Amazon.co.jpは、本日2014年9月19日より、Kindleコミックと雑誌の読書に最適な、ブラウザ専用アプリケーションKindle Cloud Readerの提供を開始いたしました。

Amazon.co.jpは2012年10月に日本でKindleストアをオープンして以来、「お客様が購入した本をいつでもどこでも楽しめる」ことを目標にしております。一度ご購入いただいたKindle本は、Amazonの電子書籍リーダーKindle Paperwhiteやタブレット端末Kindle Fireシリーズはもちろん、お客様が普段お使いのスマートフォンやタブレットなどでもお楽しみいただけるよう、各種端末に対応したKindle読書アプリのラインナップ拡充に注力して参りました。これまでにKindle読書アプリはiPhone、iPad、iPod touch、Android携帯とタブレットに対応しており、さらにSamsung端末では専用のKindle for Samsungがご利用いただけます。

そして本日、Amazon.co.jpは新たに、Kindle Cloud Readerの提供を開始いたしました。Kindle Cloud ReaderはKindleコミックと雑誌をコンピュータのブラウザ上でお楽しみいただくためのブラウザアプリケーションです。Kindle Cloud Readerはクラウドを使用しているので、ブラウザさえあればアプリのダウンロードやインストールをすることなく、いつでもPCやMac上での読書が可能です。またコンテンツをダウンロードできるため、インターネット接続のない環境でも、オフラインで読書をお楽しみいただけます。

Kindle Cloud Readerは、他のKindle読書アプリと同じく、どのページまで読み進めたかという読書の進捗情報をKindle端末やKindle読書アプリをお使いの各種端末間で同期させることができます。いつでもどの端末からでも、前回読み終えた箇所から読書を再開できます。

Kindle Cloud ReaderはInternet Explorer、Firefox、Safari、Chromeをサポートしており、こちらのURLからアクセスできます。http://www.amazon.co.jp/cloudreader

Kindle Cloud Readerの主な機能:
  • 83,000冊以上のKindleコミックおよび雑誌を、購入後すぐに読むことが可能。
  • コミック期間限定無料タイトルも、すぐに試し読み可能。
  • コミック・雑誌は見開きで表示。
  • 270万冊以上の洋書にも対応。
  • PC/Mac上にコンテンツをダウンロードすることで、インターネット接続の有無に関わらず読書が可能。
  • お手持ちのKindle書籍ライブラリ全体をブラウザ上に表示させることが可能。
  • Kindle Cloud Readerアプリのソフトウエアは自動的にアップデートされ、常に最新バージョンを利用可能。
  • Kindle端末とKindle読書アプリを利用している各種端末間で、読書の進捗状況が同期され、どの端末からでも前回読み進めたページから読書を再開することが可能。

アマゾン ジャパン株式会社のバイスプレジデントであり、Kindle事業本部長である玉木一郎は次のように述べています。「私たちが目指しているのは、お客様が一度ご購入いただいた本をいつでもどこでも読めるようにすることです。Kindle Cloud Readerの提供開始により、その目標に一歩近づけたことを大変嬉しく思います。Kindleのコミックや雑誌を楽しまれている数多くのお客様からは、既存のスマートフォンやタブレット端末だけでなく、PCやMacの大きな画面を使って見開きで読みたいというご要望を多くいただいていました。そのようなお客様の声に応え、今回はコミック・雑誌用に新たな機能を開発いたしました。ぜひKindle Cloud Readerを使って、コンピュータ画面での快適な読書をお楽しみください。」

Kindle Cloud Readerの対応ブラウザは、Google Chrome 20、Mozilla Firefox 10、Safari 5、Internet Explorer 10、iPad版Safari (iOS 5)以上となっております。Kindle Cloud Readerについて、詳細はこちらをご覧ください。http://www.amazon.co.jp/cloudreader
Text
Photo
Quote
Link
Chat
Audio
Video