ドミューンオフィシャルガイドブック02〜2012年の日本を発電させるカルチャーエネルギーベスト100!!!!!!!! [河出書房新社] BOOK

ライブストリーミング界の風雲児「DOMMUNE」による公式ガイドブック第2弾! 2011年のニッポンの文化を100のキーワードを通してDOMMUNE目線で総特集。

購入/BUY at DISC SHOP ZERO

12/18〜12/24の入荷一覧(1112-3)
tag 1112-3

表紙:ももいろクローバーZ/冨田勲
表紙デザイン:宇川直宏

【インタビュー】
ももいろクローバーZ@文化庁メディア芸術祭ドルトムント展2011
中沢新一
小室哲哉

【対談・鼎談】
■MAYURI(METAMORPHOSE)x宇川直宏(DOMMUNE)
■冨田勲×砂原良徳×テイ・トウワ×松山晋也
■高橋源一郎×しりあがり寿
■大友良英×和合亮一×浅野美紀×宇川直宏
■TwitNoNukes×素人の乱×NO NUKES MORE HEARTS×右から考える脱原発ネットワーク
その他音楽・文学・マンガ・アート・メディア・ファッションなどのジャンルから、未来の日本の新しい〈エネルギー〉を感じさせる、今もっとも体験しておくべき100の文化を徹底解説!

10

まったくもっていまさら感満載ですが、3月11日に日比谷公園デモ→国会包囲ヒューマンチェーンに行って来ました。写真も撮ったので掲載しておきます。

まず、自分は集会とかにあんまり参加する気はなかったので、ちょうどあの、黙祷の時間に渋谷駅を出発しました。デモの集合時間あたりに逆に国会議事堂を見て行こうというコースどり。さすがにもう警察のみなさんが警戒態勢だったなか、気楽に写真撮っていたら3人に囲まれ、数年ぶりの職務質問。しかも、「テロ行為などへの警戒も必要なので、警官の配置などは写真を撮らないでくれ、撮ったものは消してくれ。従わない場合は正式にいろいろめんどくさいことになるよ」と慇懃無礼に迫られたので、めんどくさいから「はい消しましたー」と退散。もともと大した写真撮れてなかったし。でもその後、議事堂の正門あたりまで1人が後ろにぴったりくっついてくるというgood cop bad copぶり。中学生(だったか高校生だったか)の頃に公安に職質されて質問返しした思い出が頭をよぎりましたが、今回の主目的はあくまでデモ参加なので平穏にスルー。

で、みなさんが集まっている日比谷公園にてくてく歩いて行きますと、まだまだたくさんの人が出発を待ってました。いい天気だなーと空を眺めながら最後尾についてゆるゆる出発。日本人だけじゃなくコーケイジャンな人たちが目立ってたのは面白い傾向ですな。

集団行動とか、人と歩調を合わせるのとか本当に苦手なんで、正直キツイんですけど歩きました。道すがら、本隊とずっと一緒に歩くわけじゃなく、ちょこちょこ先回りして変に共感を要求するような、ハイタッチ求めてくるような人とかアートぶった便乗パフォーマンスな人たちにいらいらいらいら、デモなんかして歩かなきゃいけないこの国の状況にイライラしながら、ずーっとイヤホンして、音楽聴いて、iPhoneとカメラで写真撮って。来てなかった人たちからも、instagramとかでlikeもらったりできたのは少しありがたかったし、1年前、あの地震が来た時のことを思い出しながら歩いた。2011年3月11日にはまだ六本木オフィスに編集部があって、CDがいっぱいつまった棚が倒れないようにみんなで支えたこと、家族と連絡が取れないからさっさと歩いて帰ることを決めたこと、帰る道すがらブーツがぶっ壊れて、応急処置して帰ったこと。家で暖房切って、毛布にくるまって仕事したあの、嘘みたいに現実感のなかった2週間ほど。その現実感のなさがいまだに続いている……というか、これこそ現実なのに。

原子力発電の危険性がこれだけ明らかになって、日本の過半数と言われる人たちが「もういらない」と考えているのに、国や企業は変わろうとしない。それに対して大半の人はなにも行動しない。まあ、昔から税金上げるとか選挙制度の改悪とかおかしいことがいっぱい進められてきたのに大半の人が知ろうすらしなかった国だもんね。

でも、そこに本気で怒りの声をあげてる人たちがいることが、twitter中心にはっきり伝わってきてる。自分がずーっといらいらしてたことを、本気で怒ってる人たちがいる。そういう、どちらかというと個人的な共感を元に、デモにも行って、311も歩いた。主にnina simoneとか、les mccannとか聴きながら。派手に声あげるのとか苦手だし、きちんといろんなことを調べ上げて報道するほどの時間、余裕もないけれど、できることからやってます。その1つとして、主に音楽の話だけ書いてるブログだけど、こちらにも長文書いてみてます。

自分は後世のことというか自分の周り以外のことはそんなに気にしてないんだけど、本当にみんなが幸せになれたらいいとシンプルに思ってる。だから、今日(325)もデモに行ってきました。これまでも投票もして意思表示もしてきたけど、潰されてばかり。だから、いまこそデモにも行きます。知り合いに政治の話をしてドン引きされたりし続けてきた人生(笑)だけど、改めてこういうブログも書きます。日本がマシな国になれるかどうか、みんなで動かす国になれるかどうか、その数少ない機会だと思うから。なので、ぜひデモ行きましょう。各地に広がってます。おかしいとこはおかしいよって、ちゃんと意思表示しましょう。「絆」とかいうパッと聴こえがいい言葉を利用して、綺麗な日本語を汚すようなやり方、本当にイラつくよ。

最後に、bmrブログっぽく(笑)、les mccannの“comment”という歌の歌詞を訳しておきます。

“if all men are truly brother
why can’t we love one another
love and peace from ocean to ocean
somebody please second my motion”

“if all men are born to be free
what about you
and what about me friend
a world full of hate
there’s nothing left
you enslave me
you’ll never rescue yourself”

「もしすべての人が兄弟だというなら
なぜお互いを愛することができない
愛と平和を、大洋から大洋へ
誰かお願いだ、私に続いてくれ」

「もしすべての人が自由になるために生まれたというなら
君はどうだ? 友よ、私は自由だろうか?
憎しみに満ちた世界
そこには何も残らない
私を奴隷にしておくなら
君は自分自身を救うこともできないだろう」

ニュアンスちょっと自信なし(笑)。しかも音源ストリーミング発見できず……。仕方ないので、itunesで聴いていただきたい!

この人、自分はそもそもエレピ・ネタとして触れたんですけど、いまじゃあ歌い手として大好きすぎる。アルバム“another beginning”“when it’s over”なんかも最高。聴いたことない方はアルバム“comment”と合わせてぜひ。 もちろん鍵盤奏者としての“layers”は究極の一枚のひとつですけどね。

追記:もしかすると知らない方もいるかもしれませんが、311に脱原発/反原発を求める人たちが日比谷に集まりデモ、1万4,000人ほどが国会を「人間の鎖」で囲み、ろうそくを灯してアピールしました。こういうこと、もしかして世の中に伝わってないかもしれないんだよね?

朝日新聞大阪版に載ったというヒューマンチェーンの空撮写真。街頭が明るくてわかりにくいかもしれないけど、国会を囲む道の外側の歩道に、2列ほどでろうそくの輪ができました。

 

@TwitNoNukes - デモいこ!〜声をあげれば世界が変わる 街を歩けば社会が見える [河出書房新社] BOOK
特典:「@sayonara_atom特製かわいいJUSTICEステッカー」

これまでデモや政治活動とは無縁だった人たちのためのデモ実践ガイドブック。「気軽に楽しく真剣に」をモットーにした、デモに行きたい人&デモをやりたい人必携の書。
デモ云々以前に、社会との関わり方のひとつとして、2011年3月11日以降を生きる我々にとって、一度は読んでおきたい本だと思います(松沢呉一さんの文章は特に)。値段も手頃だし、まずは読んで、とやかく言うのも、行動するもしないもそれからでイイじゃないですか?

購入/BUY at DISC SHOP ZERO

12/18〜12/24の入荷一覧(1112-3)
tag 1112-3

Text
Photo
Quote
Link
Chat
Audio
Video