藝術

スタジオジブリ・レイアウト展

やっと行ってきました。素敵でした!あくまで「レイアウト」なんだけど、それがまた素敵!と思わせてしまうのがジブリなのですね。友達と、こんな風に描けたらいいのに!と言いながら見てきました。

flickr

京都漫步 by stanley yuu
Via Flickr:
my instagram

今からする話は、2045年に到来すると言われている

【技術的特異点】

シンギュラリティというものについての話。
技術的特異点
技術的特異点(ぎじゅつてきとくいてん、Technological Singularity)とは、未来研究において、正確かつ信頼できる、人類の技術開発の歴史から推測され得る未来モデルの限界点を指す。
技術的特異点は、「強い人工知能」や人間の知能増幅が可能となったとき出現する。フューチャリストらによれば、特異点の後では科学技術の進歩を支配するのは人類ではなく強い人工知能やポストヒューマンであり、従ってこれまでの人類の傾向に基づいた人類技術の進歩予測は通用しなくなると考えられている。
この概念は、数学者ヴァーナー・ヴィンジと発明者でフューチャリストのレイ・カーツワイルにより初めて提示された。彼らは、意識を解放することで人類の科学技術の進展が生物学的限界を超えて加速すると予言した。意識の解放を実現する方法は、人間の脳を直接コンピュータネットワークに接続し計算能力を高めることだけに限らない。それ以前に、ポストヒューマンやAI(人工知能)の形成する文化が現生人類には理解できないものへと加速度的に変貌していくのである。カーツワイルはこの加速度的変貌がムーアの法則に代表される技術革新の指数関数的傾向に従うと考え、収穫加速の法則(Law of Accelerating Returns)と呼んだ。
特異点を肯定的に捉えその実現のために活動する人々がいる一方、特異点は危険で好ましくなくあってはならないと考える人々もいる。実際に特異点を発生させる方法や、特異点の影響、人類を危険な方向へ導くような特異点をどう避けるかなどが議論されている。

Wikipedia:技術的特異点


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 20:57:35.78 ID:22emLaFo0.net
まずこれが地球の歴史における主要なパラダイムシフト

3,700,000,000年前
生命の誕生

1,300,000,000年前
真核細胞、多細胞生物

550,000,000年前
カンブリア大爆発(身体設計の多様化)

330,000,000年前
爬虫類の誕生

200,000,000年前
哺乳類の誕生

80,000,000年前
霊長類の誕生

30,000,0(0年前
ヒト上科の誕生

7,000,000年前
ヒト科の誕生

6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 20:59:24.36 ID:22emLaFo0.net
3,900,000年前
ヒトの先祖が二足歩行

1,800,000年前
ホモ・エレクトスが特化された石器を発明

1,000,000年前
話し言葉の発明

300,000年前
ホモ・サピエンスの誕生

7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:00:25.04 ID:22emLaFo0.net
25,000年前
絵画、初期の都市

10,000年前
農業の発明

5,000年前
文字・車輪の発明

2,510年前
都市国家の発生

550年前
印刷・実験的手法の発明

225年前
産業革命

130年前
電話・電気・ラジオの発明

65年前
コンピューターの発明

27年前
パーソナル・コンピュータの普及

8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:01:46.86 ID:22emLaFo0.net
このように、人類の知能は爆発的な速度で指数的に進化してるのが分かる
次に起こるのが2045年問題、シンギュラリティだと言われている

世界中の物理学者や宇宙学者、未来学者は
2045年前後で、全人類の知能がコンピューターに勝てなくなると予想している

今から28年後だ

flickr

京都漫步 by stanley yuu
Via Flickr:
my instagram