Watch on accioharo.tumblr.com

so cute I could die.

 日記的なやつ:久しぶりに大学時代にいた福岡の音楽を聞いている。当時よく親不孝通りあたりのライブハウスをウロウロしてた。こういう言い方がいいのかわからないが良い意味で王道でないモノに色々触れることで、こういうのもアリなんだ、っていう自分の中でのストライクゾーンを広げられたように思う。もちろん音楽だけじゃなくて当時集めてた漫画とか映画とかもそうだけど。とりわけ音楽においてはいかに聞きにくいモノ(ノイズ音楽とか現代音楽とかエレクトロニカとかスカム系なやつとか)をたくさん聞いて自分の耳を鍛えられるか、的なスタンスだった。俺っちこんな妙なやつも良いって思えるぜ!っていう変な見栄もあったけど世の中に絶対的なNGなんてない、という前提でモノを見れるようになったのは良かったと思う。その分いろいろ面倒な性格になっていったが。

最近はずいぶん聞く音楽も大人しくなったけどあくまでもフラットな視点から選んだものを聞いてるんだと思いたい。演奏が上手いとか下手とかじゃなくもっと根っ子の何かを感じながらね。いまさらこんなこと言うのもアレだけどやっぱ上手いだけ、って感じられるものは残念だな。やってる方は一定の評価得て満足かもしれんけどやっぱ心が動くのはそういうのじゃないところなんよね。見る方、聞く方も「上手い」っていう感想を抱くようなものはその程度なんだと自覚して評価を見直すべし。すごく表面的でかわいそうな上っ面の褒め言葉だ。

で、何が言いたいかと言うとそんな福岡つながりでいろいろYoutubeとか辿ってるうちに出会った動画にウットリしたというお話です。だいぶ飛んだけど。  https://www.youtube.com/watch?v=cc2ZgNq4fa4  こういうアマチュアがやってる未完成なものの方が魅力って出るよね。テクニックで覆われてない何かが。特にこの動画はシチュエーションがまたいいんだな。あえて端っこでやってたりね。背景は知らんけど。最近またNHKのど自慢を見るようになったんだけどアレも同じ臭いがしていいよね。なんとなく楽しそうにキャッキャやってるのはどうでもいいんだけど1回の放送でだいたい1組は含まれる強い世界持った人、ああいうのもっと見たい。

ああ、知らない地方都市のシャンソン大会とかで知らないオバちゃんがスポットライト浴びて歌ってるところ見たい。知らない人の人生が静かに輝くところ見たい。…というところから脱線して久しぶりにDaniel Johnstonとかも聞いている。彼は充分脚光浴びてるけどいつまでもマイウェイでいいよね。何十年青春やってんだよ。うらやましいな。映画化したやつまだ観てないや。  https://www.youtube.com/watch?v=YpKz-igyTU0

写真は例のごとく話と関係ないです。近所の商店街のたこ焼き屋かなんかの壁。がんばれこのタコ!

Text
Photo
Quote
Link
Chat
Audio
Video