Cronache di un sabato sera.

Prima sono andata al cinema con il mio fratellastro a vedere un film di merda. Nemmeno mi ricordo il titolo ma c’era tanta confusione, tizi che correvano e mostri. Poi abbiamo fatto la spesa e cucinato le crêpes, io ne ho mangiate tre salate e due dolci e adesso non riesco a muovermi e ho la pancia così gonfia che potrei essere incinta di tre gemelli. Ho bevuto anche tanta birra, troppa per i miei standard, e mi gira la testa, prima ridevo come una scema ricordandomi di un tizio pazzo che parlava da solo in metro lamentandosi di essere una donna nel corpo di un uomo e bestemmiando un po’. In effetti adesso non ci trovo niente da ridere, ma prima sì. Sono buttata su un letto desiderando che il cuscino a cui sono abbracciata prenda fattezze umane, virili possibilmente. Ma nulla di che, solo per essere abbracciata. Il mio fratellastro e mia sorella sono usciti dicendo che a casa fa troppo caldo, conoscendoli sono andati a bere. Volevano che andassi anche io ma ho già il pigiama e non ho la forza nemmeno di rotolare sul letto. Poi io non esco il sabato sera, è una regola di vita, ormai. Non mi sentirei me stessa se lo facessi. Pomeriggio pure pure, ma sera proprio no, troppo trasgre. Eppure un tempo uscivo ogni sabato sera, mi pare un’altra vita, un’altra me, non lo rimpiango per nulla quel periodo. Passavo la metà del tempo a sentirmi a disagio e l’altra metà ad annoiarmi. Però un cuscino umano lo vorrei, quello sì. Qualcuno che mi accarezzasse i capelli e mi dicesse cose dolci, sussurrandomele all’orecchio. In fondo mi accontenterei di molto poco.

Mi hanno chiesto il perché, in 23 anni, io non abbia ancora trovato uno straccio di fidanzato.
No, aspettate.
La domanda corretta è:

"Perché non ti sei mai innamorata?"

Io vivo di idealizzazioni, santo cielo!
Di immagini di uomini virili, con cervelli sanguinanti nelle mani (la virilità è d’obbligo)…e…e…cavolo!
Fino adesso, nessuno si è mai presentato sotto casa mia, con un mazzo di taralli in mano!
Nessuno mi ha mai dedicato le canzoni più tristi di Zio Fabrizio, Zio Claudio e Zio Roberto (le esigo contemporaneamente)!
E, soprattutto, nessuno ha mantenuto i livelli di dopamina eccessivamente alti, nel mio accumbens, per un periodo di tempo prolungato!
Che devo fare?
Sarò sommersa da review per i prossimi 25 anni: come potrebbe, una persona di buon senso, sopportare la mia stanza invasa da fogli?
La mia meteoantipatia (come adoro definirla) e la mia felicità altalenante?
Come potrei, io, sopportare qualcuno con gusti simili ai miei?
Sono una persona esasperante: voglio fuggire ad ovest di me, mica aggiungere un altro pezzo, da tenere sotto osservazione!

No, non sono innamorata.

Che poi, l’amore è un gran casino, non potrei tollerarlo.

O forse sono il classico tipo di persona che adora la compagnia, per assaporare meglio i periodi di completa solitudine.

Anche se, hanno scommesso che io figlierò prima di tutte (giustamente, al single l’arduo compito di aprire le danze).

E niente, sto delirando.
Forse dovrei fare qualcosa di più costruttivo.

5

<MEKURU vol.3>

鈴木親×染谷将太 styling/鈴木親

梅佳代×加瀬亮 styling/梶雄太

TOGA/TOGA VIRILISが着用されました。

Mercedes-Benz Fashion Week Tokyo S/S 2015 Day 6 (10/18/14) in review

                                              Day 6(10/18/14)

                                Mr. Gentleman RTW Spring 2015

image

                                        Toga Virilis RTW Spring 2015

image

               All photos and information appear courtesy of @womensweardailyand /tokyo-mbfashionweek.com. All opinions expressed are my own.My Own Sense of Fashion©

【MBFWT2015SS ハイライト6】VERSUS TOKYOレポート/ミスタージェントルマン、タロウホリウチ、トーガ ヴィリリース、ファイヤーワイヤー、シーイー

image

〈facetasm〉

2013年秋冬コレクション以来、3シーズンぶりに開催されたヴァーサストーキョー(VERSUS TOKYO)。第1回のヴァーサストーキョーに登場して以来、すっかりと東京ファッションウィークの顔となったファセッタズム、オープニングを飾ったミスタージェントルマン、MBFWT初参加となるトーガヴィリリース、デビューコレクションを発表したファイヤーワイヤー、紅一点となったレディースのタロウホリウチ、ヒカリエをクラブ化させたシーイーなどがコレクションを発表した。

ミスタージェントルマン(Mr.Gentleman)

 

image

image

夏のバケーションに世界の街から街へと旅するジェントルマンをイメージしコレクションを展開したMr.ジェントルマン。Tシャツルックがファーストルックに登場。Tシャツには赤いレザーポケットがあしらわれ日の丸のようにも見える。前半はライトブルーやサーモンピンク、ライラック等のパステルカラーを軸に展開。後半はイタリアのチンクエ•テッレのモチーフやダマスク柄が登場した。トレンチコートやテーラードジャケットといったトラッドアイテムが続く中、MA-1やコーチジャケット、ノースリーブのダブルレザーライダースやオールインワン、さらにはレディース素材とも思わせる透け素材のアイテムが目を惹いた。特徴的だったのはメッシュフード付きシャツやサスペンダーに付随したポーチ、さらにソックスにはラベルが施され、細部のディテールにも徹底したこだわりがうかがえた。

image

タロウホリウチ(Taro Horiuchi)

 

image

image

ステージの中心にはクリエイティブエージェンシー「シックス」の協力のもと作成したブラックキューブが異様な存在感を放ち設置されている。ショーの開始と共にキューブの内部に仕掛けられたネオンがキューブの隙間から外へと放たれる光景がフューチャリスティックな雰囲気を醸し出した。タロウホリウチ2015年春夏コレクションテーマは「AERO MODELLATER」。アントワープで活動するアーティストのパナマレンコの作品にインスパイアされたコレクションを発表した。フューチャリスティックな部分とアナログ的なものをコレクションにしたかったと語る今シーズンは、ピュアな女性像から鮮やかな女性像を発表した。その間にメタリック素材やパンチングを用いたオリジナル素材を用いてコレクションの幅を広げた。ショー中盤に登場した特徴的なモチーフは、アーティストのスケートシングス氏とのコラボレーションによって出来上がったオリジナルモチーフ。今回初のランウェイ形式の発表を行い、デザイナーの堀内氏は、「疲れました。予想できなかった事が沢山おきました。いまのところ今後もショー形式で発表はする気はありません。バーサストウキョウには、お客様を楽しませるフェス感覚ということで、継続的にというよりもイベント感覚として今回は参加しました。」とコメントした。

トーガ ヴィリリース(TOGA VIRILIS)

 

image

image

image

フォークロアテイストを軸に、インスタレーション形式で発表した。チェックのチェスターコートを筆頭に、ブルゾンやタックパンツをディテールやカラーでフォークロアテイストに表現した。毎シーズン発表している袖カーディガンや切り替えレザージャケットも。ディテールには鳥の刺繍モチーフやステッチ、ネイティブアメリカンモチーフのアクセサリーやシューズのストラップが施されている。さらに、今回のインスタレーションでは台湾出身のカナダ人オルタナティブバンドの「ダーティービーチズ(Dirty Beaches)」がゲストで登場。インスタレーション形式の会場が彼らの登場で突如としてLIVE会場へと変貌した。

 

image

ファイヤーワイヤー(PHIRE WIRE)

image

image

今回のショーでお披露目となったファイヤーワイヤー。元リボルバーのディレクターらが立ち上げた新ブランドだ。ショーのスタートと同時にスクリーンに映し出されたCG映像からスタート。全ルック、ネイビーとブラックの2色のみを使用し、スウェットプルオーバーやジップポケットパーカーなどのベーシックなアイテムを軸にコレクションを発表した。服から音楽を感じて欲しいということに重点を置いたという今回のコレクションでは音楽と映像にこだわった。スクリーンに映し出されていたCG映像は原宿ラフォーレのセレクトショップ「GR8」のアートディレクターも務めるロンドン在住のキム氏が手がけた。同ブランドの最新情報は今後インスタグラムやTwitterなどのSNSを通して発信される予定だそうだ。

◆ファセッタズム(FACETASM)

 

image

image

ショー開始時刻が午後10時にも関わらず、招待客でごった返す会場のヒカリエホールA。ファセッタズムはソフィアコッポラの映画のタイトルである「SOMEWHERE」をテーマに掲げ、コレクションを発表した。今シーズンは華やかな世界でのドレスアップからドレスダウンへの瞬間の美しさをファセッタズム流に表現している。無骨なバイカージャケットやビックシルエットパーカー、グラデーションのネルシャツなどはデザイナーの落合氏が好むハードコアカルチャーやスケートカルチャーからインスパイアされたアイテム。変形トレンチコーチやレザーアイテムに入れられたスリット、X字のようにトレンチコートのラペルを交差させたものやフェザーのバックディテールなど、他のブランドには無いオリジナリティを表現。シルエットだけでなくディテールにもこだわるクリエーションで今シーズンも我々を楽しませてくれた。

◆シーイー(C.E)

 

image

image

絶大な人気を誇るシーイー。深夜0:00に映像プレゼンテーションを行った。連日コレクションを発表したヒカリエホールは、ピンクやブルーのライトに照らされクラブと化した。入口ではドリンクやハーゲンダッツのアイスサンドなどが振舞われ、多くのゲストが高揚した面持ちで入場。DJブースが設けられた会場の正面に、映像を投射しプレゼンテーションがスタートした。高速道路を走る車から見える風景や駅に入る電車の様子を男性モデルがかぶる仮面に投射。疾走感ある映像の中で、2015年春夏のアイテムを紹介した。ショー終了後は、廊下、ホールAのホワイエなども開放しアフターパーティーが開かれた。

image

image

Edited by Takeru Yamanaka

Photo by Ko Tsuchiya、Nobuhiko Daimaru(C.E)

4

Bene, queste sono le mie lenti a contatto e…sembro un elfo?

Teoricamente dovrei usarle per fare Eren ma mi sembrano un po’ troppo dolci e poco…em…virili(???)…spero solo di essere decente al Romics (╯︵╰,)          

Text
Photo
Quote
Link
Chat
Audio
Video