Project Poptart - No more downloading. Listen to your music instantly
What is Project Poptart?

  A few months ago I released Netflix Roulette and it was met with overwhelming positive results, I wanted to do something with music after its release; even going as far as to buy Tuneroulettes domain. But that one off project has become this. 

 Project Poptart is a multi-platform application I’ve been building over the last month on and off. The original purpose of the application was to give users quick access to current music that was popular, and to prevent the need of tedious soul searching to find something decent too listen to. Poptart remains true to its intention through its design 

The end goal of Project Poptart is to deliver the ability to import your playlist from various sources such as Vimeo, Soundcloud, Groove shark and more, and too prevent the need of going to multiple sites to watch what you love.

Beta 1.0

For the initial beta release the application will only support YouTube, local playlist, and other sites will be supported by at least version 1.3. The main purpose of starting with YouTube is that it’s core player,the interface of Poptart and given media providers is ever-changing, and requires repeated tested. The core spot light features for 1.0 are as follows

  • Import YouTube playlist
  • Build playlist based on single links
  • Stream back videos in 1080p
  • Import entire channels playlist

You’ll be able to stream back any videos you throw at it seamlessly in full HD, this on top of the ability to build custom playlist of all your favorite Tubers, Artist and Creators makes Project Poptart a worthwhile application to have installed.

Planned Platforms

Project Poptart for this first release is making its way to Windows, Mac and Linux. Once the desktop version has reached completion in terms of features/functions, mobile versions will come officially to Android, IOS and Blackberry.

What You Can Do

If you’re going to partake in this beta, and want to see this software grow, please do submit bug reports and suggestions here to keep track of everything.

Please note, I’m the only person working on this as of now. I’m no UX/UI designer, and I am terrible at anything art related. So if you wish to contribute art or UI advice, feel free!

Source Code

The source code for the first beta release will not be available due to the fact I feel it needs improvements in a lot of places. Truthfully, I never intended to release this application to the public so I slacked a bit in code structure. Once it has been optimized, (hopefully by the next revision) it should be up on this same hub.

Contributing

Once the source code is made open, you shall want to read over this CONTRIBUTE

Requierments
  • Java 8
  • An internet connection
Downloads and Notes

Head over to http://poptart.me/  to get the official app.

Media How To Import Playlist

How To Make a Playlist

Adding link to Loaded Playlist

Making videos Standard Detail

Keyboard Shortcuts
  • Right arrow - Skip forward
  • Left Arrow - Skip Backwards
  • Num + Key - Add To Playlist
  • Space - Pause video
  • Up/Down - Move along playlsit
  • Enter - Play selected video
Known Issues

If you’re having any problems running the software on Windows after you run the installer do the followi


If you’re on Linux or Mac having issues simply install the x32 (x86) JDK below and that should fix all issues.

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.html

Shout outs

I’d like to thank https://popcorntime.io/ for making their site open source, without i’d probably never even put this out to the public. This is my first project I haven’t brought http://dmxt.org/portfolio/ on for so I was in dire need of a pretty site to make up for my otherwise ugly software. 

County-level data showing military equipment given to state and local law enforcement agencies through the Defense Department’s 1033 program. The data was received from the Defense Department in May 2014 as an Excel file, and includes transfers since 2006.

Want to know if your county has a crap-ton of military surplus gear? Check out this FOIA-extracted database on Github.

2

I am very happy to announce the release of the Simple Webcomic Theme V4. I am especially happy to say that it has even been officially accepted into the tumblr theme garden!

After more than 2 months of work, I have ironed out all the creases of my first two attempts. I have added more customisation features, improved social aspects, and made it mobile-friendly to boot.

Getting to the finish line was rather hard, so I would like to thank the helping hands of Zirta, Johnathan Bigelow, and Kamaleshwar BN. A big thanks goes to Yale Stewart, whose JL8 artwork on the example site really brings it to life.

You can install it from: https://www.tumblr.com/theme/39018
You can see the example site here: http://webcomictheme.tumblr.com/
You can find the GitHub repository here: geoneo1/SimpleWebcomicTheme

A final note: I will be leaving the previous two versions live as they have lots of active installs. But if you are using an old version, please, please switch to the new theme. It’s much better in every way, honest. And I am more than a little embarrassed of my original code, so the less I see of it, the happier my conscious will be.

Thank you.

Facebook without the News Feed

Facebook is an important communication tool to me. Most of my fellow students don’t use iMessage or Twitter DMs, so we talk on Facebook. However, I seem not to be able to just check my messages on Facebook. Instead, I wind up scrolling through the News Feed for a couple of minutes each time I visit Facebook in the browser. I recently looked at about 30 News Feed posts in detail and discovered these three things:

  • I didn’t care about any of the posts that described activities on Facebook. It doesn’t matter to me if $friend changed their profile picture or liked someone else’s status update.
  • I was interested in two link posts but I had already seen the exact same links on Twitter hours earlier.
  • People tend to create albums of mediocre photos on Facebook while they only post their best on Instagram. Many of my Facebook friends have Instagram accounts and I already follow the ones I’m interested in.

I concluded that I don’t need to read the News Feed, so I wrote a custom stylesheet that hides it. This is the result:

I’ve been using “Quiet Facebook” for a week now and I’m happy with it, so I put the CSS on GitHub. I just embed the stylesheet via Safari’s settings but someone could certainly build browser extensions that load the stylesheet from raw.github.com and toggle it when the user clicks a button. Feel free to submit pull requests (or suggest a better name for the whole thing)!

Comments on Hacker News

Update May 24: Chrome and Firefox users can install the stylesheet via Userstyles.org, using the Stylish extension. Safari users: Download the CSS from GitHub, open Safari Preferences, Advanced, select downloaded file in Style sheet dropdown.

HackerNews: MIT’s Scratch Team releases Scratch 2.0 editor and player as open source

Check it out here on Github, or play with Scratch on its official site.

What is Scratch? With Scratch, you can program your own interactive stories, games, and animations — and share your creations with others in the online community.

Scratch helps young people learn to think creatively, reason systematically, and work collaboratively — essential skills for life in the 21st century.

Scratch is a project of the Lifelong Kindergarten Group at the MIT Media Lab. It is provided free of charge.

Violence in various hockey leagues estimated as the number of fights per game.

Data source: http://dropyourgloves.com/

Code source: https://github.com/morpionZ/NHL_fight_stats

Disclaimer: I made this graph for my own amusement and for learning new plotting methods. Do not consider it a reliable source of information. Refer directly to the data source for more information regarding the data collection method. 

【チュートリアル】「Markdown記法」入門 ~ シンプルな記法でサクサクHTMLを書くことで、メモ力や文章共有力の向上を

以前から何度も言っているようい、こんどIPython notebook について紹介する予定なのですが、まずはそのための準備として、IPython notebook で使う事になる「Markdown」のチュートリアルをこの記事では書きました。

本ブログの4月まで対象としてたコンピュータビジョン関連の専門性の高い読者の皆様は、Markdownを普段使っていない方が多いかと思ったのがMarkdownのチュートリアルを書いた理由なのですが、科学技術者向けのMarkdown記法というものはあり無かったと思うので、研究開発する上でのMarkdown利用の利点もあとで述べていきます。

また、今年4月のDERiVEのリニューアルは、一般的なIT開発者の皆様もたくさんこのブログの読者になってくれると嬉しいと思っているので、その呼び込みの意味でも(Web開発界隈だとMarkdown以前から使っている方も多いと思うのですが)あらためて私の視点からMarkdownを紹介します(もちろん、この続きとして今度公開するIPython notebookの記事も、ITエンジニアならどなたにでも役に立つ記事となるはずです)

私もWeb界隈の人間でないためMarkdownまわりは必ずしも全ての事情に詳しいわけではないので、お手柔らかにお願いします。

Markdownとは?

Markdown(記法)は軽量のマークアップ言語で、HTMLやLatexのように、構造的な文書生成のためのものですが、旧来のように極端に記法がシンプルであるおかげで、その活用範囲がどんどん広まっているものです。

特徴としては:

  • HTML相当の構造的な文書を、非常に簡略化された表記でサクサク書ける
  • (文章だけブログやWikiにアップする場合などでは)HTMLを書かなくてMarkdownで簡単に済ませられる
  • 構造化された綺麗なプレインテキストをWYSIWYGエディタなどでのGUI操作無しに、キーボード操作だけで作れる
  • 主要なWebベースのサイトやシステムが。HTML作成の記法としてMarkdownを採用している(GithubやWordpress、IPython notebook Viewerなど)
  • (追記)R markdown やipython notebookなどrepoducibleな研究ノートを作成するための、構造化テキスト作成を支えている。(R に関しては「~knitr+pandocではじめる~『R MarkdownでReproducible Research』」などを参照)

などが考えられる主要なものです。私のように30歳を超えたエンジニアですとpukiWikiなどのwiki記法などが思いつくかもしれませんが、ああいったWeb向けのシンプルな記法のうちの一番人気のものでです。

Markdownは、超有名なApple系の情報ブログである「Daring Fireball」の著者であるJohn Gruberが初めに開発を始めたもので、読みやすくてサクサク書けるプレーンテキストを、XHTMLにすぐ変換ができる(すなわちブラウザ上でHTMLにすぐ変換される)ためのマークアップ言語として、作られたものです。以下,Gruber氏によるMarkdown公式サイトです

http://daringfireball.net/projects/markdown/

WordpressやMovable Typeなどを使っている方々はご存知のとおり、これらのWeblogサービスではMarkdownでも記事が書けるようになっていたりします。もちろんこれらのWebでHTMLを編集できるサービスではWYSIWYGなエディターが搭載されているのが普通ですが、Markdown記法はそれこそあなたの好きなエディタでタイプしてファイルで保存していてもOKとなります。後で紹介しますが、Markdown対応のエディタではHTMLにコンパイルしたものもすぐに確認できるので、ローカルで編集したMarkdown記法の文書を、最後にWordpressにコピペするだけですぐHTMLとして記事を公開できるわけです。

それではここからは

  • Markdown記法の実際の文法を紹介
  • Markdown対応のエディタやソフトウェア
  • Markdownの活用のヒント

という流れで書いていきます。

Markdown記法 

以下、Wikipedia:Markdownからの引用ですが、今から紹介する記法のデザインが電子メールの装飾から出たアイデアなのかについて書かれています:

Markdown の記法の多くは、電子メールにおいてプレーンテキストを装飾する際の慣習から着想を得ている。

考案者のGruber氏のMarkdownのページ「Markdown Syntax Documentationに、各syntaxが説明されています。

日本語のwikipediaには各シンタックスが解説されていますhttp://ja.wikipedia.org/wiki/Markdown

現在では以下のgithubに公開されているMarkdown Cheat sheetをブックマークするのが一番良いリファレンスになると思います。

Markdown Cheat sheet

https://github.com/adam-p/markdown-here/wiki/Markdown-Cheatsheet

このようにMarkdownについては、Web上にたくさんの解説があるので、私の方からは簡単にだけ代表的な記法を紹介します。以下のMowというMarkdownエディタで私が書いた、Markdown文書の例の画像をごらんください 

image

Mowでは左側にMarkdownを書く事ができ、編集しているとそれが(X)HTMLとして生成された結果がリアルタイムに右側にレンダリングされます。これを眺めながら、以下の各記号の意味の解説を読んでみてください。

見出し記号: #

記号「#」はHTMLでいう 「<h1> <h2> <h3>」らの見出しタグに相当します。 #の数がそのまま 見出しの階層を示し、#のあとにスペース(空白)を挿入するだけで、タグでは囲わないでも(この「記号のあとに空白を置く事が、HTMLでのタグ囲いに相当する」という文法は、各記号に共通する内容なので重要です)。

リスト記号:* , - , +

記号「*」「-」「+」のいずれかを用いるとリスト構造を作れます

段落分け:単に改行するだけ

HTMLでは<p>で囲んだ塊が1つの段落になりますが、Markdownは改行するだけでそれぞれが1つの段落としてみなされます

強調:記号「**(太文字にしたい単語)**」と「**」で両脇を囲う

<b>タグに相当する操作です。太字にしたい単語の両脇を囲います(空白は使いません)

URLリンク:[言葉](URL)

HTMLを文章で書こうとすると頻度が多い割にすぐタイピングできなくて一番めんどくさいのがこのリンク作成のための<a href=”URL”> </a>とうHTMLのタグだと思いますが、Markdownはこのように角カッコと丸カッコで済みます。Latexのように最後にラベル番号づけしたURL対応リストをかいておいて、そのラベルだけをURLの参照に用いることもできます。以下、公式サイトのSyntaxから解説を引用しておきます

You can optionally use a space to separate the sets of brackets:

This is [an example] [id] reference-style link.

Then, anywhere in the document, you define your link label like this, on a line by itself:

[id]: http://example.com/  "Optional Title Here"
Markdownが使えるエディター

Markdown記法で書ける代表的なエディタには例えば以下のようなものがあります

Mou (Mac OSX)

nvALT (Mac OSX) (※ 私のメインのメモ作成ソフトです。今度メルマガの方でこのアプリの解説を書きます)

Kobito :Qiitaユーザーは連携機能に注目

Haroopad(win/mac/linux):解説記事

Markdown#Editor (win)

また、インストール型ではないですが、Markdown記法に対応しているWebサービスが色々あります(ここは私は詳しくないので割愛)

GithubやQiitaは独自の拡張Markdown記法も導入されていたりして、サイトの目的ごとにMarkdownが拡張されているものもあります。

紹介したエディター以外でも、Markdownが拡張的にサポートされているようなサービスやソフトウェアは色々あるので、各自自分の使っているソフトウェアやサービスがMarkdown活用できるかについては調べてみてください。

Markdownの活用

最後にMarkdownの活用について少しだけ議論しておきます。

汎用的な文書作成なので、活用目的は色々と考えられます。まず、議事録でMarkdownにしようという記事を紹介します;

メモはテキストエディタだけで良い!これからはMarkdownでメモをとろう!~議事録からちょっとしたアイデアまで~

この記事でも書かれていますが、HTMLのタグ囲いに対して、「MarkdownはHTML化する以前のソースが既に見やすい構造である」という利点は大きいと思います。

また、以下の記事では、「MS wordはやめて、Markdownにしませんか」という主張をしている、興味深いコラムです。

smart blog:markdown記法の普及とMS wordへの執着

一方、以前からのこのブログの読者層の中心であった、科学技術計算が行えるレベルの皆様は、Mathmatica NotebookでのMarkdownやIPython notebookのMarkdown Cell(scipy2013のチュートリアル)でもMarkdownで文書を書く事ができます。IPython notebookでは、ノート付きのpythonプログラムを作成して、それをチームのみんなやWebに共有できるわけですが、Markdownでサクサク綺麗な構造化された文書を書く事ができます。

普段のノートがプレインテキストである人に対して、Markdownで見出しやリスト付けが綺麗行う文書を使うようにすると、チーム内でのドキュメント共有の質や、個人でのアイデアの蓄積や整理の質も上がるはずです。仕事のレベルが向上してくると思います。もちろんWikiサーバなどを用いてそこにグループでの文章を共有しているということでも、見えとしては整形されたHTMLで同じなので、同じ効果が生まれるでしょう。ただい、MarkdownはHTMLや他のwiki記法に比べて、ソースの文書そのものも見やすくて美しくなるので、Markdownを使うとその恩恵は受けると思います。(もちろんプレインなテキストのみでも十分にできることは多いので、Markdownを使えばなんでもいいというわけではありません。電子メールも多くはプレインテキストなわけですし)。

繰り返しですが、WISYWIGエディターを介さずに、キーボード操作だけでスラスラと「構造化文書」を書ける事は、どんなひとでも大きな利点であり、Markdownは身につけておく方がよいです。(とはいえ身につけておくというハードルの高さがないようにデザインされたのがMarkdownの良さでもあります)。

(以降、追記)

冒頭の特徴の1つである「Reproduceble Reserach 」を行うための、ノートとスクリプト実行環境が一体型になっている各種ソフトウェアにおいて、Markdownは生かされているというのも、科学技術計算系のみなさまにはMarkdownが書けるのはメリットです。本ブログでは、まだ日本語の情報が少ないのもあり、IPython notebookに焦点をあてますが、R Studio向けのknitrMathematicaノートブックなど、markdownはこれらのインタラクティブノートブック全般で役にたつものです。

ここまでメリットばかり述べてきましたが、一方でMarkdownではHTMLで言う「Table」が作れないなどフルスタックなものではなく、必ずしもHTMLと同等のフルスタックな記法ではありません。(なので、例えばGithubのMarkdownなどでは独自のTable記法が独自に追加されている)

記事公開後にTwitterでの反応で、Markdownはフルスタックではないという理由で、ReSt(ReStructuredText)の方がよいと薦めているかたもいました。

まとめ

以上、科学技術系よりが現在のところは読者の中心である本ブログが、そういった読者の皆様はあまり触れていないかもしれない「Markdown」について、入門を書きました。HTML相当の構造化された文章(この記事のような)をスラスラと書けるMarkdownは、みなさんのデジタルノートの質(と量)を大きく改善するはずですので、Markdownの存在を知らなかった方は是非ためしに使ってみてください。

本記事が参考になったという方はDERiVEメルマガの応援や、関連する記事の共有もしていただけると幸いです(メルマガでも2014年4月以降、IT開発者一般向けの役立つ情報も発信していますので、「専門性は私は高くないんだけど。。」という方も、最初の一ヶ月は購読無料ですので一度おためしください)。

また、2014年4月のリニューアル以降書くようにしはじめた「IT開発者向け全般が対象の記事」は、「#開発者全般向け」でタグ付けしてあるので、そちら目当ての方も、よろしければ本ブログを継続的にチェックしてみてください。

Week 35

Articles

Controls/Tools

Business

UI/UX

Special Mention

So many of you know that I’m dramatically revamping Aradiabot as whole. Updated libraries, a new API; the whole shabang. This is going to be the biggest update for Aradiabot yet. While the new version isn’t fully done yet, a lot of progress has been made. Please note at we’ve moved to a new repo on Github, so be sure to fork, star, and follow that one instead.

Please keep in mind that this is the BASE for Aradiabot. No real functionality has been added to her yet other than the built in commands.

Major Changes:

  • Updated and improved libraries (PircBotX, Apache, Guava, etc).
  • Fully functional and easy to use Plugin API.
  • Improved Plugin and Command handling.
  • Fully function CommandEvent and onCommand() methods.
  • Aradiabot singleton object to easily manage her anywhere.

Anyways, I just thought I would give a quick recap on what’s happening, so if you have any questions, comments, or concerns, please let me know!

Text
Photo
Quote
Link
Chat
Audio
Video