Instant110

iPhone4S Instant110

短歌誌「未来」2014年3月号に発表した短歌です。
 
 
蝙蝠をもう何年も見てゐない気がする、これはちよつとまづいぞ
 
 
鞆の浦空き家バンクのサイトをね、じーつと見てたりするわけですよ
 
 
ヤドカリを飼ふのが趣味と聞いてから親近感のある沢野さん
 
 
すき焼きにカリフラワーを入れてごらん なぜそんな眼をきらきらさせて
 
 
真つ赤な嘘といつて耳まであかくしてバターコーヒーうまさうに飲む
 
 
みづいろに建物のかげを塗つてゐた 沖で火山が噴火してゐた
 
 
一日のはじまりが午後四時といふ友だちがぼくにくれた柿ピー 
 
 
「錆」といふ漢字の「円」のとこが好き まだ子どもだと思つてゐたら
 
 
芽キャベツの栽培マニアのあひだではそれと知られた人なんだつて
 
 
蠟梅のかをりほのかなバスの中かをりの主が降車してゆく
 
 

I feel like a world in which I had become very comfortable in is dying, or maybe molting it’s skin or pushing through its womb of mistakes a new, fertile beginning. I’d say I am stressed out or overwhelmed, but all I need to do is watch it die, and accept, with an open mind and heart, whatever fruitful gifts it brings. #Instant110 (Taken with Instagram)

Made with Instagram