372

年収800万ということは、賞与無しと見なしてざっくり12で割ると基本の月給が667,000円です。まあ話の流れ的になんとなく40歳未満独身だろうということで、健康保険と厚生年金を合わせて88,067円だとして、毎月立替金が46,000円(うち16,000円は交通費)あることにすると、会社としての費用負担は年間9,612,804円になります。 一方、年収400万も同様に計算すると、基本の月給が334,000円で、健保と年金あわせて46,654円、立替金(交通費含む)は同じとしたら、会社としての費用負担は年間5,119,848円です。

ほかにも退職金の積立とか賞与が有るなら引当金を計上したり云々かんぬんを足していくと、もっと費用はかかりますし、まあようするに、年収800万1名に対して年収400万2名を雇うことはできません。

基本の月給を310,000円だとすれば、会社の費用負担は年間4,798,920円となりますので、これなら2名いても年収800万の人にかかる費用負担の中に収まる計算となります。

ということで、「年収800万1名 vs 年収372万2名」というのが正しいデス!