Best Deal using JDM Subaru WRX Impreza STi 5MT Shift Knob Legacy GDA GDB GC8 WHITE the majority of beneficial Deal !! type of gas the majority of beneficial oil oil for lawn mower engines

Best Deal using JDM Subaru WRX Impreza STi 5MT Shift Knob Legacy GDA GDB GC8 WHITE the majority of beneficial Deal !! type of gas the majority of beneficial oil oil for lawn mower engines

Cheap JDM Subaru WRX Impreza STi 5MT Shift Knob Legacy GDA GDB GC8 WHITE
Onsale !! type of gas oil oil for lawn mower engines

For even more Information

Prices as of 06/15/2014 MDT Listprice :

You Save : Compare Prices with the help of Sellers Price :
$14.99

Available From 2 Sellers

Find Low price on type of gas oil oil for lawn mower engines. The JDM…

View On WordPress

ダイハツ「ハイゼット・トラック」画像ギャラリー ─ 軽トラなのに超カラフル - clicccar.com(クリッカー)

『軽トラだからといって侮る無かれ。ダイハツのイーステクノロジーによって省燃費性能を磨かれた3気筒DOHC12バルブエンジンの圧縮比は11.3と高く、そこには5速をハイギヤードにした5MTと、軽トラとしては唯一の4ATが組み合わされています。駆動方式はFRを基本に、パートタイム4WDが用意されます。』

ついこの前も、なんか軽トラとかがいいなーなんて思っていたのだけどこのカラーは珍しい。楽しそうな気がする。

Watch on rptherailfan.tumblr.com

Nene Valley Railway steam gala 2014 with a couple of extras 13/09/14 & 14/09/14

reixkei said:

Definitely man! I'll talk to anyone who drives a Subaru! It's like getting a peace sign while driving. The thing about WRX's is they're not hard to make fast. I never got to make any power mods on my first one (plus it was a 4eat, so it was slow as shit.) I notice a huge difference with the 5mt and the extra torque the '07 has. Plus I'm getting an Invidia downpipe this week. What are your plans for your Subie? Are you going to keep it stock?

I love getting peace signs back while driving! Not many people do it back, because for whatever reason they don’t acknowledge bugeyes.

As far as my car goes, it’s only stockish cuz I have no money 😅 the plan is to have a conservative tune on this engine but with a lot of chassis/suspension upgrades. One day in my dreams I’d like an EJ207! How about your WRX?

マツダ新型「デミオ」公道試乗。Dはディーゼルらしく、Gはガソリンらしく

2014年9月11日より予約開始、発売予定日はガソリン車(FF)が9月26日、ディーゼル車(FF)が10月23日、4WD車は12月頃となっている、マツダの4代目「デミオ」に、はやくも公道で乗ることができました。

3代目モデルで話題を集めた新世代ガソリンエンジン『SKYACTIV-G 1.3』を、今回は新しい方向で進化させたとアピール。そして国産Bセグメントカーとしては初のクリーンディーゼル『SKYACTIV-D 1.5』は、FF・MTグレードで30.0km/Lという省燃費ぶり、第四のエコカーとして話題を集めています。

従来のSKYACTIVではガソリン、ディーゼルともに14.0の圧縮比(ガソリンにとっては高圧縮、ディーゼルにとっては低圧縮)を目指すことを基本としていましたが、新しいデミオでは、ガソリンエンジンの圧縮比は12.0、ディーゼルエンジンでは14.8となっています。

果たして、こうした圧縮比の変化はデミオの両SKYACTIVエンジンにどのような変化をもたらしたのでしょうか。

結論からいえば、『SKYACTIV-G 1.3』は小排気量4気筒ガソリンエンジンらしい軽快で高回転まで楽しめるキャラクターに、クリーンディーゼル『SKYACTIV-D 1.5』はディーゼルらしいタフなエンジンに仕上がっていました。

まず、ガソリンエンジンはレスポンスで明らかにディーゼルをリードします。積極的にロックアップさせてダイレクト感を強調した6速AT『SKYACTIV-DRIVE』を採用したことも納得のファンのあるガソリンエンジンです。

一方、話題のクリーンディーゼルはATでは押し出すような加速感を、MTでは早めのシフトアップでも音を上げない太いトルクを感じさせる仕上がりです。なお、ディーゼルエンジンの最大トルクはATが250Nm、MTで220Nmとスペックが異なっていますが、エンジン単体での違いはそれほど感じられませんでした。

コクピットでハンドルを握っているときは、それほど気にならないディーゼル特有のガラガラ音は、停止時には車外でも確認でき、ボンネットフードを開けるとそれなりに盛大ですが、これもディーゼルらしさを隠さないデミオのキャラクターからすると違和感ナシといえましょう。

Click here to view the embedded video.

新型デミオのメーカー希望小売価格(消費税込)は、次の通り。

●1.3リッターガソリン
13C(6AT・FF):135万円
13C(6AT・4WD):154万4400円
13S(5MT・FF):145万8000円
13S(6AT・FF):145万8000円
13S(6AT・4WD):165万2400円
13S Lパッケージ(5MT・FF):171万7200円
13S Lパッケージ(6AT・FF):171万7200円
13S Lパッケージ(6AT・4WD):191万1600円

●1.5リッタークリーンディーゼル
XD(6MT・FF):178万2000円
XD(6AT・FF):178万2000円
XD(6AT・4WD):197万6400円
XD ツーリング(6MT・FF):194万4000円
XD ツーリング(6AT・FF):194万4000円
XD ツーリング(6AT・4WD):213万8400円
XD ツーリング Lパッケージ(6MT・FF):198万8000円
XD ツーリングLパッケージ(6AT・FF):198万8000円
XD ツーリング Lパッケージ(6AT・4WD):219万2400円

今回、試乗できたのはガソリン、ディーゼルともFFのみで、ワインディングを中心としたロケーションだったためロングツーリングでの燃費は不明ですが、いわゆる「曲がる・止まる」の部分ではウィークポイントといえるのはリヤ・トーションビームの横剛性くらいのものでした。

装備やラゲッジスペースなどで不満を感じる向きもありましょうが、愛車の選択基準において「走り味で我慢するのはイヤ」という項目を再優先にしているドライバーなら、価格以上の満足度が得られるBセグメントのコンパクトカーといえそうです。 

■関連記事

マツダ・デミオ発表! クリーンディーゼルの価格は178万2000円から!!
http://clicccar.com/2014/09/11/268352/

衝撃!? マツダ・デミオディーゼルの価格は一番売れてるハイブリッドより安い!
http://clicccar.com/2014/09/18/268834/

新型マツダ・デミオディーゼルでATよりMTの燃費が優れる 3つの注目ポイント
http://clicccar.com/2014/09/13/268405/

新型デミオの予約発売を開始! 価格は135万円から
http://clicccar.com/2014/09/11/268331/

(山本晋也)

画像付き元記事はこちら:マツダ新型「デミオ」公道試乗。Dはディーゼルらしく、Gはガソリンらしく(http://clicccar.com/2014/09/19/269413/)

あわせて読みたい

* 新型デミオ用アフターパーツ早くもオートエグゼが発売へ
* 衝撃!? マツダ・デミオディーゼルの価格は一番売れてるハイブリッドより安い!
* フォルクスワーゲン新型ポロの走りはどう変わった?
* 新型フォルクスワーゲン・ポロの装備はどこが「新型」?
* 約6割がマツダのクリーンディーゼル搭載車だったそのわけは?

The post マツダ新型「デミオ」公道試乗。Dはディーゼルらしく、Gはガソリンらしく appeared first on clicccar.com(クリッカー). http://dlvr.it/6y4cx0

「価格応談」の車は客の顔色で価格が決まる?

空冷ポルシェ911、特にMT車の相場高騰が止まらない。9月2日現在、タイプ964カレラ2/4(5MT)の中心的な価格はざっくり500万円前後といったところで、2年ほど前と比べて200万円近くは上がっている計算だ。その次に販売されたタイプ993カレラの6MT車は600万から800万円。いやはやなんとも、である。しかし今、本当の「中心的価格」は実はそれら価格帯ではない。もっとも目につくのは「価格応談」というやつなのだ。

具体的には本稿執筆時点で、タイプ964(5MT)のカーセンサーnet掲載台数36台のうち11台が「応談」で、タイプ993(6MT)では24台中6台が「応談」。市場に流通する空冷ポルシェ911の3割近くがプライスを表示せず「価格応談」になっているという未曽有の事態が進行中なのである。

こうなってくると多くの人は「そもそも“価格応談”って何なんだ? いざ買いに行くと、こっちの顔色とかフトコロ具合を見ながら有り金の上限まで吹っかけられるのか?」と不安に思うことだろう。

「応談」という不穏な文字面からそういった不安を覚えることは理解できる。しかし結論から申し上げると、そういった心配はほとんど無用だ。なかには例外もある可能性を否定はできないが、基本的には、たいていの中古車ショップは客の顔色を見て吹っかけるために価格応談とするのではなく、様々な真面目な理由から「価格応談」と表示している。以下、その「様々な理由」をご説明しよう。

▲希少なフルノーマルのカレラ2/4や964型ターボ、同RSも最近は「応談」となっている場合が多い

まず多いのが「ひやかし防止」だ。店主の気質や性格にもよるが、世の中には「真剣に検討してるお客にゃとことん対応させてもらうけど、ハンパな冷やかしはゴメンだよ!」と考える中古車店主もそれなりに多い。そういった店主が希少な物件をカーセンサーnetなどに掲載する際、「買う気は全然ないけど興味本位で問い合わせてみた」という客をあらかじめ排除し、買う・買わないは別として真剣な客だけとやりとりするために「価格応談」とするケースは比較的多い。この場合、当然あなたは(もしもあなたが冷やかしムード満点でさえなければ)店主があらかじめ想定している売価を、店内で普通に知ることができるだろう。

もう一つのパターンが「超絶希少車」だ。世の中だいたいの車には「おおむねの相場」といえる価格があるわけだが、なかには「ほとんど流通していないため明確な“相場”がない」というモデルもある。そういった場合に「価格応談」としたがる店主は多い。筆者は、そんな場合でもフツーに車両価格を掲載すればいんじゃないの? と思っているため、正直この理屈はよくわからない。が、とにかくそういったケースは多いのが現実だ。この場合でも、筆者が調査した限りでは「客の顔色を見て売価を決める」ということは基本的にはないようだ。

最後のパターンは…そしてこれが昨今の空冷911の応談多発問題に当てはまるのだが、「イメージの問題&要説明だから」ということ。例えばの話、500万円前後であることが多い昨今のタイプ964のなかに、800万円ぐらいで売るのがふさわしい(と店主が考える)物件があったとする。しかし、それをそのまま「800万円」として掲出すると、それを見たユーザーは「高いな…」のひと言でスルーしてしまうことが多い。実際店頭に行って店主の細かい説明を聞けば、「なるほど! こりゃ800万円でも安いぐらいですね!」となる可能性があるにも関わらず、だ。そういった場合、店主はまずは「価格応談」として、それでも「この物件は何か匂う」と鼻を利かせて本気で店にやってきたお客に対し、本気で説明する。そしてユーザーが納得すれば無事販売する……という流れだ。全部が全部そうとは限らないが、昨今の空冷911で「応談」となっているのはたいていこのパターンと思っていいだろう。

▲非常に希少なタイプ964のスピードスター。もしもこれが流通するときは十中八九「応談」となるだろう

▲さらに希少なタイプ930のスピードスター。これが今の時期、市場に出る場合は99.99%「応談」になる?

以上3パターンが「応談」発生のメカニズムだが、すべてに共通しているのは「お客側がその物件に対して(最終的に買う・買わないは別として)本当に興味があるか否か」を店側が見極めるとためのツールとして、「応談」という表示が使われている…ということだ。決してぼったくるための言葉では基本的にはないので、まぁご安心していただきたい。

あとは下記物件リンクにある珠玉の(?)応談空冷911軍団を見て、あなたがどう思うかだ。「いくらかわかんないし、たぶん安くはないんだろうけど、どうしてもこの911が見てみたい! で、もしも状態が良いようなら買いたいかも!」と本気で思うのであれば、特にビビることなくお店に連絡を入れ、現車を見に行ってみることだ。多くの場合、別に取って食われやしないだろう。ということで、今回のわたくしからのオススメは(や、オススメというのともちょっと違うが)、「価格応談」の空冷ポルシェ911だ。

Text
Photo
Quote
Link
Chat
Audio
Video