shoutarou-ishinomori

004’s love story by ~jetlink777

the CD based on the episode 機械仕掛けの心臓(the heart of machinery?)

if it isn’t coined so roughly, though this CD is entitled “love story, ” it is the one-side and first love story of a girl who’s still in elementary(!) in earliest edition. (she was modified to highteen later.) otherwise, this is just a "lonely girl meets lonely guy" story.

i’d like to recommend it for the fans who loves caring albert.

原作ではラブストーリーというより寂しい子と寂しい青年の一夜(ナンニモナカッタヨ!w)ってだけな気もする。ところでこのお話のアルベルト「煙草はよせ」と言っていた気がしますが自分がたしなむ分にはいいんでしょうか。シルバーアクセ等のらしからぬ小道具も含め、かっこいいからもういいかw

生腕で時間軸はいつだよと思いましたが、ザンジバル編でヨミ編とは全然違う普通の身体だったのでこれまた突っ込むのも野暮か。

と思っていたら、最新作では右手のマシンガンが24ミリ弾という設定になっていたと聞いて。えええ(汗)

Toyoo Ashida (animator / penciler ) forever!

as far as i remember, even great Shoutarou Ishinomori didn’t paint his glove black, didn’t make him pull his glove off by mouth / teeth, didn’t make him put his scarf off. there were awesome arrange in 1979 version.

昭和版や機々怪々を覚えているとニヤニヤする要素の塊な絵ですが、ある意味この絵一枚で既にいろいろネタバレなんじゃないでしょうか。 

この題字だけでも往年のSFと恐怖物のごっちゃだった頃の紙一重なデザインにも見えます。かっこいいけど凄味があって怖い不思議。