iOS向けのPython用IDE「Python for iOS」バージョン1.5がリリースされる

11月19日、iOS向けのPython用IDE「Python 2.7 for iOS」および「Python 3.2 for iOS」がリリースされた。入力支援機能を持つスクリプトエディタやPythonドキュメントビューア、Pythonの対話的実行環境などを含む統合開発環境(IDE)で、iPhoneおよびiPadで動作する。

Python for iOSはPC向けゲームの開発で知られるBlizzard Entertainmentに所属する、Jonathan Hosmer氏が開発するiOS向けのPython統合開発環境。Pythonの対話的実行環境や入力支援機能を持つスクリプトエディタ、Pythonのドキュメントを閲覧できるドキュメントビューワといった機能を持つ。マルチペイン表示にも対応し、エディタでコードを表示しながら対話的実行環境でコードを実行する、といった操作が可能。Python 2.7.3ベースの「Python 2.7 for iOS」と、Python 3.2.3ベースの「Python 3.2 for iOS」という2種類がリリースされている。

Python for iOSバージョン1.5では、multiprocessingやfuture_builtins、ctypes、sqlite3といった、共有オブジェクトファイルを使用するモジュールに対応。そのほか、スクリプトエディタのバグ修正およびパフォーマンス向上、安定性の強化などが行われているという。

- Appleユーザーでもパイニスタでもないけれど、このIDEは使ってみたいな…。 (via sourceforge.jp)

Text
Photo
Quote
Link
Chat
Audio
Video