4

Iwakisan  1625 m

岩木山は津軽地方のランドマーク的存在で、津軽のイメージシンボルです。弘前市、鰺ヶ沢町にまたがる県内では一番高い山です。

古書「合浦奇説」には「岩木山は当国の総鎮守にして東奧無双の名山なり。麓より峰に至りて百五十余町峡裾の周囲四十一里、一山の形勢巍然として千巌競ひ秀で叢林鬱茂して白雲常山腰を繞り、世に奥富士または津軽不二と云う。」という記述があります。

標高が1,625mで全国レベルでは低い山であり、別称を津軽富士といいます。また、ランクBに分類されている活火山で、このランクは「富士山」と同じです。

かつて三条実美が「陸奥の国のしずめの岩木山うごかぬすがた見るがたのしさ」と詠んでいるように、高さはありませんが長い裾野を広げたその姿は富士山に似た円錐形で、平野に気高く君臨する独立・孤峰です。そして、その質的美観から尊厳を周りに住む者たちに深く印象づけるものとなっています。遠目には独立峰ですが、西、南端で白神山地と接して回廊的につながっているとしてもいいでしょう。ところが、見る方向ではその山容は大きく変わります。

それは岩木山が火山であり、その基盤が西と南側では数千年前、東と北側では百万年から数千年前(縄文時代の早期)という地層の違いと爆裂火口が多数存在していることによるのです。一番大きな赤倉火口は長径600mの馬蹄形、深さは100mもあります。それらは開析谷を形成し、12の大きな沢を発達させ谷頭を絶壁としながら、日本海に、あるものは岩木川や中村川等に注いでいます。鳥の海噴火口後や溶岩ドームは約3000年前のもので、山頂部がその中央火口丘です。山麓には百沢、三本柳、嶽とその温泉地があります。このような開析谷の発達によって、岩木山には貧弱な高層湿原が北面に一カ所しかありません。高層湿原のないことが八甲田山との大きな違いで、これによって植物相にも違いがあります。

岩木山は、火山本体が成長するにつれてその山腹に噴出した寄生火山を多く持っています。地図で「…森、または…森山」と称されているものです。この寄生火山の列の配置により、見事な円錐形のはずの津軽富士・岩木山も実は歪んだ円錐形なのです。寄生火山の多くが岩木山の西側に偏在していることによって東南の方角からの岩木山はコニーデ形の秀麗さを見せるのです。

@fotor_apps #Fotor
昨日は初の夏山へ。岩木山の八合目からですけどww
バックパックは冬用。靴はダナー。あり合わせだから揃えたい…。
とりあえず楽しかったので、夏山も始めたい。
Photo by mika
#iwakisan

朝六時には霞んでた山が、裾まで見えるようになりました。今日は娘が遠足で百沢から嶽まで歩くので、天気が崩れませんように。 #iwakisan #hirosaki (Instagramで撮影)

Text
Photo
Quote
Link
Chat
Audio
Video