泣き顔

2

今日の横浜は、
カメラを持った方が
とっても多かった気がします。
パシフィコでCP+開催だし
横浜美術館は全館写真展示だし。

そんな時に限って私はスマホだけ…
しかもレンズ汚れてるし(^_^;;
.
PHOTO YOKOHAMA is being held now.
Many people are walking with a camera, especially in Minatomirai area.
.
(2/26/2017)

2

埼玉県ときがわ町の「のラビたん」。

“ ふれあいの里たまがわマスコットキャラクター
顔は青なす、耳はのらぼう菜を素材とした、ウサギ型のキャラクター “(町のサイトより) だとか。

“Norabi-tan” Tokigawa town, Saitama prefecture, Japan.

タライマイワシ
 なかなか目的地にたどり着けないマイワシ。オヤクショシゴトドリ、カスタマーサービスカッチャなど、色々ないきものに行く手を阻まれている。特に問題になっているのは、産卵の直前、あるいは瀕死の状態にあるタライマイワシが放置されることが多いということである。これらの個体は、健康の回復が著しく遅れるだけではなく、最悪の場合、到着する前に死んでしまう。
 傷を舐める、グルーミングや掃除魚による処置、出産の補助など、他のいきものの生命活動を助けることで、その見返りとしてエサを得るいきものは数多く存在する。よって、怪我を負ったり、病気にかかったりしたいきものは、同じ生態系に所属する、治療行為に従事するいきものの下を尋ねることになる。かろうじて健康で、運動ができる状態であれば、自らの足で訪問することができるが、事故によって怪我をしたり、突発的に不調が現れた場合には、それは叶わない。よって、別のいきものに連れて行ってもらう形になるが、この運ばれて来たいきものを受け入れるかどうかは、治療を行ういきものが決定する。拒否された場合、別のいきものの巣を訪れなければならず、受け入れ先が見つかるまではそのまま待機することになる。
 そして、多くのタライマイワシは、治療を行ういきものに出会うことはできない。死にそうになりながら巣に運ばれても、処置できるいきものがいない、巣の中に入り切らない、治療できるだけの物資がないなどの理由で、門前払いされてしまう。どのいきものの下を尋ねても受け入れては貰えず、別の生態系を訪れても結果は同じである。そして、かなりの個体が運搬の最中に死んでしまう。
 タライマイワシの死は、治療を行ういきものたちの怠慢によって生じたものだという声が上がりがちだが、必ずしもそうであるとは言えない。そもそも、それらのいきものは数が少なく、慢性的に不足状態にあるからである。また、巣や薬草などの必要な物資の蓄えも決して多くはない。多くの事例は、能力的にやむを得ない受け入れ拒否によって発生したものであり、問題の根本は生態系の構造そのものにあると言える。実際、このような受け入れ拒否が起こらない生態系も存在するという。
 それでは、タライマイワシが死に至った責任は、結局どこへ運ばれるのか。無論、色々ないきものに押し付けられたあげく、うやむやなままどこかへ行ってしまうのである。問題は解決も解消もされないままで、死体も土へと還り、家族の中の思い出もやがて消える。
 もしかしたら、生命というもの自体が、地球によって物質がたらい回しにされて生じる、単なる一段階に過ぎないのかもしれない。

Sent Saroundine
 Sent Saroundine is sardines that can not reach the destination easily. They are blocked their way by various CREATURES such as Lyredtapebirds and Customer Serviscachas. Especially problematic is that Sent Saroundines that are in the moribund state or that just before egg laying are often left. These individuals are not only delayed significantly in health recovery, but in the worst case they die before arrival.
 There are a lot of CREATURES that get feed as a return for helping biological activities of other CREATURES, such as licking scars, treating with grooming or cleaning fish, assisting for childbirth, and so on. Hence, CREATURES that are injured or sick will look for the CREATURES that are engaged in therapeutic action belonging to the same ecosystem. If they are barely healthy and able to do action, they can visit with their own feet, but if they get hurt by accident or suddenly fall ill, that will not come true. Therefore, they will be taken by another CREATURES, but whether or not to accept the carried CREATURES is determined by the CREATURES that do a treatment. If they are rejected, they have to visit another CREATURES’ nests, and they will wait that it is until they find a place of acceptance. If they are rejected, they have to visit another CREATURES’ nests, and they will wait as they are until they find a place of acceptance.
 And many Sent Saroundines can not encounter creatures to treat. Even if they are brought to the nest while dying nearly, they are turned away at the door for reasons such as no creatures to treat, no vacancy in the nest, no supplies to treat, and so on. They can not be accepted by whatever creatures they arrive, then the result is the same even if they visit another ecosystem. And quite a few individuals die during transportation.
 Sent Saroundines death is often thought to be caused by the negligence of CREATURES that do the treatment, but it is not necessarily true. In the first place, these CREATURES are few in number and there are chronically deficient. Also, there is not much stock of necessary supplies such as nests and medicinal herbs. Many cases occurred due to unavoidable refusal of acceptance, and the root of the problem lies in the structure itself of the ecosystem. In fact, there are ecosystems in which such acceptance refusal does not occur.
 So where is the responsibility for the death of the Sent Saroundines to be brought to the end? Of course, after being passed by various CREATURES’s hands, it goes somewhere wile it is unsettled. The problem is not resolved nor dissolved, the corpse also returns to the soil, and memories within the family will disappear in due time.
 Perhaps, life itself is just a single step that occurs as matters are sent around by the earth.

2

鯛焼き / Taiyaki


Freshly made fish-shaped waffles that are soft and fluffy, yet have a crispy exterior.

The golden and light pink-colored taiyaki were filled with sweetened adzuki bean/red bean paste. The batter for the other taiyaki was flavored with cherry blossom essence (along with plenty of hot pink food coloring) and filled with sweetened shiro-an/white bean paste mixed with ShiZen Tea’s ’Sakura Komachi’ matcha.

Beverage: Den’s Tea ’Houjicha Gold’. Unsweetened.

超80話感想

今日の孫くんはセルの時の孫くんが蘇ったような感じでした😭
あの頃の孫くんはよくクズって言われるけどめちゃくちゃクールで、でも完璧じゃなくて息子の成長を喜んでて、父性が味わえる場面満載なので大好きです。頑張った息子を褒める所なんかやっぱり感動するし、父親なんだなぁって再確認出来てホッコリ☺️💕
悟飯ちゃんもカッコいい〜♡わたしてっきりアルティメッてるのかと思ってて超化したからもう見れないのかなって思ったけど…本戦で見れますかね😶??またウスノロって言って欲しいぃ〜✨✨
来週孫くん小さく(相手が大きく?)なってたから萌えどころいっぱいありそう😆💕💕