Where the streets have no name.

2/4 Marines and their detection K9 hold security in an isolated village in the Nowzad District of Afghanistan that has never seen coalition forces. The Marines were engaged in several firefights with insurgent forces during their movement through the area as part of Operation Western Gambit.

(Photo by Corporal Clayton Vonderahe, 27 November 2011.)

[And because there’s some confusion:

The italicized heading is a reference to the title of a song that was performed by U2, written primarily about Northern Ireland and Belfast, “where you can tell someone’s religion, political group, and income just by the name of their street.”

Have a video. -R]

 

So this is what it looks like

Not too long from now, I’ll be taking the group currently known as “4 Mile Run” into Dog Den Studios to start getting their EP together. I’m awfully excited to work with these dudes and also, to do my first big project thats not electronically based. It’ll be a treat to record big ole heavy guitars and punky vocals. I hope I make something great with them. 

Also, I’ll be moving in with some other musicians to the East side of Nashville come the middle of July. Expect pics, insanity, flashing blue lights, and of course - a shit ton more music.  

I can’t wait to see what happens by the fall. 

3

Celebrating thirty-three years of making China nervous.

[1] Royal Thai and Republic of Korea amphibious assault vehicles lay a smoke screen during an amphibious demonstration at Hat Yao Beach.

[2] A ROK Marine assists in securing the beachhead during the assault demonstration.

[3] U.S. Marine Cpl. Jacob Obrienflasch, left, and Sgt. David Wainright, stand in formation alongside Republic of Korea Marine Corps at Hat Yao Beach after conducting an amphibious demonstration during exercise Cobra Gold 2014. Cobra Gold, in its 33rd iteration, is designed to advance regional security in the Asia-Pacific region. The U.S. Marines are with 3rd Battalion, 1st Marine Regiment, currently assigned to 4th Marine Regiment, 3rd Marine Division, III Marine Expeditionary Force under the unit deployment program.

(U.S. Navy photos by Mass Communication Specialist 1st Class Joy M. Kirch-Kelling, 14 FEB 2014.)

【レビュー/評価】少女時代 "THE BEST"(アルバム)

image

◆作品概要
ベスト盤というよりかはシングル集。
日本1st Albumから3rd Albumのシングル曲と、新曲1つとボーナストラック(韓国リリース曲1つを日本語版にしたもの)。
ファンの間では「ベストじゃない」という声も出やすいと思います。
またDVDや特典の違いから、①通常盤 ②初回限定盤 ③完全生産限定コンプリート盤、という3種類があります(いつもの事)。

http://www.girls-generation.jp/TheBEST_Information/

◆収録曲
通常盤に関しては、こんな感じ。だいったい日本でリリースされた順です。

1GENIE
2Gee
3Run Devil Run
4MR.TAXI
5BAD GIRL
6Time Machine
7PAPARAZZI
8Oh!
9ALL MY LOVE IS FOR YOU
10FLOWER POWER
11BEEP BEEP
12LOVE&GIRLS
13GALAXY SUPERNOVA
14My Oh My
15【Bonus Track】Mr.Mr. (Japanese Version)
16【Bonus Track】Indestructible

◆レビュー.1 - 選曲とコンセプト

もう書いた通り日本語曲のシングル曲を順に並べた感じです。
日本デビューする”前”の韓国語曲の代表作から、クオリティの高い最新曲まで楽しめると。
ようやく少女時代を応援してみても良いかなーなんて思ったリスナーに対しては良い選曲だとは思います。
ただ今回の”THE BEST”、大してプロモーションしていないんですよね。
リリース前1週間前ぐらいから少しの間で表参道とか駅で大きい広告貼ったとかだけ?
前にも書きましたが、新曲”Indestructible”をどこかでパフォーマンスするって事もなし。
え、そしたらこのアルバムって結局ファン向けに過ぎませんよね?
いやいやマーケティング的な部分はよくてあなたはどうなの?って私もファンなんで当然全曲持っていましたよ。
あと、時期も悪い。

2011年:日(1st) ⇒ 韓(3集)
2012年:韓(テティソ) ⇒ 日(2nd)
2013年:韓(4集) ⇒ 日(3rd)
2014年:日(BEST) ⇒ 韓(テティソ) ※2014/09リリース

特に今回、2013年 日(3rd)から日(BEST), 韓(テティソ)の間隔が短すぎる!
正直、今回のアルバム、なんか新しい視点を与えてくれるわけでもなく、必然性も感じる事なく出てきたって印象です。
が、しかし、次の点は評価しましょうかね。

◆レビュー.2 - リマスター
少女時代は特に日本デビューした2010,2011年頃から段々と製作陣の強化を進めてきました。
特に、分かりやすい印象は
•2011年:韓(3集) ⇒「音圧高っ!迫力すご!」
•2012年:日(2nd) ⇒ 「ミキシングお見事・・・!かっこE …」
•2013年:日(3rd) ⇒ 「めっちゃ聞きやすい♫」
みたいな感じでしょうかw ごめんなさい適当でw


単純に段々良くなってます。音に迫力がついてきて、なおかつ僅かな歪みや音が混み合っている感じもなく聞きやすくなってます。
”THE BEST”はほぼリリース順になっているので最初の方の曲は古いです。
この”古い”曲が今回”改善”されて収録されています。
はっきり分かるのは
•音圧が上がっている(迫力がある、単純に音が大きい)
•イコライジングが変更されている(2013年の韓(4集),日(3rd)に音質が揃えられている)
という2点。

#1 “Genie”

image

これは1曲目”Genie”、上段が”THE BEST”、下段がオリジナルの波形。

波形と言っても、プロの音楽はかなり圧縮されているのでご覧の通りな感じ。

下段の波形の方が”隙間”が多い事が分かります。

つまり”THE BEST”ではより圧縮して音量が高められています。

image

これはイコライジングの差分を現したものです。

オリジナルに比べてベスト盤では主に低音成分の音を少し小さくしています。

これら特徴はGee, Run Devil Runとほぼ同じです。

#4 “Mr. Taxi”

image

こちらも同じく、上段が”THE BEST”、下段がオリジナルの波形。

やはりベスト盤でより圧縮されています。

image

イコライジングの差分、20kHz付近で5dB程カットされている事が分かります。

これら特徴はBad Girl, Oh!, All My Love Is For You, Flower Power 等とほぼ同じです。

Flower Powerに関しては、20kHz付近で8dB程のカットされています。

Bad Girl, Oh!, All My Love Is For You は20Hz付近で3dB程のカットもされています。

#13 “GALAXY SUPERNOVA”

image

上段が”THE BEST”、下段がオリジナルの波形。

よーーく見ると僅かに違いはあるものの、もう全然差が分かりません。

なんか違うだろうけど、恐らく音量的には差はなしです。

image

イコライジングに関して、なんと差分なし。

My Oh My等の曲でも同じくでした。

結局、Genie, GEE, Run Devil Run的においしいアルバムでした!

こういう見方をすれば、最近の制作水準に合わせて古い曲をリマスターしている事が分かります(当たり前ですが)。

つまり日本語アルバム1作目と2作目に関してリマスター効果がアリで、特に1曲目〜3曲目(Genie, GEE, Run Devil Run)が最もリマスターが効いてます。

この3曲は日本語アルバム1作目で”韓国語曲を日本語版にした3曲”で、レコーディングやミキシング / マスタリングといった水準は最も低い曲だったわけです。

この最も代表的な3曲が顕著にパワーアップしただけでも、ファンとしてはなんとか評価したいものです。

今回わざわざ波形とかEQとか見ましたが、この3曲は一聴してすぐ「リマスターされてる!!」って人によっては分かると思います。

個人的にはGEEがすごい、立体感あって豊かになったなーって印象です。

◆レビュー3 - まとめ/本当に少女時代に期待したい事

というわけで、少女時代ファン初心者にとっては確かに旨味がある一枚であると。

で、古参の皆様にとっても少なからずメリット出る一枚でもあると、ゆー事です。

でもまーーーーーぁ、なんとかく残念な気持ちも正直湧いてくる一枚です、個人的には。

少女時代の実力と人気からして、本来的にはリリースしなくても良いアルバムだったかなって思います。

今年の終わりに何があるのか分かりませんが(12/09 THE BEST LIVEと称して東京ドーム公園を予定。でも何か望ましくない発表まである予感。。。)、やはり必然性を感じないアルバムでしょう。

普通に考えて、会社とか後輩アーティスト分の稼ぎをしていると、そういう風にしか見えないですよね。

だから出来るだけ低予算で、それでいて少しでも売れるアルバムを出したいという意図だったのではないでしょうか。

個人的にはもう少し少女時代は違うあり方であって欲しいですね。

今も韓国でテティソから新曲が出ているのに、また少女時代から新曲がボーナストラックとして出てくるという中途半端ぶり。

テティソと少女時代のどちらで盛り上がればいいんですか!?」なんて気分の人も多いでしょう(少女時代好きなのにテティソ応援しないファンっているんですか???)。

それから、曲が増えまくるのって寂しいですよね。

少女時代自身が曲を把握できなくなるんじゃないかって数にはなって欲しくないです。

だから(予算とかコストの話は一旦おいておくけど)、例えば過去曲の

•アコースティック.verとか

•アカペラ.verとか

•feat.誰々.verとか、

そういうの収録して欲しかった!!

それこそ、それこそよ! 「feat.後輩アーティスト .ver」作ればいいじゃんっか!!

はい、という事で、テティソも良い挑戦もしているし今後も期待したい少女時代。

ボクはいつまでもファンです。

2回連続して少女時代のレビューしたので、次回は Tony Bennett & Lady Gaga についてでも書こうかな。

おやすみ!

Western Gambit valor.

Captain Ryan D. Schramel, the former commanding officer of Weapons Company, 2nd Battalion, 4th Marine Regiment, stands in front of a formation of Marines as Sgt. Maj. Gary T. Bow, the battalion sergeant major, reads Schramel’s award citation for the Bronze Star Medal with Combat “V” for valor during a ceremony at the 5th Marines Memorial Garden. (Photo by Sergeant Michael Cifuentes, 16 MAY 2013.)

Schramel, a native of Taylorsville, Calif., was awarded the Bronze Star for leading his company of Marines through multiple combat operations and engagements with insurgents in the Now Zad district of Helmand province, Afghanistan. During an operation dubbed Western Gambit, Schramel was directly responsible for the tactical employment of more than 350 Marines and Afghan soldiers and police through an insurgent infested area of the Now Zad district, resulting in the control of the area.

The operation was planned as a helicopter-borne assault, but foul weather cancelled all air support and the Marines resorted to ground movements exposing themselves to the unfamiliar terrain in the insurgent infested area. As the weather worsened with rain and the terrain accumulated mud and flooding, Schramel and his Marines pushed on. They reached the village of Khurghay where they were met with heavy resistance from the enemy. Insurgents manned multiple heavy machine gun positions that briefly suppressed the Marines’ mission. Undeterred from the weather elements and the enemy, Schramel rallied his Marines and maneuvered two of his platoons south of the village, encircling the enemy. He then directed a counterattack that crushed the entire enemy resistance in the area and controlled the village. The actions of the Marines and Afghan security forces resulted in the eventual establishment of an Afghan Uniformed Police post in Khurghay.

And they rode off into the sunset together, and lived happily ever after.

Marines with Fox Company, 2nd Battalion, 4th Marine Regiment, patrol through the desert during the opening phase of Operation Double Check. Fox Company Marines, Afghan National Police and Afghan National Security Force personnel are currently operating in historically-troubled areas of southern Musa Qal’eh, such as Mosulmani, Khwajadad and Surkyan, which had no coalition presence prior to the start of the operation, 3 January.

(Photo by Corporal Tommy Bellegarde, 24 January 2012.)

Choose a direction, move decisively.

Marshall, Minn., native Lance Cpl. Ryan J. Merritt, the turret gunner for Truck Four of the mobile section with Fox Company, 2nd Battalion, 4th Marine Regiment, watches his sector while providing security overwatch. Merritt, 19, and his fellow Marines in Fox Company’s mobile section have worked day and night during the opening weeks of Operation Double Check, which started 3 January.

(Photo by Corporal Tommy Bellegarde, 24 January 2012.)

Text
Photo
Quote
Link
Chat
Audio
Video