えみる

うまくいかないことがあったとき、他人のせいにするのをやめてみるといい。うまくいかないことがあったときこそ、自分を強くするチャンスなのだ。失敗と挫折のストレスに耐えることが、その人を強くする。寂しいからといって、すぐに他人で紛らわすのをやめてみるといい。孤独に耐える力が、その人を強くする。何か欲求不満が生じたとき、それをすぐに解消しようとするのをやめてみるといい。その人は、そう決断できた自分の力を手に入れて、みるみる自分が変わっていくことを実感するはずだ。
本当につらい人は、つらいよなどと口に出さないものなのです。つらい、つらいとつらがっている人は、本当は、それほどつらい人ではないのです。とことんつらい人は、つらいというレベルを突き抜けて、さわやかな顔をして、ニコニコ笑っているものなのです。(中谷彰宏)

— ブレイクスルーな言葉 (@breakthrough_jp) from Twitter: http://twitter.com/breakthrough_jp
—————————————
Edited by 空心 web: http://cooshin.com / facebook: http://facebook.com/cooshin

「頑張ればできる。できないのは頑張ってないからだ」と考えて、「いつかできるようになる」という可能性にすがって生きるのは、実は結構快適なのだ。
考えても考えても正解に辿り着けないのは、仕事に対する考え方がブレているからです。「量で成果を出そう」と考えていたり、「言われたことをこなせばいい」といった考え方をしている限り、コンピテンシーを十分に発揮することはできません。
4

好きで好きでたまらないのに、
好きのままでいればいるほど
苦しんで傷ついて何度も涙を流すのと

なんとなく好きかなくらいで
特に苦しいことも傷つくこともなく
泣かずに安心して笑っていられるのと

どっちが幸せかって。

そんなことを何度も何度も繰り返し考える。


前者は、世界一幸せなんじゃないかと感じる日もあれば、世界一不幸だと感じる日もある。
後者は、傍から見ると幸せだけど自分の本心はそうでもなくて、自分も相手も騙してるみたいできっともやもやし続ける。

でもどちらも私には耐えられなくて、進むべき道が分からなくて途方に暮れる。
間を取るカタチもあるんだろうけど、私の人生はもうそんな選択肢など用意されていない気がしてならない。