山口智史

Drummer Yamaguchi Satoshi will be Taking a Break for an Indefinite Amount of Time

Yamaguchi was diagnosed with a neurological condition in 2009. This condition causes stiffness of muscles, and many, many times when the muscles can’t be moved at all. Since the diagnoses, he has been doing a constant cycle of physical therapy/rehabilitation/worsening of the condition, etc, and it has been determined that it can’t go on any longer, due to the constant repetitiveness of motion that is required when playing drums. He will be stepping away from playing with the band.

As for the upcoming tours, RADWIMPS is currently looking for another drummer. However, if they cannot find one, then the tours will be cancelled. They are auditioning drummers because they feel they owe it to their fans, both those with tickets to the tours and everyone who has ever supported them. The band says they have a ‘social responsibility’ for this.

Let’s hope that Yamaguchi can get some rest and time to heal, and that he can relax with family and friends. Let’s also continue to support the band in this difficult time.

radwimps.jp
RADWIMPS、ドラム山口智史が無期限休養へ - 邦楽ニュース

「 いつもRADWIMPSを応援していただきありがとうございます。
 本日は、大事なお知らせがございます。

 ドラムの山口智史が、持病の悪化により活動を控え、休養に入ることになりました。自分の思うようにドラムを叩けなくなったことが原因です。
 2009年のイルトコロニーTOURのライブ中、バスドラムを鳴らす右足が、本人の意思とは異なり、動かせなくなる瞬間がありました。のちに判明しますが、これはフォーカル・ジストニアと呼ばれる神経性の症状で、鍛錬を要する職業の方が稀に発症するものです。フォーカルは局所、ジストニアは身体のこわばりや緊張と言う意味を持っています。
 音楽家は、時に複雑な動作をハイスピードで繰り返すことを要求される、繊細な職業です。極度に集中したトレーニングを長期間続けた結果、楽器を前にすると脳がストレスや緊張で過敏に反応してしまい、エラーを引き起こすのが原因ではないかと考えられています。
 山口はリハビリを続け、回復や悪化を繰り返しながら、今までツアーやレコーディングをおこなってきました。

 しかしこの夏、症状は突然悪化し、「もうステージには立てない」と申し出がありました。それを受けて、「ライブ中にドラムが止まっても、自分達は演奏を止めない。安心して叩いて欲しい」という言葉をかけ続けました。実際、過去のライブ中にバスドラムが途切れた時、メンバー全員がドラムセットに駆け寄り、「大丈夫!」と山口に笑顔を向けたことも何度もありました。

 それでも山口は、心身ともに限界を迎えており脱退を希望しましたが、よく話し合った結果、無期限の休養として籍を残すこととなりました。

 RADWIMPSは今年、メジャーデビュー10周年を迎えます。ここまで支えてくれたファンの皆さんに喜んでもらおうと、昨年よりいろいろな計画をしてきました。既に発表しているツアーも、たくさんの人が楽しみにしてくれています。
 それを今ここで、全て放り出すわけにはいかない。自分達の歴史を、ファンと歩んだ時間を、今突然閉じるわけにはいかない。
 プロのミュージシャンとしての、社会的責任もあります。
 そうして、残った全員で前に進もうと決めました。

 ライブを実現させるために、山口と共にサポートドラマーを探し始めます。
 同時に、「良いドラマーが見つからなかったら、全てのリスクを引き受ける覚悟で、ツアーはキャンセルする」という決断もします。山口がいないライブをするのであれば、ベストな状態で観客の前に立つ必要がありました。
 昼夜を問わないオーディションが繰り返され、幸い良いサポートドラマーとの出会いがありました。ドラマー選考に関わって頂いた全ての方々に御礼申し上げます。山口は今、細かいフレーズやニュアンスを新たなドラマーに伝え、RADWIMPSの音楽をライブで再現、発展させるために自分の責任を果たそうとしています。

 RADWIMPSを愛してくれている人にとって、すぐに受け入れることは難しいかもしれません。納得いくものではないかもしれません。それでもファンと音楽に誠実に、RADWIMPSだからできる表現を続けていきます。
 山口の演奏を楽しみにしていた皆様、11月のツアーのゲストアクトの皆様、このような事態となり大変申し訳ありません。彼もRADWIMPSの一員として、ファンと音楽に対して、常に誠実でいようとしていたことをどうかご理解ください。

 10年前の11月23日、RADWIMPSはメジャーデビューしました。
 感謝をお届けするべく、今も準備を続けています。
 夏フェス出演、初めてのヨーロッパライブを含む海外ツアー、ゲストバンドを迎えての国内ツアー、それ以降も発表になっていない計画もあります。
 全力でお届けする所存です。
 さらなる応援を、よろしくお願い致します。 」

;_____;  山口さん、 ゆっくり休んでください!

3

RADWIMPSドラム山口智史
復帰できるかも分からないけれど、いつまでも待っています。
何があってもRADWIMPSが一番です。
唯一無二のバンドです。
どうかどうか、無理はしないで、ゆっくりでも、1日でも早い回復を祈っています。

instagram

#howRADareyou? #山口智史 #radwimps