夢幻湖

気象予報士になる前はファミリーレストランに9年間勤めていた。食材発注の責任者を務めるほどのキャリアだったが、海岸沿いのいわゆるリゾート型店舗であったため、天候によって客の入りが極端に上下していたという。そのため、事前に天気を予測して食材を過不足なく発注する必要性に駆られたことが予報士を目指すきっかけになった