Mosaico Travel Services brings you the very best of travel in Central & South America. Like / Follow us for travel inspirations and destination information. We help you explore Latin America in style and with confidence. Discover and explore at http://bit.ly/1msc2Bg #mosaicotravel #luxurytravel #travel #traveler #vacationtravel #instagood #beautiful #bestoftheday #photooftheday #vacation #amazing #voyage #bestintravel #gotogether #wanderlust #afar #igtravel #mustvisit #mustsee #lifewelltraveled #justbackfrom #bucketlist #galapagos #galapagosyacht #galapagostravel by mosaicotravel from Isla de San Cristobal on February 10, 2016 at 06:34AM