星座の女 化粧坂

前に描いた山羊座のイメージのキャラクターです。12星座は動物や道具モチーフでかわいいのですが、何より神秘的なところに特に惹かれるんだなぁという認識が深まりました…!次に描く時はもう少し違った山羊座さんも考えてみたいです。

「仕事の報酬は、成長である」  その世界を見失わないことが大切です。  なぜならば、「人間としての成長」とは、  決して失われることのない報酬だからです。  たとえば、仕事の報酬としての「給料」や「地位」は、  給料を使い、地位から退けば、その報酬は失われてしまいます。  また、身につけた職業人としての「能力」も、  時とともに腕が落ちることもあるでしょう。  新しい技術の出現によって陳腐化してしまうこともあるでしょう。
利口さ(smart)と賢さ(wise)の違いは、一晩にもう二時間多く眠るかどうかなのです
2

CHINESE MYTHOLOGY: 牛郎織女 (The Weaver Girl and the Cowherd)

The Weaver Girl and the Cowherd is an old legend, one of the most famous folktales in Chinese culture. It is the love story between Niulang (牛郎), the Cowherd, symbolized by the star Altair, and Zhinü (織女), the Weaver Girl, symbolized by the star Vega. Their love was forbidden, for Niulang is a mere mortal, and Zhinü is the fairy responsible for weaving colorful clouds for the sky. They were forcibly separated by Xi Wangmu (西王母), the Queen Mother of the West, with the Celestial River (銀河), known as the Milky Way in English. Mortals cannot cross the Celestial River, so Niuland remained on the other side, weeping and calling out for Zhinü. Eventually, Xi Wangmu was moved by their genuine love and allowed them to meet once a year.

So, every year, on the seventh day of the seventh moon, magpies would form a bridge across the Celestial River. Niuland and Zhinü would reunite once more. This day is celebrated as the Qixi (七夕) Festival, the Chinese equivalent of Valentine’s Day.