ATOKのユーザー辞書をDropboxを使って同期させる(ATOK Sync不要)

※この記事は2014年11月22日に書きました。

複数のPCでATOKを使用していて、どのPCでも同一のユーザー辞書(自分で設定した定型文)を使いたい方向けの記事です。

必要なもの
  • Windows/Mac版ATOK(ATOK 2010と2014で動作確認しました)
  • DropboxやGoogleドライブなどのクラウドストレージ
やり方
  1. Dropbox内にATOKのユーザー辞書(ATOK****.dic)をコピーする。
  2. ATOKの環境設定を開く。

    image

  3. 上部の横に並んだメニューから『辞書・学習』を選択。
  4. 『標準辞書セット』内の『標準辞書』を選択し、『詳細設定』をクリック。

    image

  5. 『ユーザー辞書』の変更をクリック。

    image

  6. Dropbox内に保存したユーザー辞書(ATOK****.dic)を選択し開く。

    image

  7. OKをクリックしてATOK環境設定を閉じる。
問題点
  • 複数のPCで同じユーザー辞書を設定しつつATOKを同時利用していると、同期エラーでユーザー辞書が増えることがある。
    “ATOK**** (PC_NAME 上の問題のあるコピー 2014-01-01).dic”など
    → 自分は気がついたときに削除してる。
  • ATOK 2010と2014などのバージョン違い、WindowsとMacなど異なるプラットフォームで同じユーザー辞書を使えるか未確認。
副産物
  • ユーザー辞書のバックアップにもなるので、OSを再インストールした際に同じユーザー辞書を設定すれば、以前の設定を引き継げる。

Jogja. 07.10. 13112014.
Baru tau kalau kuliah itu kerjaannya bukan cuma baca buku yang ndak disukai, foto2 di perpus, melongo di depan laptop, bolakbalikpotokopian, tapi juga ikut-ikutan mungut laron pagi-pagi sama atok ini.
Baru tau juga kalau laron itu hermaprodit, makanya laron jalannya berduaan dengan gaya aneh.
Baru tau juga atoknya bela-belain tiap pagi naik sepeda dari rumah kampus untuk main-main ke tepi hutan kampus juga.
Baru tau juga kalau ayam sama burung si atok kalau dikasi laron senangnya luar biasa “sampe menciak-ciak loh mbak ayamnya.”
Baru tau kalau laron di jaman si atok kecil itu dimasak pakai telur dan manis.
Baru tau juga kalau pohon di hutan dekat rektorat jd makin dikit karena banyak tumbang ditiup angin, bahkan ada spot yang mahasiswa main laptop meninggal ditimpa pohon.
Baru tau juga, cuma dari senyum-senyum random bisa dapat ilmu gini.
Mungkin atok ini adalah Emil Salim yang menyamar. 👴 – View on Path.

Kezet csak fogni szabad…
Elvesziteni vetek… Ellokni atok… Egymasba simulo kezek tarjak ossze az Eget s a Vilagot
—  Albert Camus

I should probably open a twitter and call myself BudakHistoryGengster and my first ten posts will all be jokes about other majors.

Maybe my first post can be: “Soci suka ingat diorg atok segala social science. Padanlah berbual world.”