1279

Scars in Visions

Characters: Dean x Reader

Words: 1279

Summary: The reader, with Dean’s support, tells Harry, Ron, and Hermione about her visions.

Part 33 in the Magic Series (Harry Potter AU).  Read Part 8 here, Part 9 here,Part 10 here, Part 11 here, Part 12 here, Part 13 here, Part 14 here, Part 15 here,Part 16 here, Part 17 here, Part 18 here, Part 19 here, Part 20 here, Part 21 here, Part 22 here, Part 23 here, Part 24 here, Part 25 here, Part 26 here, Part 27 here, Part 28 here, Part 29 here,Part 30 herePart 31 here, and Part 32 here.

I am so so glad you all are loving this series. :) I have a lot planned! Anyways, enjoy!

Keep reading

alone in the night of the city
with the electrified noise of lonely footsteps
expanding into the hollow emptiness -
there are shadows behind us
waiting to be found,
there are seeds waiting to be planted
in our frozen ground,
there is a hope somewhere
in that empty sound.
—  Michael Lottner (@michaellottner on twitter

鎌倉幕府は第2回目の侵略にそなえて九州全土と安芸(あき=今の広島県)の御家人に対して「異国征伐」(いこくせいばつ)の準備を命じ,征伐に加われない御家人には博多に集まり「防塁」(ぼうるい)を築くことを命じました.これが今日博多湾に残る「蒙古防塁」(もうこぼうるい)とか「石塁」(せきるい)よ呼ばれるものです.

[…]

防塁は高さ約2メートル,底辺の厚さは約3メートル.海側が切り立ち陸側にはなだらかな斜面をつけ,敵に襲われにくく,守りやすい形に作られていました.御家人らに割り当てられた分担は,持っている領地の水田約10アールにつき約3センチ,約1ヘクタールにつき約30センチと決められていました.[…]

弘安の役が前回とちがうところは.海岸線に防塁が築かれていたこと.そして関東からも御家人が到着していたことなどです.日本の武士は夜になると敵船に乗りこんで火をつけたり,敵兵の首を取るなどゲリラ戦を行ったと伝えられています.

— 

弘安の役とその後

「神風」ばっかりが印象に残ってるけど、本来教えるべきは「防塁」(再現性のある、学習にもとづいた“備え”)じゃないの?と思うなど